釣撮ダイアリー

釣りと写真と時々建築の話

エギング

エギング(09.11.01)4

後半戦開始
今シーズンエギング後半戦の初戦、ベッチと二人で伊豆方面へ行ってきた。

 昼間はこの時期にしては暑く汗ばむ陽気だが、予報では夕方から雨が降るらしい。
昼過ぎにポイントの堤防を覗くと予報が悪いせいか日曜日のわりにはすいていた。
先端に入ることができたので、明るいうちからエギングを開始。
私が200gくらいのを1パイキャッチしたもののなかなか後が続かない。
しかし、日が暮れかかった夕まずめ、時合いが訪れた。
入れ食いモードになり5連続キャッチ!
ただし、サイズはギョーザ以上コロッケ未満といった感じ。
しかし、数メートル離れた所でやってるベッチはここまでノーキャッチ。

ベッチのうらやまし光線を感じながらも写真も撮らずにみんなリリース。

ちょっと当たりが遠のいて周りの釣り人が帰りかけたころ、
この日の7ハイめをキャッチ。ちょっとサイズが上がって300g位。

その後、ボーズを覚悟してふて腐れ気味だったベッチにもようやくヒット。

ベッチ09.11.01


この日最初のアオリイカは300g。

夕方、6時を過ぎると予報通り、雨がふってきた。
しかし、風は無く、気温も低くはないのでカッパを着て続行。
一時の入れ食いモードは無くなったが、ポツポツヒットは続き、
サイズも少しは良くなってきた。

アオリイカ09.11.01


結局、10時ころまでねばって私が13バイ。
ベッチが5ハイという釣果。
数はまあまあだったが、サイズは最大で400gとちょっと物足りない結果に。
贅沢か・・・・・?。

カワハギ&エギング(09年9月)3

カワハギ(09.9.21)

仲間5人で佐島の志平丸にカワハギ釣りに行ってきた。
結果は渋い中でも5人の中ではトップの12枚だった。
ビギナーズラックというヤツかな?
運もようやく上向いてきたか・・・。


カワハギ&エギング(09.9.30)

自称伊豆のプロサーファー(薬物には汚染されてません。)に誘われ伊豆にカワハギ釣りにMr,Pとベッチと一緒に行ってきた。
出船前の1時間。久しぶりに近くの磯でエギング。
そこでMr,Pが新子を2キャッチ。

アオリイカ09.9.30a
最初の1ッパイ。海藻かと思ったらイカだった。

アオリイカ09.9.30b

最後の1投でキャッチしたさっきよりちょっとサイズUPの2ハイめ。
幼児虐待だとの非難も意に介さず2ハイともキープ。

この後本番のカワハギ釣りへ。
海がちょっと悪く初な伊豆のカワハギのわりには食いが渋い。
それでも一時は入れ食いになり結局、
高価な竿を新調したベッチは30枚近く。
私が20枚くらい。
しかし、チビアオリ虐待のたたりかMr,Pは10枚も釣れなかった。



シイラ&エギング(09.7.04)4

湘南ボートフィッシング

相模湾ではオフショアのシイラが6月末からスタートした。開幕早々好調のようだ。
そしてアオリイカの前半戦はもう終盤。
どっちにしようか迷った末、両方することにした。

ここ数日、梅雨らしいジメジメした空模様が続いたが、土曜日はちょっと天気が回復。
今回は、友人のNキャプテンのプレジャーボートで構造屋のS君と湘南の境川から出航。
まずはシイラを探しに沖を目指す。
江ノ島の沖合数キロのところで潮目を発見。
流れ藻が点々と続いている。
キャスト開始早々私にヒット!
しかし、足下まで寄せたがバラス。
しばらくしてまたヒット!
しばらくぶりにシイラの引きを楽しみキャッチしたのは80cmくらいのメスのシイラ。

