釣撮ダイアリー

釣りと写真と時々建築の話

GT

久米島遠征第1日(2012.7.6)3

6月中頃に風邪をひき、体調を崩したままなかなか本調子に戻らないでいた。
しかし、ベッチの以前からの強烈な誘いで、予定していた久しぶりの久米島に体調が回復しないまま行くことにした。

メンバーはいつもの3人。

今のところ人生のほとんどを釣りに捧げるベッチと釣りよりは酒と○のワッチことW氏、そして最近、ハードな釣りはそろそろ卒業かなと感じ始めた私。

ところで、ワッチも最近、原因不明の大腸からの出血で参加が危ぶまれた。
(大腸がんではないらしい・・。)
万全なのはベッチだけ。

004


羽田を早朝出発し、2時間半くらいで那覇に到着する。(写真は那覇の飛行場。)

ここで朝食を摂ったが、ワッチは出発前も搭乗中も、下りてからもビールだ、つまみだとよく飲み、よく喰う。
こいつ確か、腹の具合が悪いって言ってたはずだけど・・・。

010


那覇からは日本トランスオーシャン航空のこの小さなプロペラ機。
毎回のことだが、写真を撮りたくなる。

017


那覇から久米島までは飛行機だと30分くらいだが、飛びたつとすぐ座間味の島々が見えてくる。

019


白いビーチとライトブルーの海が実に美しい。

020


022


第1日目(7月6日)

午前11時頃に久米島空港に到着し、昼過ぎにはいつもの由奈丸で出港。
そして、初日は島廻りで主にキャスティングでGTを狙う。

032


ここで私のγに20キロオーバーのGTが派手に出た。
ルアーはGTと一緒に沈んだが、ロッドに重みが伝わって来ない。
あわせを入れることもなくGTは海中へと消えた・・・。(涙

033


その後、キャスティングしながら島を時計回りに回る。

037


陸の上では元気だったワッチ。
気がつけば船の後ろでマグロ状態に・・・。
まあ、いつものことだが、何しに久米島まで来たんだろ?

050


そして相変わらず、元気いっぱいのベッチ。
ミヨシでキャストしまくる。
しかし、答えが返ってこない。

044


陽がだいぶ西に傾いて来た頃、ようやくワッチも参加。

054

キャスティング、ジギングしながら島をほぼ一周したが誰にもヒットしない。
ただ、我々がGT狙いで浅場でキャスティングしている間、上乗りさんがインチクでヤガラやバラハタなんかを釣っていた。
狙いを変えた方が良かったかな・・・。

056


結局、3人ともノーフィッシュのまま夜8時頃帰港。
西の果ての久米島は夜の8時でもまだ明るい。

059

今回も宿は久米島別館。
食事は美味しくてボリューム満点なのだが、体調不良の私は全く食欲が無い。
腸の調子が悪いといいながらも飲み食いしてるワッチが羨ましい・・・・。

第2日目へと続く予定

GT game in PALAU (2010.10.30〜11.02)5

 
GTといえば言わずと知れたルアーフィッシングの究極のターゲットの一つである。

 私はヘビーなGTタックルを持ってボートに立ち、まだ見ぬ大物を想うとき、ある種の恐怖感を伴った緊張と期待で武者震いする。

 まるでゴングのなる前のボクサーのように。

 そして100g以上のルアーを紺碧の海に向かいフルキャストする。

パラオ海


 その爽快感が私にとってGTゲームの最大の魅力だ。



 いつもの釣り仲間と3人で3年ぶりにパラオへ行ってきた。

sunset



GTのサイズだけを求めるなら他の場所という選択枝もあったかもしれない。

しかし、パラオの魅力はそのロケーションにある。

エメラルドグリーンとコバルトブルーの海の織りなす美しい景色の中でのGTゲームが私を魅了するのだ。

3GT




続きはパラオ遠征記2010で
記事検索
livedoor プロフィール

PHOTOHITOブログパーツ

エギング
関東風景写真
爆釣速報
爆釣速報イカ
ギャラリー
  • エギング(17.3.05)
  • インターコンチネンタルバリリゾート
  • インターコンチネンタルバリリゾート
  • インターコンチネンタルバリリゾート
  • インターコンチネンタルバリリゾート
  • インターコンチネンタルバリリゾート
Archives
  • ライブドアブログ