釣撮ダイアリー

釣りと写真と時々建築の話

オフショア

久しぶりのオフショアフィッシング1

今月初め、風邪をひいて中止になってしまったオフショアフィッシング、みんなの都合を調整をして24日の土曜日に実施することになった。

僕にとっては本当に久しぶりのオフショアルアーフィッシングだ。

友人のF社長の新しいクルーザーに乗ってマグロ、カツオ、シイラなんかを狙って伊東のマリーナから出港した。

IMG_1380


数日前の天気用によると曇りということだったのに、朝の天気予報では午後からから雨の確率60%・・

どんよりと鉛のように重たそうな空の下、鳥山や潮目、漂流物を探しながら沖へ沖へとクルーザーを飛ばす。

IMG_1383


しかし、何も見つけられずに相模湾のほぼ真ん中あたりに到達したところでようやく浮き漁礁を発見。

ここで今回初めてルアーをキャスト。

時折シイラのジャンプは見られたが、活性悪くルアーを追いかけてくるような魚は皆無。



IMG_1387


深場で反応があったのでジグを沈めた同行者に小型のカンパチがヒット!

IMG_1389


結局、今回キャッチしたのはこの1匹だけ・・・

IMG_1396


その後岸寄りに戻ったけれど、雨が本降りになりお昼頃にストップフィッシング。

雨男復活か・・・(号泣)

久しぶりのオフョアフィッシング

今週末、超久しぶりでオフショアルアーフィッシングに行くことになった。

狙いはマグロ、カツオ、シイラ。

マグロ狙いの大型スピニングリールを持ち出したのだが、4年前に久米島で使って以来だ。


IMG_0970


ソルティガのドッグファイトは10年くらい前にパラオにGTフィッシング行くときに買ったものだけど、当時のスピニングリールとしては最高峰。

CANONの一眼レフカメラで言えば、5DMark兇辰討箸海蹐な・・。

IMG_0973


ラインはVARIVASアバニ キャスティングの6号が300m巻いてあったと思ったが、これも10年前に巻いたもの(大丈夫かな・・・)


IMG_0968


ルアーもかなり時代遅れかもしれない・・・

何しろ最近のオフショア用釣り具の動向についてまったく無関心だったもんで・・

IMG_0964


でも一番時代遅れなのはアングラーかもしれない・・・

タチウオジギング@東京湾(14..9.13)

先週、ベッチから釣りの誘いがあった。

なんでも東京湾でタチウオが釣れてるらしい。

しかし、東京湾のタチウオといえば、過去に2度くらい行ったけれど、あまりいい記憶がない。

あまり乗り気ではなかったんだけど、ほかにこれと言った釣りものもないので行くことにした。

しかし、直前の情報で船は3連休の初日で満員だという、おまけに潮の流れが速いのでジグは150gを用意するようにだと・・・。

お祭りが連発するんでは・・・・、そんなに深くもないのにタチウオくらいに150gのジグ使って面白いのか・・・だいいいちボクが持ってるタチウオ用のジグは100g前後のものばかりだし・・。

マイナスのイメージが膨らんでしまって当日、お腹が痛くなったことにしてドタキャンしようかとも思ったんだけど、ベッチがジグを貸してくれるというし、ドタキャンも大人げないので行くことにした。


IMG_4711


船は横浜の山下から出港。

普段、陸の上でしか見たことなかった景色を海の上から見ると新鮮に感じる。

IMG_4717


ベイブリッジの下を通過する。

IMG_4719


沖堤ではシーバスアングラーだろうか波を被りそうになりながら釣りをしてる。


ポイントは観音崎の沖合。

東京湾中から何十、いやもしかしたら100を超えてるんじゃないかと思うほどの釣り船が集まっている。

IMG_4745


開始してからポツポツ周りではタチウオが上がり始めた。

ところがボクとベッチにはなかなか来ない。

二人を素通りするようにタチウオはボク等の両側で上がっている。

やっぱり・・・・

やっちまったか・・・・・(T_T)

ジグをベッチに借りたものから自分のスロージギング用の150gのジグに変えた途端、ヒット!

