釣撮ダイアリー

釣りと写真と時々建築の話

遠征

久米島遠征第3日目(12.7.08)1

本当はこの日は、体調不良により釣りには行かず、陸で写真でも撮っていようと思った。
しかし、他の二人がそれを許してくれないのと、もしかしたら今日は釣れるかもしれないというスケベ心が沖に出させてしまった。

この日は船長も遅刻することなく、定刻に昨日とは別のポイント、5番パヤオを目指した。

5番パヤオまでは1時間以上かかるので、それまで後ろのキャビンで寝て行くのだが、ポイント に到着しても、起きることが出来ずにそのまま午前中はマグロ状態。

しかし、あまり釣れてなさそうだった。
午後になり、5番パヤオから前日行った7番パヤオに移動した。

133


7番パヤオに移動してからようやくロッドを出してみたが、朝からマンゴー数切れしか食べてない私は重いジグでディープエリアを探る気にはなれず、50〜120mをエビングで攻めた。
しかし、時折、1,2キロのキメジが釣れたくらいでまともなサイズは来ない。

ベッチは相変わらず、しゃかりきになってジグをしゃくっているが、ルアーには反応が無い。

ところが、餌釣りには結構反応がある。
ワッチはスピニングリールからよりパワーのある両軸リールに変えて、良形のビンチョーマグロを上げている。

アレ?ロッドをキーパーに固定しているような・・・・。

138



釣れるマグロはほとんどが15〜20キロくらいのビンチョーマグロ。
レンジは150〜200mくらいのディープエリア。
メバチやキハダは今年はあんまり釣れない。
浅いレンジではメバチやキハダやカツオが釣れるのだが、1,2キロくらいで大きくても5キロくらい。

143


今回はあなたが主役。

たしか、前回のパラオ釣行の後、釣り道具一式オークションで売り払うと言ってたのに・・・。



ワッチのファイトシーンを動画で撮影してみました。
最初、ロッドをキーパーに固定していたのですが、無理矢理スタンディングでファイトさせました。
5分くらいの動画でちょっとグロいシーンもありますが、暇な方は御覧ください。

147


3日間の釣果。
大半がワッチの釣果です。
オレが寝てる間に随分釣ってたみたいで。

155


港に戻ると宅配業者が出迎えてくれる。
私もビンチョー1っぴきワッチ様からいただき、5キロくらいのメバチ1っぴきとあわせて20キロを自宅に送った。
発泡スチロールの箱代とドライアイスを合わせ送料約5000円。

156


今度、マグロ欲しい人は着払いなら送りますよ。


173


167


燃えるような夕陽が西の空に沈み1日が終わる。

あ〜、オレの釣り人生ももうそろそろ終わりかな・・・・。
オークションで釣り道具売り払おうかな・・・。

久米島遠征第2日目(12.7.07)1

二日目はパヤオ廻りでマグロ狙い。
前日、「マグロは朝のうちが勝負、明日は早めに出かけよう。」
と言ってた船長が昨夜、飲みすぎで大遅刻。

066


1時間遅れで7番パヤオに到着。
既にかなりの船が集まっている。
トップは厳しそうなので朝からジギングで攻める。

072


まず、ベッチが1,2キロのキメジの後に糸切り名人の沖ザワラをキャッチ。

076


そして、180mくらいのディープエリアでジギングでヒット!

7526


狙い通りのビンチョーマグロ。(本人談)

084


そして、この日は後ろで寝てたらションベンかけるぞと言われてたワッチは船長の手ほどきでパラシュート釣り。
パラシュートとは布袋にキビナゴなどのコマセを入れて釣る餌釣り。

やはり、180mくらいのレンジでヒットさせた。

091


上乗りさんが取り込み、

093


手際よく、エラと内蔵を取り除く。

096


ビンチョーマグロ ゲット〜!!