シイラ09.07.04a
その後、潮目をたどり東へ向かうがなかなかシイラがでない。
仕方なくこの潮目に見切りをつけ、南に下る。
ボート09.07.04

しばらく行くと大きな流藻発見。
ルアーをキャストするとシイラがワラワラ沸いてきて奪い合うようにルアーをチェイスする。
ヒットすると派手にジャンプし、ドラグを鳴らしてくれる。
最初に1m位のシイラをキャッチ。

シイラ09.07.04b

遊漁船のような大きなタモが無いので取り込みに苦労しながらキャッチ&リリースを繰り返す。
結局この流藻周辺で私は7ヒット4キャッチ。
S君は何度かヒットさせたが、キャッチには至らず。
十分シイラの引きを堪能したので、逗子マリーナへ燃料補給のため、寄港。

逗子マリ09.07.04a

マリーナには数千万円〜数億円の豪華クルーザーが並ぶ。

逗子マリ09.07.04b

写真手前はNキャプテンのボート。
給油後、後半はボートエギング。

鎌プリ沖合の水深7〜10m位の藻場にアンカーを入れ、キャスティングで攻める。
まずS君がかわいい300gのメスをキャッチ。

アオリイカ09.07.04a

その後、私が900gのメスをキャッチ。
アオリイカ09.07.04b

これにはもう1匹寄り添うように大きなオスのアオリイカがボートのすぐそばまでついてきた。
その後、400gを追加し一旦休憩。
再開後、しばらくして、しゃくったロッドが強烈に絞り込まれた。
ドラグが鳴り、ラインが出される。
久しぶりで味わう大物アオリイカの引きだ。
2キロは堅いだろう
ジェット噴射を交わしながらNキャプテンにタモ入れしてもらいキャッチ成功。

アオリイカ09.07.04c

現場で見たときは十分2キロは超えていると思ったが、家で計測すると、胴長39cm、1.9キロのアオリイカだった。
またしても2キロの壁は破れなかったが、これを最後に十分満足して帰港。
Nキャプテンありがとう

オールナイトエギング(09.3.28、29)3

根性と忍耐のオールナイトエギング

3月も末だというのに真冬のような寒さの土曜日。
海水温も低めでイカの活性も今一。
しかし、そんな中、前回のリベンジを目論むベッチを連れ、伊豆へ出かけた。

今の季節、暗くなってからが勝負ということで、
午後からの出撃。

夕方、5時半頃、最初のポイント到着。
いつもの地磯より少し奥にある比較的水深のあるワンド。
ここからスタート。
多少のうねりはあるものの風は無くまずまずのコンディション。

いつもより最初のカウントダウンは多めにとる。
あたりが暗くなり始めた6時10分、早くも最初のヒット!
しかし、あまり強くはない引き。一気に抜き上げる。

アオリイカ09.3.28a

400gくらいだが、最初のキャッチはいつもうれしい。
近くの餌釣り師にもヒットしたようだ。
ゴールデンタイムに突入かな。
しかし、こんな時にベッチは根掛かりでエギをロストし、ラインを組み直している。

そんな最中、私に2ハイ目がヒット!
満潮、潮止まりが近い6時25分。
今度はでかい。
ジェット噴射でロッドが絞り込まれる。
久しぶりに味わう強い引き。
取り込みにもたついたが、なんとかギャフUP。

アオリイカ09.3.28b

1100g。今年最初のキロオーバー。

さい先の良いスタートをきったものの後がなかなか続かない。
結局、干潮近くの11時過ぎまで粘ったが、見切りをつけた。

ここで仮眠しようかとも思ったが、ぶっ続けのオールナイトエギングを実行することにし、場所を大きく移動。
ビッグサイズの実績のある堤防へ。
先行者が2名。
まだ釣れてないらしい。
真夜中の1時ちょうど、3バイめがヒット!
足1っぽんだったが、抜き上げた。

アオリイカ09.3.28c

700g。

そしてこの後、また沈黙の時間が続く。
・・・・・・・

夜中の2時過ぎ、再び移動。
今度は大きく北上し、秋に爆釣したポイントへ。
アゲインストの風がやや強く、うねりもかなりある。
墨跡もなくモチベーションも低下する。
あたりが少し明るくなり始め、もうやめようかと話した直後の
4時55分、4ハイめがヒット。

