釣撮ダイアリー

釣りと写真と時々建築の話

メッキ

伊豆釣撮行 2(15.9.13)

それから僕らは伊豆半島の最南端まで下り、エギングをするも全く当たりさえもない。

とうとうイカをあきらめ翌朝はそろそろ釣れるであろうメッキを狙うことにした。


写真は大瀬漁港の外側にある蓑掛岩。

ここでは天の川をバックにこの岩を撮る予定でいたのだが、天の川は消えてしまった・・・・?

どゆこと???

おまけに風が強くなり、三脚を倒してしまってレンズを傷つけてしまうという災難にも見舞われてしまった。

伊豆8


弓ヶ浜で車中泊し、翌朝、まだ暗い4時に起床した。

空には満天の星。

しかし天の川は姿を見せないままだ。

伊豆9



でも、帰って現像してみるとうっすら写っているような・・・・

メッキでのメジャーポイントの青野川の石積堤防に立ち、最初河川側を狙う。

数年前にここでいい思いをしたことがある。

その時の記憶を頼りにマイクロポッパーを投げたり、ミノーで責めたり色々試みるも無反応・・・・


伊豆10


やがて日の出を迎え二人ばかりアングラーが来た。

数年前に比べると少ない。

今年は遅れているのだろうか?

伊豆11


すっかり明るくなった頃、海側にキャストしていたアングラーがヒットさせた。

僕も川側に見切りをつけ海側を狙った。

すると2度ほどバラした後、ようやく本命のメッキをキャッチした。


伊豆12


しかし、まだまだ小さい手のひらサイズ。

この後が続かず、ベッチが疲労と睡魔に襲われコンクリートの堤防の上で居眠りし始めた。

まるで KOされたボクサーのようだ・・・・

ついにストップフィッシング。

タオルが投げ入れられた。



今回の釣果  僕   :メッキ 1
         ベッチ :エソ1、ヒラセイゴ1

走行距離   約360キロ

備忘録としての釣行記とはいえ記憶から消し去りたいような結果だった・・・ (涙)


南伊豆保育園(11.9.23,24 fri、sat)1

台風通過直後の連休、海にはまだウネリが若干残っている。
沖に出てマグロとも思ったが、結局、その対局にある超小物ねらいにベッチとはるばる南伊豆まで行ってきた。

夕方前に着いたポイントでは回遊魚狙いのベッチにカンパチのベイビーのショゴ君が来たが取り込み寸前でナチュラルリリース。
暗くなってから、アオリちゃんをねらったが、まさかのノーヒット。

そして翌朝は去年爆釣したメッキポイント。

sunrise11.9.24


メッキ君はなぜだかご機嫌よろしくないようで、なかなか遊びに来てくれない。
ここではベッチにきたGTベイビーのメッキ君が1匹だけ。

メッキ11.9.24


それから南伊豆の漁港を転々と移動。

しかし、癒してくれるのは美しい風景だけ。
まっ、それはそれで、満足したんだけど・・・・。

南伊豆11.9.24


そして、最後は食材確保のためのハゼ釣り。
こちらも去年と違って渋い。
しかし、アベレージのサイズはちょっと良かったかな。

ハゼ11.9.24


ここで何とか夕食のおかず分くらいをゲットして終了。

南伊豆保育園のベイビー達はへっぽこ釣り師には意外と冷たかった。

イカ・メッキ(10.10.11)3

ようやく天気が回復した3連休の最終日、イカとメッキを求めて東伊豆へ行ってきた。

朝はのんびりと自宅を出発し、お昼前に最初のポイントに到着。
快晴、べた凪で汗ばむくらいの陽気の中、まずはメッキを探る。
やや濁りがある港内他、色々探ったが、1ヒットのみ。(正体不明)

昼食後、場所移動。
2カ所目のポイントはクリアーウォーターの気持ちのいい所。
少し沖目に投げた5cmのシンキングミノーにヒット!
メッキにしてはよく引く。
ドラグを鳴らしながらキャッチしたのはソーダガツオだった。