103


私はといえば、1〜2キロのカツオやキメジを釣ってたような記憶があるようなないような・・。

梅雨明けした久米島は水分を大量に含んだべったりとした空気が肌にまとわりつく。
船の燃料の臭いが鼻から胃の中に入り込む。
朝飯に喰った脂っこいソーセージの味と混ざって胃から口へと逆流する・・・。

ついにダウン。・゚・(ノД`;)・゚・
後半は体調不良により、昨日のワッチ状態。

その後の記憶はほとんどありません。

112


気がついたら帰港していたって感じ・・・。
(写真は港のそばにある面白い形をした島。)

121


この日の夜も食欲が全くなく、民宿での夕食もほとんど手をつけなかった。

そんな私の対面でヤツはケツから血を出しながらも飲み、喰う・・・。

そして第3日目へと続く。




久米島遠征第1日(2012.7.6)3

6月中頃に風邪をひき、体調を崩したままなかなか本調子に戻らないでいた。
しかし、ベッチの以前からの強烈な誘いで、予定していた久しぶりの久米島に体調が回復しないまま行くことにした。

メンバーはいつもの3人。

今のところ人生のほとんどを釣りに捧げるベッチと釣りよりは酒と○のワッチことW氏、そして最近、ハードな釣りはそろそろ卒業かなと感じ始めた私。

ところで、ワッチも最近、原因不明の大腸からの出血で参加が危ぶまれた。
(大腸がんではないらしい・・。)
万全なのはベッチだけ。

004


羽田を早朝出発し、2時間半くらいで那覇に到着する。(写真は那覇の飛行場。)

ここで朝食を摂ったが、ワッチは出発前も搭乗中も、下りてからもビールだ、つまみだとよく飲み、よく喰う。
こいつ確か、腹の具合が悪いって言ってたはずだけど・・・。

010


那覇からは日本トランスオーシャン航空のこの小さなプロペラ機。
毎回のことだが、写真を撮りたくなる。

017


那覇から久米島までは飛行機だと30分くらいだが、飛びたつとすぐ座間味の島々が見えてくる。

019


白いビーチとライトブルーの海が実に美しい。

020


022


第1日目(7月6日)

午前11時頃に久米島空港に到着し、昼過ぎにはいつもの由奈丸で出港。
そして、初日は島廻りで主にキャスティングでGTを狙う。

032


ここで私のγに20キロオーバーのGTが派手に出た。
ルアーはGTと一緒に沈んだが、ロッドに重みが伝わって来ない。
あわせを入れることもなくGTは海中へと消えた・・・。(涙

033


その後、キャスティングしながら島を時計回りに回る。

037


陸の上では元気だったワッチ。
気がつけば船の後ろでマグロ状態に・・・。
まあ、いつものことだが、何しに久米島まで来たんだろ?

050


そして相変わらず、元気いっぱいのベッチ。
ミヨシでキャストしまくる。
しかし、答えが返ってこない。

044


陽がだいぶ西に傾いて来た頃、ようやくワッチも参加。

054

キャスティング、ジギングしながら島をほぼ一周したが誰にもヒットしない。
ただ、我々がGT狙いで浅場でキャスティングしている間、上乗りさんがインチクでヤガラやバラハタなんかを釣っていた。
狙いを変えた方が良かったかな・・・。

056


結局、3人ともノーフィッシュのまま夜8時頃帰港。
西の果ての久米島は夜の8時でもまだ明るい。

059

今回も宿は久米島別館。
食事は美味しくてボリューム満点なのだが、体調不良の私は全く食欲が無い。
腸の調子が悪いといいながらも飲み食いしてるワッチが羨ましい・・・・。

第2日目へと続く予定

八丈島遠征  おまけ

今回は海の上にずっといたので陸地からの写真はほとんど撮れなっかたのだけれど最終日、チェックアウトするまでのちょっとの間、パパズインの周りで写真を撮った。

八丈風景1


八丈島は南の島らしくどことなく沖縄あたりの街並みを彷彿させる。
もっとも街並みの写真は今回は撮れなかったが。

八丈風景3


植生もシダ類が多く、また火山があるせいか沖縄というよりもハワイの風景に近いかも。
(ハワイには行ったことないけれど・・・。)

八丈風景4


思ったより見どころも多いようで観光だけで訪れても面白そうな所だった。

八丈風景2

八丈島遠征2012  その三5

第3日  4月18日(水)