アオリイカ08.3.29d

難なく抜き上げたのは350g。
これを最後に納竿。
実釣時間12時間。
根性と忍耐のオールナイトエギングであった。

結局、ベッチは今回もボーズ。
釣りと女のどちらを選ぶかハムレットの今のベッチ。
心の迷いが釣りに微妙に影響を及ぼしているのだろう。


エギング(08.11.29)2

どん底ベッチのボヤキ

釣友のベッチは今年の7月に久米島でジギングで60キロのマグロを釣った。
それが今年の釣り運のピークだったようで、以降彼の釣り運は急降下。
今はどん底の状態のようだ。
そんな彼でも今の伊豆にエギングに行けば何とかなるんじゃないかと、カワハギ名人のハセチンさんと3人で伊豆に出かけた。

例によって、ポイントへは明るいうちに到着。
釣り座を確保。

エギング久しぶりのハセチンさんは張り切って
「気合いだ!気合いだ!気合いだ!」
ってな感じでビシッ、バッシしゃくる。
しかし釣れない。

明るいうちはモチベーションの上がらない私はサビキの先端にインチクをつけてキャスティング。
何でもいいから釣れろと思ったが、何にも釣れない。

私の隣で似たようなことをやってたベッチに何かヒット!
ネンブツダイだった。
そんなもので残り少ない運を使ってどうする。

ようやく陽が傾き、さあこれからという時に、我々の目の前に一隻の漁船が現れた。
そしてあろうことかエビ網を投下し始めた。
しかも堤防と平行に二重にも三重にも念いりに投下した。

エッ!ウッソ〜〜!!

目の前に繰り広げられる光景に我々のモチベーションは急降下。
しかし、諦めの悪い我々はカウントダウンを短くしたりしてここで続けることにした。

まだ完全に暗くなる前の5時前、フォーリング中の私のエギをイカが抱いた。
ちょっと小さめサイズで抜きあげたのは400gだった。

アオリイカ08.11.29a

これを機に我々のモチベーションは急上昇。
このあと、いつもなら2ハイめがとっくに釣れていい6時前に私に再びヒット!
今度はデカイ。
ようやくキロを超えたかなと慎重に新調したギャフでベッチに取り込んでもらう。

アオリイカ08.11.29b

しかし、思ったより小さい700gだった。

アオリイカ08.11.29c

このあとはマッタリタイム。
太陽電池で動いていたハセチンさんはエネルギーとエギを使い果たしリタイヤ。
ベッチは黙々としゃくるが何も起こらない。
そのうち雨が降り出し、雷まで鳴り出した。
そして我々のモチベーションも冷たい雨に打たれて萎えてしまった。
結局ベッチには何も起こらず8時前に終了。
どん底ベッチのボヤキは続く。

エギング(08.11.22)3

柳の下にイカはいるか?

実は前々回の釣行時にギャフをロストしてしまった。
堤防に置き忘れ、気がついて取りに行ったときにはもうなかった。
そこで先日新しいギャフを購入したので是非使ってみたくて伊豆に行ってきた。

ここんとこ伊豆でもキロUPの話もよく聞かれるようになった。
今週は是非ギャフを使えるサイズを!!っと、先週好調だったポイントに明るいうちに入った。
私とほぼ同時に入ったエギンガーの父子の次に餌釣りの二人(母子?)が来たが、明るいうちはやはり全然あたりがない。

