釣撮ダイアリー

釣りと写真と時々建築の話

シイラ

シイラ&エギング(09.7.04)4

湘南ボートフィッシング

相模湾ではオフショアのシイラが6月末からスタートした。開幕早々好調のようだ。
そしてアオリイカの前半戦はもう終盤。
どっちにしようか迷った末、両方することにした。

ここ数日、梅雨らしいジメジメした空模様が続いたが、土曜日はちょっと天気が回復。
今回は、友人のNキャプテンのプレジャーボートで構造屋のS君と湘南の境川から出航。
まずはシイラを探しに沖を目指す。
江ノ島の沖合数キロのところで潮目を発見。
流れ藻が点々と続いている。
キャスト開始早々私にヒット!
しかし、足下まで寄せたがバラス。
しばらくしてまたヒット!
しばらくぶりにシイラの引きを楽しみキャッチしたのは80cmくらいのメスのシイラ。

シイラ09.07.04a
その後、潮目をたどり東へ向かうがなかなかシイラがでない。
仕方なくこの潮目に見切りをつけ、南に下る。
ボート09.07.04

しばらく行くと大きな流藻発見。
ルアーをキャストするとシイラがワラワラ沸いてきて奪い合うようにルアーをチェイスする。
ヒットすると派手にジャンプし、ドラグを鳴らしてくれる。
最初に1m位のシイラをキャッチ。

シイラ09.07.04b

遊漁船のような大きなタモが無いので取り込みに苦労しながらキャッチ&リリースを繰り返す。
結局この流藻周辺で私は7ヒット4キャッチ。
S君は何度かヒットさせたが、キャッチには至らず。
十分シイラの引きを堪能したので、逗子マリーナへ燃料補給のため、寄港。

逗子マリ09.07.04a

マリーナには数千万円〜数億円の豪華クルーザーが並ぶ。

逗子マリ09.07.04b

写真手前はNキャプテンのボート。
給油後、後半はボートエギング。

鎌プリ沖合の水深7〜10m位の藻場にアンカーを入れ、キャスティングで攻める。
まずS君がかわいい300gのメスをキャッチ。

アオリイカ09.07.04a

その後、私が900gのメスをキャッチ。
アオリイカ09.07.04b

これにはもう1匹寄り添うように大きなオスのアオリイカがボートのすぐそばまでついてきた。
その後、400gを追加し一旦休憩。
再開後、しばらくして、しゃくったロッドが強烈に絞り込まれた。
ドラグが鳴り、ラインが出される。
久しぶりで味わう大物アオリイカの引きだ。
2キロは堅いだろう
ジェット噴射を交わしながらNキャプテンにタモ入れしてもらいキャッチ成功。

アオリイカ09.07.04c

現場で見たときは十分2キロは超えていると思ったが、家で計測すると、胴長39cm、1.9キロのアオリイカだった。
またしても2キロの壁は破れなかったが、これを最後に十分満足して帰港。
Nキャプテンありがとう

伊豆のシイラ(08.9.13)4

久しぶりに伊豆で船を仕立てシイラフィッシングに行ってきた。
伊豆ではシイラ専門に狙っているルアー船は少ないので魚がすれてないのがいい。
そして海が湘南の沖合よりもきれいなのがいい。
今回は以前にも利用したことがある川奈の黒潮丸での釣行となった。
以前仕立てた伊豆の釣り船の船長は潮目や鳥山を捜してくれと頼んでも「そんなものどこにあるんだかわかるわけねー。」といった感じだったが黒潮丸の船長はルアーへの理解もある。
今回のメンバーはいつものW君とベッチと私のルアー組のほか居酒屋の食材調達係りの餌釣り師3人の合計6人での釣行。
まづ、朝一は川奈沖でワラサを狙う。
早朝5時のスタートフィッシングだが、ポイントにはすでに数十隻の伊豆の釣り船が終結している。
ルアー組はジギング、エギング、インチクと手を替え品を替えいろいろ試すが当たりさえなく撃沈。
餌組は朝一でワラサを1っぴき上げたがその後はソーダガツオがポツポツ上がる程度。
周りの船でもあまり上がってないようだ。
2時間ほどで見切りをつけシイラを捜しに南へ下る。
久しぶりにミヨシに立ってナブラや鳥山、潮目を捜す。
途中、カツオのナブラに何度か遭遇するが打ってもすぐ沈んでしまう。
そのうちいい潮目に遭遇。
ルアーを投げるとすぐ反応があった。
メーターはないが80cmくらいのシイラがキャストの度にヒットした。
居酒屋食材班もルアーを投げる。