最終日のこの日の朝は雲がやや多いものの風もなく釣りには絶好のコンディション。

光芒18b


雲の間から射す朝日は何だか天から降り注ぐ希望の光のような・・・。

光芒18a


なんだか今日はいいことありそう^^。

朝の八丈小島18


まずは朝日を浴びる八丈小島へ向かう。

光芒と船17


八丈小島の周りでまず、ムロアジ確保。
近くの船はM社一行。

八丈富士と光芒


光芒降り注ぐポイントには釣り船が集まっていた。

アカハタ18ア


ムロアジ確保の間はまた、私はボトム狙い。
この日はインチクでアカハタをキャッチ。

八丈富士と絶壁b


二日目までは島の西側、北側を攻めたが、この日は南側の70〜80mのレンジを攻めるようだ。
150g位のジグでねらえそう。
このくらいが調度いい。

アカチビキ


移動して間もなく何かヒット!
キャッチしたのはタイをちょっと細長くしたような魚だった。
アカチビキという魚らしい。

三原山17b


その後、転々と移動を繰り返すがS木さん達にもなかなか当たりがない。

この日は帰りの飛行機の関係もあるので、昼には上がらなければならない。

段々焦りの色が見え始める。

そして、大きく移動した後のこれで最後という流しの時、底から1/3くらいしゃくり上げてきた時、ヒット!

カンパチヒット18日


今までとは違う強い引き。

カンパチかもしれない。

ポンピングして巻き上げる。

カンパチネットイン18日


ドラグを出すほどではなかったが、まあまあサイズのようだ。

ついに船長の差し出すタモにネットイン。

カンパチ17b


6キロ近いカンパチをキャッチした。

カンパチゲット18日


最後の最後でようやく本命のカンパチをキャッチ!

どんでん返しとまではいかなかったが、最後に私にも八丈島の海の神様が微笑んでくれた。

絶壁17


これを最後に沖上がり。

港に帰る途中、片側に私のジグ、もう片側にはアウトリガーを出してトローリングする。

カツオヒット18日


その途中、緩くしてあったドラグが悲鳴を上げた。
私のジグに何かヒットした。

カツオがヒットしたようだ。
手前まで寄せたが、取り込みが強引すぎてばらしてしまった。

それから、帰港の直前、回収しようとしたトローリングのタコベイトにカツオが続けてヒット。

カツオ18


今の時期のカツオは八丈カツオと言って高値がつくそうだ。

釣果17b


本日もグルメな釣果。

一時はどうなるかと思ったが、終わってみればみんなそれぞれ満足の結果に。

まあ、欲を言えばきりがないが、3日間とも凪に恵まれ楽しく釣りができたことが何よりだ。

八丈島の海に感謝!!

八丈島遠征2012  その二4

第2日 4月17日(火)

2日目は朝から雨が降っていた。
この日から、S木さんの奥さんが合流し、前日と同じ10時頃出船。
また、同じ飛行機でパパズインに来た平塚のM社の一行も別船で出港した。

雨は降ってはいるものの、波は高くなく、釣りの条件としては悪くない。
ただ、カメラはあまり出す気はしなかったけど・・・・。

アカハタ17a


今日も又、最初は浅場でムロアジ確保の間のスロージギングでアカハタをキャッチ。


カンパチのポイントに移動して間もなく、Mrs.S木のロッドが海中に引き込まれた。

実はMrs.S木は船釣りは今回が初めて。
とっさの判断でMr.S木がサポートしてロッドを持ち上げ合わせた。
Mrs.S木がリールを巻こうとしてもリールはピクリともしない。
そこでまた、Mr.が代わってスタンディングでやりとり。
大分弱ってきたところでまた、Mrs.に交代してリールを懸命に巻き上げる。
 なんとか浮いてきた魚影はでかい!

カンパチキャッチ2


キャッチしたのは14キロのカンパチ。

カンパチゲット17日


夫婦協同作業の賜物ですね。^^

ビギナーズラックっていうやつかもしれないけれど、お見事!