周りから大幅に遅れてようやくボーズ脱出。( ´,_ゝ`)

まあまあサイズのタチウオをキャッチした。

IMG_4730


そのあと、すぐにベッチにも来た。


IMG_4731


この後、順調に数を延ばした・・・・のはベッチだけ。

IMG_4734


ボクはこの後、数匹キャッチして終わり。

IMG_4766


帰り際、釣れる気が全くしないワラサのポイントでジグをしゃくったりしたが、ベッチがタチウオを追加したくらいで何にもなかった。( p_q)エ-ン

IMG_4790


釣りが終わってから、シェフのいる実家にタチウオを届けた。

何故か流しの上には沢山のタチウオが並んでいる???

IMG_4797


シェフが作ってくれたタチウオの刺身。

IMG_4792


そして塩焼き。

脂がのっていて美味かったけど、どうもタチウオとは相性が悪い。

MAHIMAHI Fishing with Mac (14.8.24)4

今日は超久しぶりで釣りに行って来た。

それもシイラフィシング。

多分、4年ぶりくらいだと思う。

実は今、うちでマックというカナダから来た高校生のホームステイの受け入れ先をしていて、そのマックに日本の釣りを体験させてあげようと思って行ったわけ。

友達二人を誘って、江ノ島の近くの境川からボートで出港。

夏のジリジリ焼けるような太陽は雲が防いでくれて比較的釣りやすい陽気だ。

IMG_4190


出港して間もなく鳥山を見つけたけど、すぐに散ってしまって不発。

キャスティングは初めてのマックだけど、前日近くの公園の池で練習してまずまずの飛距離でルアーを飛ばす。

IMG_4194


ボートを最初、南に走らせ、それから西を目指す。

海は静かに凪いでいるけど、遠くの雲からは雨が落ちてるようだ。

潮目を探すがなかなか見つからない。


IMG_4199


沖の方はあきらめて岸よりに航路を変えた時、ブイを発見。

初めに一緒に行ったベッチにペンペンサイズが来た。

それから間もなくマックにもヒット!

IMG_4213


日本での初キャッチのシイラはペンペンサイズではあったけど、サポート役のボクとしては一安心。

この後、同じくらいのサイズを2連発して、彼も大喜び。

IMG_4218


風がやや強くなった午後はボートを烏帽子岩の内側に移してキス釣り。


IMG_4222


ここでお土産ちょっとゲットしてStop Fishing.

Way to go Mac!

カワハギング(13.11.04Sun)3

さてさて第2ラウンドはカワハギ釣りです。

釣り船は伊東港のはるひら丸。

乗合船なのだけど、客は我々3名だけ。

3人以上じゃないと出船しないということでボクが無理やり連れだされたわけです。


カワハギ-1


天気は時折薄日が射す曇り空。

写真日和とは言えないですが、釣りをするには絶好の条件に恵まれました。

最初のポイントは手石島周り。

お世話になっているT社の保養所のすぐ前あたりを流します。

カワハギ-2


ちょっと、小さ目な一枚を釣ったベッチ。

彼が釣りをしている時の集中力は素晴らしい。

この集中力を他で発揮できていたら今頃違った人生を歩んでいたかも・・・・・(>_<)。

カワハギ-3


型は20cm前後の中型が多いですが、ワッペンサイズもけっこう混ざります。

外道も多彩。(特にボクは外道が多かった・・)

ホウボウは嬉しいゲストでボクは2匹釣りました。

その他、フグの部のコンテストがあったら入賞間違いないくらいのビッグサイズのサバフグやドラグを鳴らしポンピングしないと上がってこないような斑点のある巨大フグ、エソ、チャリコ(鯛の幼魚)、そしておなじみのベラ、トラギス(これは佐島辺りに比べて少ない)等々。