ソウダ10.10.10


その後、3カ所目のポイントへ。
連休だというのに先行者はエギンガーが一人だけだった。

ここでメッキの群れを発見。
ルアーをトゥイッチさせてくると数十匹で奪い合うようにアタックしてきた。

メッキ10.10.10a


しかし、ルアーを見切るのも早い。
抜き上げ時にばらしたりしてると群れはどこかに消えてしまった。

メッキ10.10.10b


結局、ここで5ヒット、3キャッチ。
最大は22cm。

その後、まずめ時が近くなりエギングに変更。
数投目で最初のヒット。
300g。

アオリ10.10.10


その後もヒットはポツポツ続くがいずれも200g以下で写真も撮らずにリリース。

結局、7時までやり5ハイキャッチ。

いいサイズ釣れるようになるのはあと1月後かな。










続きを読む

イカ・メッキ(10.10.2,3)2

久しぶりにカミサンと伊豆方面へ1泊の温泉旅行に行ってきた。
いつものように夕飯前のひととき、オレは漁港の堤防でエギング。

開始したのは夕まずめ前のまだ明るい時間。

3投目くらいで最初にヒット。
まあまあの引きでキャッチしたのは今の時期にしてはグッドサイズの400g。

アオリイカ10.10.02a


今年の秋シーズンはアオリイカの沸きがいいとの情報を耳にしたのでこれから爆釣かなと期待したが、その後はなかなか続かない。

夕まずめに1ッパイ、追加。
しかし、サイズダウン。

アオリイカ10.10.02b


暗くなってからもう1ッパイ追加、さらにサイズダウン。

結局、2時間半やって3バイキャッチ。


翌朝、暗いうちから同じ所で開始したが、最初はポツポツ リリースサイズ。アオリ10.10.03


朝まずめに連続ヒットはするが、皆3.5号のエギと同じくらいのサイズでオールリリース。

結局、昨夜から9ハイキャッチしたけどまともなのは最初の1ッパイのみ。


そこで場所を変えて、メッキを狙ってみた。
漁港のシャローでポッパーを投げたらバッシャッと出た。
メッキにしては引きが弱い?
最初、ダツだと思ったら30cmオーバーのナイスなカマスだった。

カマス10.10.02


ポッパーでカマスを釣ったのは初めて。

続けてポッパーで攻めるとまたヒット。
今度はメッキ。

メッキ10.10.03


その後は沈黙の時間が続き、オレの乏しい引き出しを全部引っ張り出し、ミノーやらジグやら色々試してみたが、ミノーで1ヒットして朝食の時間になり終了。



アオリイカはまだちょっと早いかな?
大きいやつだけ狙い撃ちするテクニックは持ち合わせていないし・・・・。


続きを読む

陸っぱりライトタックルルアー五目フィッシング(10.9.18,19)3

散魚隊の隊長のベッチと南伊豆へ行ってきた。

絶不調のベッチといえども南伊豆まで行けば何か癒してくれる魚はいるだろう。

8月に伊豆に行った時、一時は入れ食いになったカマス、もうそろそろ釣れるサイズに成長したんじゃないかと思われるアオリイカ、その他サバやイナダ、ショゴといった青物、そして今年は当たり年らしいメッキ等々、色々チャレンジして五種類以上の魚を釣ってやろうという企画。

まずはとある小さな漁港のスロープでメッキの調査。
なんかチェイスはあるもののヒットせず。

そして、超メジャーな下田の堤防へ移動。

最初にオレのメッキ狙いのミノーにヒット!
なんだと思ったらダツだった。
予定にはなかったが一目めキャッチ。

ダツ10.9.19


そして夕まずめを迎えジグにサビキをつけ、カマスやサバを狙う。
ちょっとしたライズを見つけ、ベッチがキャストするとヒット!
キャッチした魚は25cmくらいのイワシのようなコノシロのような何だかわからない魚。
ターポン?まさか・・。

イワシ10.9.19


これも当然予定に無かった魚。
とにかく二目めキャッチ

その後、暗くなってからもジグを投げ、エギをしゃくったりしたが、無反応。
廻りの餌釣り師も何も釣れていない。

ちょと五目達成に暗雲が・・・。

翌朝はやはり超メジャーな河口でメッキ狙いからスタート。
メジャーポイントだけあって釣り人も多い。

朝一はマイクロポッパーで攻める。
ピチャッ、ピチャッとポッピングさせてくるとバシャッと水面を割ってヒット!
予定に入れていたメッキ、三目めキャッチ。

メッキ10.9.20a


メッキはGTのお子様だけあって、大きさからは想像できないくらいの引きの強さだ。

実はメッキを狙ってキャッチしたのは初めて。
ポッパーを水面を割って襲いかかってくる様はGTそのもの。
まさにGTゲームのミニチュア版だ。
最初はちょっとバカにしていたけど、意外に楽しい。
はまっちゃうかも・・・。

ポッパーでもう一っぴきキャッチしてから反応が無くなったので、ミノーにチェンジ。
するとたちまちヒット!

メッキ10.9.20b


ミノーでは4ヒット、2キャッチ。
その後、サーフ側にジグをキャストして2キャッチ。
結局、二時間ちょっとで15cm〜20cmくらいを6キャッチした。

ところがすぐそばでキャストしていたベッチはノーヒット???

「オレは幼児虐待したから来月パラオに行った時にはお父さん達に無視されるかもしれないけど、ベッチにはきっとGTのお父さんがお礼の挨拶に来るよ。」
とか慰めにもならない言葉をかけてもベッチのぼやきは止まらない。

そこで、ルアーでの五目達成は難しくなってきたのでこの川の少し上流に移動し、何十年ぶりかのハゼ釣りに挑戦することにした。

青野川


この川はハゼ釣りでも有名な川でロケーションもいいので、普段陸っぱりの餌釣りなどしないオレでも竿を出したくなる。
(本当はハゼの天ぷらが無性に食いたかった。)
ハゼ10.9.20


まだ小振りだが飽きない程度には釣れた。
そして、ベッチが初めての手長エビを釣ったところで五目達成。

手長エビ10.9.20


このほかクロダイの幼魚やクサフグなど結局7〜8目くらい釣ったけど、ルアーフィシング五目とは言えないよな。

釣果10.9.20
記事検索
livedoor プロフィール

PHOTOHITOブログパーツ

エギング
関東風景写真
爆釣速報
爆釣速報イカ
ギャラリー
  • 南三陸復興視察ツアー
  • 南三陸復興視察ツアー
  • 南三陸復興視察ツアー
  • 南三陸復興視察ツアー
  • 南三陸復興視察ツアー
  • 南三陸復興視察ツアー
Archives
  • ライブドアブログ