断崖17


その後、天気は回復したが、当たりは途絶え、ポイントを転々とした。

60〜70m位をスロージギングで探っていた時、わりと大きな当たりが。
小型のカンパチが来たかなと思ったらアカハタが前後のフックにダブルでヒットしていた。

アカハタダブル17日


もう、赤いのはいらない。
青物が釣りたいと思ってたら何かヒット!

サバだった。(爆
確かに青物かも知れないが・・・。
写真も撮らずにクーラーの中に。

青物でももっと茶色いやつが釣りたいと思ってたら何かヒット!

ヤガラ17日


ヤガラだった。

確かに茶色いやつには違いないがいヤガラせかい・・。

でもこの魚は美味いらしい。

これは初めて釣ったので一応写真を撮った。

思い通りの展開と言えなくもないのだが、何か違うんだよな・・・。

八丈小島と絶壁b


船長はまだカンパチを釣ってない私に何とか釣らそうと移動を繰り返す。

終盤は170〜180mのレンジを探った。
こうなると200gじゃどうにもならず、今まで封印していた300gのジグをしゃくった。

ワンピッチじゃ本当にちゃんとジグが動いているか自信がなかったのでツーピッチで大きくしゃくっていたら、ロッドに何か生命反応。

アカムツゲット17日


こっ、これはもしや超高級魚のアカムツでは・・・。(^^

アカムツ


なにやら五目釣りの様相を呈してきた。

夕暮れ堤防


結局、この日も私はカンパチをキャッチできずに沖上がりとなり帰港した。

釣果17日


この日はアカハタ、ヤガラ、アカムツと食べて美味しいグルメな釣果。
これはこれでいいのかな・・・。

夕食17


この日のヒーローいや、ヒロインはMrs.S木。
初めての船釣りで14キロのカンパチなんてラッキーすぎます。

夜はエギングには行かずにパパさんの手料理に舌鼓を打ちながら祝杯をあげた。

パパと17


食後に、パパさんを囲んで記念撮影。

一方、ビギナーが多いM社一行はこの日、餌釣りで6キロのオナガダイを釣ったそうだ。
この日はビギナーズラックの日だったのかな・・・・。

明日はどんでん返しがあるのだろうか・・・。
第3日目に続く。






八丈島遠征2012  その一  3

取引先のT社の釣り部長のS木さんに2泊3日(4月16日〜18日)の八丈島の遠征に誘われた。
月曜〜水曜の平日釣行だったので、ちょっと迷いもしたが、船上カメラマンとして同行することにした。
まあ、もちろん釣りもしましたけどね。

八丈島は東京都だし、以前に行った沖縄やパラオと比べると距離的にもかなり近いのだが、飛行機を利用しての釣行となれば遠征気分だ。

今回は多人数で行く予定だったが、ドタキャンが相次ぎ初日からはS木さんと私の二人だけ。

第1日目
 4月16日(月)


トンネル


二人分のトランクとバズーカを車に積み込み羽田へ向かう。

羽田16


八丈島へはANAの定期便が就航している。
朝一番の7時台出発の便を利用。
最近は預ける荷物の重量規制が厳しくなっていて、総重量で20キロがリミットで10キロオーバーする毎に1000円の超過料金を取られる。
今回は、トランクとバズーカ合わせて35キロ。
2000円の超過料金を取られた。

パパズイン


八丈島へは1時間弱で到着。
今回、利用する宿はルアーアングラーなら誰でも知ってるパパ大津留氏の経営するパパズイン

堤防16


船は八重根港から10時頃出港。
まずは泳がせ釣りでカンパチを狙うS木さんの餌のムロアジを確保するため、八丈小島廻りの浅場を目指す。

磯16


S木さんがムロアジをサビキで釣ってる間、私はスロージギングで根魚狙い。

アカハタ16.a


アカハタが釣れた。
ちなみにこの魚、共産党とは関係ありません。(笑)