暗くなった5時過ぎにまず左隣のエギンガー父に500gくらいが来た。
次にエギンガー父の左の餌釣りの母に800gくらいが来た。
先週と違う展開にややあせる。

しかし、6時前に私に最初のヒット。
300g。ギャフ不要のサイズで抜きあげる。
アオリイカ08.11.22a

その後、私の右隣に入った餌釣師に500gくらいが来た。
今週は皆に平等にヒットする。
次に左のエギンガー父が400gくらいをキャッチし、7時過ぎに帰ると
入れ替わり餌釣り夫婦が入って来た。
先週はエギンガーでいっぱいだったが、今週は餌釣師に囲まれ周りは電気浮きだらけ。
しかし、今週は先週と違ってしぶい。
結局、ポツポツヒットはしたが、最大で600gで合計6はい。
新品のギャフの筆卸は持ち越しになった
アオリイカ08.11.22c
この日最大の600g
アオリイカ08.11.22d
最後にきた500g。
結局、10時近くまでねばったが右肩が痛くなりリタイヤ。

エギング(08.11.08〜09)3

今週末は長潮で釣りには一般的には不向きな潮廻りだが、
エギングに関しての私の過去のデータではむしろいい釣果のことが多い。
今週は釣りの相性が今一の義理の弟と一緒に伊豆方面へエギングへ。

今年は水温が例年より高めだが、潮は澄んでいて昼間はちょっと厳しい、
暗くなってからの勝負の冬パターンに突入したようだ。

ポイントへは明るいうちから入ったが、やはりあたりはない。
曇り空が漆黒の闇に包まれた5時過ぎに最初のヒットが訪れた。
半月前のイカの引きよりは格段に強い。
ギャフをかけようか迷ったが、思い切って引き抜いた。
ドラグが滑ってずり落ちそうになったがなんとかキャッチ成功。
800gのオスだった。
今の季節にしてはベリーグッドなサイズ。

アオリイカ08.11.08a

その1時間位後、同じ所でまたヒット!
そして同じような強い引き。
今度は安全を期してギャフUP。

アオリイカ08.11.08c

久しぶりでギャフを使ってキャッチしたのは先ほどと同サイズの800g。

アオリイカ08.11.08b

半月前に同じポイントで釣ったアオリイカは最大400gだった。
わずか半月で倍の大きさになった。
今月末には十分キロオーバーが期待できる。
この次の釣行が楽しみだ。

この夜は早めに切り上げ、翌朝暗いうちに再開し、
300gを2ハイ追釣した。

今回で釣りの相性が今一の義理の弟とのジンクスは私の方はなんとか解消することができたが、弟のほうは未だに顕在だ。

ところでゲットしたアオリイカ、最近、刺身やバターいためはちょっと飽きてきた。
今度爆速のNovさんのように一夜干しを作りたいと思っている。
しかし、今日は天気が悪いし、干物用の籠もまだそろえていないのでいつものバターいためにしたのだが、肝は墨で汚れないように注意して切り取り刺身で食してみた。
これが絶品!!
周りはコリコリしたあわびのような食感で中身はねっとり濃厚な味。
いままで捨てていたのが悔やまれる。
未経験の人は是非、お試しあれ。

エギング(08.10.18)3

今週は仕事も一段落したので女王様と一緒に伊豆方面の温泉に。
夕食前に近くの堤防へ私はイカの調査へといういつものパターン。
今週もなぜか週末は北東風が強くキャストできるポイントが限られて釣り人が集中してしまう。
一人だったので、餌釣り師の間にいれてもらいキャスト〜!
フォローの風に乗ってエギは飛びすぎるくらい飛んでいく。
10月も後半になると日が暮れるのも早い。
完全に暗くなったころ、遠くから引いてきたエギがすぐ手前まできたところでヒット!!
久しぶりのアオリイカは今の時期らしい200g。

アオリイカ08.10.18a

その後、数投後にまた同サイズをキャッチ。

アオリイカ08.10.18b

そしてまた数等後に今度は500gの今の時期としてはまあまあサイズをキャッチ。

アオリカ08.10.18c

夕食の時間が迫ってきたので、場所をちょっと移動し、メバルもねらってみたがこちらは不発。
ネンブツダイらしきあたりがあっただけだった。
しかし、ここでもアオリイカを一パイ追加してこの夜は終わり。