シイラ

湘南沖と違って初な伊豆のシイラがほぼ全員にヒットし船上はお祭り騒ぎ。
その後また船を流していると巨大な流木を発見。
近寄ってキャストするとメーターオーバーのシイラが反応した。ここではシイラは取り込み寸前でバラシて誰もキャッチできなかったが、ベッチが50cmくらいの茶色っぽい魚をキャッチした。
マツダイだ。

マツケン08.9.13

うれしくてサンバを踊りたくなるというマツダイだ。
その後はなかなかいい潮目も見つからなかったが終盤、川奈沖でメーターオーバーのフラツキシイラを発見。

みんなでルアーを投げるが関心は示すもののなかなか食わない。
ベッチのルアーを見切った直後、鼻先に投げた私のルアーをシイラは食いついた。
一気にラインを出されたが、久しぶりのシイラの引きを楽しみながら船べりまで寄せた。
ランディング態勢に入り、船長のタモにネットイン寸前、シイラはまた一気に船尾に向けて走った。
そしてスクリューにラインが触れ、あえなくブレーク。
これを最後に沖上がり。
今回はキャッチした魚はすべてキープ。
居酒屋食材班がきれいにさばいてくれて一部は家族へのお土産に。
そして残りは某居酒屋のメニューに上るはずだ。

シイラ08.9.13W

PS:マツダイを初めて食した。
刺身にしてみたが、スズキに似た淡白な白身でスズキよりちょっと脂がのった感じで匂いも癖も無く非常に美味であった。


シイラフィッシング(07.7.18)1

関東近辺を通る今年最初の台風が去った。
台風明けのシイラフィッシングは爆釣が約束されたも同然だ。
しかも連休あけの平日なら乗り合いの遊漁船も空いているに違いない。
ポジティブシンキングで期待をめいっぱいにふくらませW君、S君と私の3人で小田原の平安丸に乗りシイラフィッシングに出かけた。
ところが台風が去ったにもかかわらず小雨交じりの肌寒い空模様。

潮目07.7.18

しかも平日にもかかわらず我々を含め10人もの乗船者。
遅れ気味に乗船した我々はオオトモ(一番後ろの席)だ。
ルアーのキャスティングゲームじゃオオトモは末席だ。
モチベーションが急降下。
初島沖あたりの鳥山でミヨシのアングラーがキメジをキャッチしたようだ。
オオトモからじゃトリヤマは指をくわえて見てるだけ。
それでもここでふらつきシイラの70cmくらいのをW君がキャッチした。

シイラ07.7.18

私にも連れのシイラがヒットしたが船の下に潜られバラシ。
その後は漂流物はそこそこ見られるもののシイラは深く沈んでしまったのか姿は見られず。
結局、大磯沖あたりでサバをポツポツ釣り沖上がりとなった。
フラストレーションが溜まる釣行であった。
記事検索
プロフィール

パーチ

PHOTOHITOブログパーツ

エギング
関東風景写真
爆釣速報
爆釣速報イカ
ギャラリー
  • エギング(18.6.30,7.16)
  • エギング(18.6.30,7.16)
  • エギング(18.6.30,7.16)
  • エギング(18.6.02)
  • エギング(18.6.02)
  • エギング(18.6.02)
Archives
  • ライブドアブログ