アカハタ16b


2匹目はサイズUP。
浅場のアカハタ狙いのジギングもライトタックルでやると面白いかもしれない。

餌のムロアジを10っぴきほど確保し、本命のカンパチを狙いに移動。

八丈富士16


実は、ジギングはルアーフィッシングの中では苦手なジャンル。
特にディープなジギングで何100gもあるジグを1日中シャクリ続けるなんて普段、パソコンのマウスくらいしか持たない私にとっては躊躇してしまう分野。
今まで100m以上のディープで200g以上のジグが必要なジギングは極力避けてきた。

この日のレンジは80〜130mくらい。
200gのジグでなんとか底が取れる限界のレンジ。
まあ、これくらいがなんとかなる範囲の限界かな。^^

八丈島16


上の写真は海から見る三原山。
八丈島は周囲を絶壁で囲まれた島だ。

カンパチ16b


移動してしばらくしてS木さんのロッドの先が海中に引き込まれた。
難なくキャッチしたのは5キロくらいの食べ頃のカンパチ。

キハダ16a


それから30分もしないうちにまたS木さんに当たりが!
今度はドラグが鳴っている。
先ほどより大きそうだ。
正体はキハダだった。

キハダ16b


15キロくらいのキハダをキャッチし、写真撮影。

左の赤いのはレンズに飛んだキハダの血。

そして下の方の黒い影はカメラの防水ケース。

船上カメラマンとしてのプライドが・・・・・。

ディカパックα


今回、船にカメラを持ち込むに際し、上の写真のディカパックαという防水ケースを使用してみた。
標準ズームで広角で使用すると、注意しないとレンズの筒の部分の縁が写ってしまう。
また、前面の部分がポリカーボネートなので画質が若干落ちる。
ただ、前面のキャップは取り外せるようになっているので、飛沫のかかる恐れが無い時には外して使えば問題ない。
多少使いづらい部分もあるが、飛沫がかかってカメラがダメになるよりはましだと思う。

八丈小島16


結局、この後私には当たりらしきものが1回、謎のラインブレークが1回あっただけ。

初日のヒーローはもちろんS木さん。

まあ、私は船上カメラマンですから・・。

しかし、ドラマの展開ってのはクライマックスは最初には来ないものだ。

明日以降に劇的な展開があるはず・・・・・。

夕食16


この日のパパズインの夕食。
すべてパパさんの手作りの料理。
地元の素材を中心とし、ボリューム満点で美味しい。

ヤリイカ16


八丈島といえば、5キロオーバーのアオリイカが釣れるというエギンガーにとっては垂涎の的となった所。

夕食後、八重根港にS木さんとエギングに出かけた。

しかし、地元の人に聞くと実際の状況はかなり厳しいそうで、風も強く1時間ちょっとしかやらなかった。

結局、初日のヒーローのS木さんがここでもヤリイカを1ハイキャッチし引き上げた。

翌日のドラマチックな展開を期待して・・・・・・。

GT game in PALAU (2010.10.30〜11.02)5

 
GTといえば言わずと知れたルアーフィッシングの究極のターゲットの一つである。

 私はヘビーなGTタックルを持ってボートに立ち、まだ見ぬ大物を想うとき、ある種の恐怖感を伴った緊張と期待で武者震いする。

 まるでゴングのなる前のボクサーのように。

 そして100g以上のルアーを紺碧の海に向かいフルキャストする。

パラオ海


 その爽快感が私にとってGTゲームの最大の魅力だ。



 いつもの釣り仲間と3人で3年ぶりにパラオへ行ってきた。

sunset



GTのサイズだけを求めるなら他の場所という選択枝もあったかもしれない。

しかし、パラオの魅力はそのロケーションにある。

エメラルドグリーンとコバルトブルーの海の織りなす美しい景色の中でのGTゲームが私を魅了するのだ。

3GT




続きはパラオ遠征記2010で
記事検索
livedoor プロフィール

PHOTOHITOブログパーツ

エギング
関東風景写真
爆釣速報
爆釣速報イカ
ギャラリー
  • 御射鹿池
  • 御射鹿池
  • 御射鹿池
  • 白駒池
  • 白駒池
  • 白駒池
Archives
  • ライブドアブログ