翌朝、早起きして昨夜の堤防へ行ってみた。
すると釣り人の姿が消えていた。
ラッキーと思ったのも束の間。
海が昨夜より荒れて、波が時々堤防を乗り越えている。
仕方なく風裏になる別の堤防へ移動してみたら、こちらは満員御礼状態。
やはり考えることは皆同じようだ。
ということで早起きは報われずアゲインストの風を受けながらホテルへ帰った。

エギング(08.10.12〜13)1

今期、後半初のエギングそしてメバルの釣査にいつものメンバーで伊豆へ行ってきた。
連休とあってメジャーなポイントは入れず、また南下すると北風が強く、やりたいところでエギが投げられずということで結果は下記のとおり。

ベッチ:ちびアオリ×1+メバル(22cm)×1 / エギ×2

W  :ボーズ /エギ×8

オレ :海藻 / エギ×7

注)エギはロストした数

メバル08.10.12
昨日、近くの魚屋で3〜400gくらいのアオリイカが280円/100gで売っていたのを見た。
ということはアオリカ×1≒エギ×1ということ。
今回は 7〜8はい / 人
くらい釣らなければならなかったということ・・・・。

イカメバル(08.4.19,20)3

遅い低気圧の影響で不安定な陽気の土曜日、34cmオーバーの巨メバル、そしてついでに2キロUPのアオリイカをゲットしようと釣り仲間と伊豆方面へまた行ってまいりました。
満月の大潮は3月にメバルを爆釣した時と同じ潮回り。
しかし、今回は低気圧の影響で風が強くキャストもままならない状況。
結局、巨大メバルには遭遇できませんでした。
それでも、この夜は私が最大29cmを含む2匹、事務局も2匹のメバルをキャッチして、翌朝に期待を託し撤退。

メバル08.4.19a
 (上のメバルは今回の最大で29cm。風が強く、メジャーも飛ばされそうになる。ライズのメバキンコンテストのエントリーカードは意味が無い賑やかしだが、この後、風に飛ばされ水没)

メバル08.4.19b
(2匹目のメバルはアベレージサイズの25cmくらい。ワームはエコギアーパワーシラスのガルプ漬け。最強の組み合わせだと思うのだが・・・。)



翌朝、というよりはまだ夜中。ひょこひょこ起きだしてメバルの様子をみたが、1っぴきアベレージサイズが釣れただけでパッとしないのでアオリねらいに変更。
移動してすぐに私にヒット!
ジリジリドラグを出されキロUPは確実かと思ったら意外に小さかった。
推定800gのアオリイカ。でもうれしい一杯。
アオリイカ08.4.19

しかし、後が続かず明るくなって風もまた強まり一時撤収。


この後は風裏を捜し、久しぶりにゴロタ場でムラソイング。
案外渋く、私はようやく1匹キャッチ。
しぶとくネチネチねばった事務局は3匹キャッチ。
前回、入れ食いを堪能したセールスマンは今回はボーズで終わった。


ムラソイングは穴の周りをネチネチ舐めるように攻めるのがキモだ。
特に、活性の低い昼間は穴に竿先を入れるくらいダイレクトに攻めなくてはならない。
そして穴を竿先でつつくようにしていると我慢しきれなくなってドッピュッと飛び出してくる。
ムラソイが・・・・。
(これはもちろん釣りの話です。)
かつてはムラソイマスターと呼ばれた私も最近はだいぶ淡白になり、強引さがなくなったので事務局にその名を譲りたい。

ムラソイ08.4.19
(うちの娘は小さい頃、キャベツとレタスの区別がつかなかったが、私の友人はムラソイとメバルとカサゴの区別がつかない。写真を見ると確かに似てはいるが・・・。)
記事検索
プロフィール

パーチ

PHOTOHITOブログパーツ

エギング
関東風景写真
爆釣速報
爆釣速報イカ
ギャラリー
  • エギング(18.6.30,7.16)
  • エギング(18.6.30,7.16)
  • エギング(18.6.30,7.16)
  • エギング(18.6.02)
  • エギング(18.6.02)
  • エギング(18.6.02)
Archives
  • ライブドアブログ