カワハギ-4


結局、川奈沖から富戸あたりまで流しながらの拾い釣りでボクはキープしたカワハギが12枚。リリースしたワッペンサイズの8枚を入れるとちょうど20枚。

その他特大サイズのウマズラ(こいつには素晴らしく大きな肝が入っていた。)1枚、それにホウボウ2匹をキープしました。

ボクとしてはまあ一応納得の釣果です。

カワハギ-5


ベッチはキープサイズを22枚釣ってトップ。

キャリアも道具もボクより上なんで、まあここは顔を立てないと・・・・ということにしておきます。

ワラサフィッシング@宇佐美(13.10.29)2

今月初めに不調で中止になった初島周りのワラサ釣り、今日行ってきました。

ボクにとっては2年ぶりのワラサ釣りですが、ジギングではなくてジグの替わりにオキアミを付けて釣るオキアミングです。

平たく言うとコマセのオキアミばらまいて魚を寄せて釣るエサ釣りです。

道具は持ってないのですべてレンタル。

先週の週刊天気予報だと今日は晴れの予定だったはずなんだけど、直前の予報は午後からは雨になるらしい。

まあ、釣りは午前中いっぱいだからなんとか降られずに済むと思うけど・・・。

ワラサ釣り-1


暗いうちから出発し、朝6時からスタートフィッシング。

綺麗な日の出を期待したのだけど、空は暗くて重い雲に覆われている。

そして、予報よりも早く天候が悪化し雨が降り出した。

オレが呼んじゃったのかな・・。 やっぱり「嵐を呼ぶ男」か・・(>_<)。

雨は時々強く降り、気温も低い。

寒い・・・・、気持ち悪い・・・船酔いしたか・・・・釣れない・・・・・。

ボキッ・・・こっ、心が折れる音が聞こえた。


ワラサ釣り-2


船の反対側の様子を見に行くとN君が大物と格闘していた。

ワラサ釣り-3


90cm近いワラサをキャッチ!

ワラサ釣り-5


結局、N君はこのワラサを含め2匹ゲット。

知らない間に同じくらいのワラサをし2匹ゲットしたS木さんと並んで二人がトップ賞。


自分の釣り座に戻り再開し、ふと竿先を見るとグラスファイバーの竿先が折れていた。

さっきのボキッと折れた音は心じゃなくて竿が折れた音だったみたい。(>_<)

ボクの扱い方が悪かったのか竿が悪かったのかは分からないが、竿先なしのまま続けていると何かがヒット!

合わせを入れて巻き上げようとしたらラインが折れたグラスファイバーの竿先に挟まって切れてしまった・・・。

しかし、幸いラインは挟まったまま無事だったので手で手繰った。

魚の引きを味わうことなく上がったのは鯛だった。

ワラサ釣り-4


終了間際にようやく釣れた全長35cmの小ぶりの鯛。

鯛なんて釣ったのは久しぶりだけど、ちょっと感動が薄い釣れ方だった。(苦笑)

ワラサ釣り-6


結局、この鯛1匹で終わってしまったけれど、釣りができたことだけでも感謝かな・・・。

「嵐を呼ぶ男」復活???

実は明日、釣りに行く予定だった。

今がシーズンの初島周りのワラサ釣りに誘われていたのだ。

ところが、今朝、中止の連絡が入った。

台風の影響が出るのは未だ早いから大丈夫だと思っていたのに・・・・「嵐を呼ぶ男」の汚名は続いてしまうのか?

真相は、先月末からずっと好調だった初島周りのワラサが数日前からパタッと釣れなくなってしまったようで、船長から中止にしたらとの提案があったようだ。


とりあえず、ボクが嵐を呼んで中止になった訳ではないという事実が判明したが、すっきりしない。

ボクが何かしようとすると抵抗勢力がいて邪魔をするようだ。

カミさん孝行はしたばかりだし・・・・、抵抗勢力は誰だ・・・・・???



船窓-1

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/500
Av(絞り数値) 8.0
ISO感度 100
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM



写真は初島航路の連絡船の船底の客室の窓から撮った景色です。
ガラスに着いた塩がソフトフィルター効果のようになりました。
毎年秋になるとこの辺りにワラサが回遊してきて沢山の釣船で賑わいます。
餌釣りはあまりやらないボクですが、このワラサ釣りは秋の恒例行事になっていたのですが・・・・。


船窓-2

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/2500
Av(絞り数値) 4.0
ISO感度 100
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM

ワラサ(11.10.04 tue)2

人には運がいい人と悪い人がいる。

釣りの場合、連日、爆釣が続いている時でも突然釣れなくなる日がある。

そんな時を狙いすましたように釣りに行くが運の悪い人の典型だ。


ここんとこずっと好調の網代沖のワラサ。

富士山11.10.04


T社のS木氏に誘われ仲間二人を連れていってきた。

初島11.10.04


ところが、オレ達が行った時はどん底だった。

結果は好調の谷間の時に行ってしまった実に運の悪い人達7人で合計3本。

運の悪いなかでもなんとか幸運に恵まれた3人が1本ずつキャッチした。

天国から降りてきた蜘蛛の糸を手繰って地獄から脱出できた3人。

そのうちの一人がオレだった。

ワラサ11.10.04


そして、海の中に降りてきた釣糸の先の餌に食いついて釣りあげられてしまったもっとも運が悪かった3本のワラサのうちの1匹が上の写真。


シイラフィッシング(11.8.08)5

今年の相模湾はシイラが絶好調らしい。マグロも釣れ始めたようだ。
どっちにしようか迷ったが、ギャンブラーになりきれない俺達は手堅くシイラを選択。

混んでる休日の乗合船は敬遠し、月曜日に茅ヶ崎の沖右衛門で今年初のシイラ釣りに行ってきた。

出港11.8.08


早朝江ノ島の向こうから昇る太陽を見ながら沖を目指す。

ミヨシ11.8.08


乗船者はオレとベッチの他一人の合計3人だけの貸し切り状態。
ミヨシに立って潮目や浮遊物を探す。
3人だけだからサボれない。

最初のポイントで早くもメーター前後のシイラが一時入れ食いになった。
噂に違わず本当に今年は魚影が濃い。
釣っても釣ってもシイラがわいてくる。

シイラ11.8.08a


写真を撮るのもめんどくさいがとりあえず途中で1枚。


シイラ11.8.08b


上の写真の直後にベッチがキャッチしたシイラ。


シイラ11.8.08d


写真のシイラは深く潜ってなかなか浮いてこなかった。(写真は沖右衛門のHPから拝借)


シイラ11.8.08c


そしてキャッチ。


この後、このポイントを離れ、潮目を探しながらふらつきシイラを拾い釣りする。
途中、マグロ(?)の鳥山にも遭遇したがここではノーキャッチ。

結局、3人とも10っぴき以上のシイラをキャッチ。ヒット数は倍くらい。

久しぶりに心地よい筋肉痛を味わうことができた。







寒ビラメ(11.3.05)1

2月下旬から3月初めにかけては週末の伊豆方面は川津桜のシーズンで道路は渋滞する。
堤防はヤリイカねらいの人達で混雑するし・・・・。

そんなこんなで二の足を踏んでいたらベッチから外房の大原にヒラメを釣りに行かないかと誘われた。

外房といえば、アクアラインで渡ってまた山越えた所、
餌釣りのヒラメはやったことないし、当然道具も持ってない。

ちょっと躊躇したが、道具は貸してくれるということで、たまには違った釣りを経験してみるのもいいかなというのと、
今の時期はいわゆる寒ビラメ、食味にひかれて結局バイトした。

出船は早朝5時ということで前日の夜中、現地到着。
まだ暗いうちに出船。

ポイントは港から30分くらいの所。
天気は快晴、外房にしては波も比較的穏やかなまずまずの釣り日和。

餌のイワシをつけ、20mくらいの海底に沈め、竿先に神経を集中し、当たりを待つ。

大原11.3.05


じっと待つ・・・・・・

ひたすら待つ・・・・・・・

いつまでも待〜つ〜・・・・・・


オジサンしかわからない歌を口ずさんでいるうち沖上がりとなった。


ところが最後の最後に思わぬ結末が待っていた。

それが下の写真。

ヒラメ11.3.05


目的の半分は達成できた。

ありがとう、上乗りさん。




記事検索
livedoor プロフィール

PHOTOHITOブログパーツ

エギング
関東風景写真
爆釣速報
爆釣速報イカ
ギャラリー
  • 白駒池の原生林
  • 白駒池の原生林
  • 白駒池の原生林
  • 白駒池の原生林
  • 女神湖
  • 女神湖
Archives
  • ライブドアブログ