釣撮ダイアリー

釣りと写真と時々建築の話

釣り

エギング(17.3.05)1

河津桜のピークも過ぎた昨日の日曜日、超久しぶりに一人で伊豆にエギングに行ってきた。

ギャフ係が不在なために大物がかかったらどうしよう・・なんて心配は全然不要だった(苦笑)


20170305_062506261_iOS


ボーズ街道まっしぐら(号泣)

四十九日&釣り

先日、義理の母が亡くなった。

3年ほど前に脳内出血で倒れてから回復することなくあの世へ旅立った。

ほんとに今年はなんて年だろう・・・・


告別式の日、僕が車で住職を乗せていくことになった。

火葬場への道すがら、不謹慎とは思いつつも四十九日の間は釣りのような殺生はしない方がいいですよね?

って聞いてみた。

すると、

「関西方面とかはそういう風習があるようだけど、こちらではそんな気にする人は少ないですよ。

通夜振舞いだって精進料理じゃなくて寿司を出すじゃないですか。」

釣りに行っちゃおうかな・・・・


IMG_0351


カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/125
Av(絞り数値) 10.0
露出補正 0
ISO感度 100
レンズ EF16-35mm f/4L IS USM



写真は記事とは関係ないけど、昨日カミさんと立ち寄った立石海岸。

フィルターも三脚も用意してなかったので手持ち撮影。

釣りガール

先日、大磯で写真を撮っている時、近くで一組のカップルがルアーフィッシングをしていた。

カメラ女子ほどではないけれど、最近釣りガールもよく見かける。

ところが未だかつてキャストが上手い釣りガールを見たことが無い。

この時も恰好はライフジャケットを装着しウェーダーを履いてたりと一端のアングラーだったのだが、キャストは飛距離は出ないは方角もあっちこっちに飛ばしたりとめちゃくちゃ。

とても魚が釣れるような雰囲気はない。


IMG_7594


カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 0.8
Av(絞り数値) 14
ISO感度 100
レンズ EF16-35mm f/4L IS USM



うちのカミさんにも以前、一緒に釣りに行ってキャストを教えたことがあったけど、運動神経のいい彼女でもキャストは下手だった。

どうも女性はルアーをキャストするということが苦手のようだ。


IMG_7619


カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1.6
Av(絞り数値) 11
ISO感度 100
レンズ EF16-35mm f/4L IS USM


以前、女性を連れプレジャーボートでシーラを釣りに行ったことがあった。

やはりキャストが上手くできず僕が船の上で彼女にキャストの仕方を教えることになった。

その時、剣道の経験があるという彼女に竹刀を「面ッ!」って感じで振り下ろすようにキャストしてみて・・ってレクチャーした。

すると彼女、気合を入れて大きな声をだして「面ッ〜!!」

僕が貸してあげたロッドを思い切り船べりにたたきつけた。

バキッといって飛んで行ったのはルアーではなくて折れた竿先だった・・・・(大泣)

エギング(15.11.28,29)3

今年も残すことほぼ1ヶ月。

年内に終わらせねばならない仕事が逼迫している。

しかし、今は秋のエギング最盛期。

そろそろキロクラスのアオリイカも釣れるだろう。

今行かなきゃ来春まで待たなきゃならない・・・ってことでベッチと一泊で今年最後のエギングに行ってきた。

ポイントに選んだ土曜の人気堤防も夕方になると幾分空いてきてなんとか思い通りの所に入ることができた。

未だ明るいうちはシャクっていてもイマイチモチベーションが上がらなかったが、日が暮れて暗くなるにつれ、モチベーションも比例して上がって来る。

気温は低いが風もうねりも無く海は静かだ。

そして完全に暗くなった頃、ガツンと来た!

グイグイ竿先が引き込まれる。

超久しぶりの手ごたえ。

アオリ1


ベッチにギャフ入れしてもらい、キャッチしたのは1キロ前後のアオリイカ。

時合が到来したかと思ったが、この後が続かなかった。

黙々としゃくり続けて2時間くらい経った頃、イカがエギを掴みような感触を感じた。

一呼吸おいてしゃくると、乗った!

今度もいいサイズのようだ。

近くまで寄せてくる。

ジェット噴射を繰り返し、竿を引き込む。

また、ベッチにギャフ入れしてもらいキャッチ!

先ほどより少し型がいい。

アオリ2


今回の目的の一つは釣ったイカをイカに芸術的に撮影するかということ。

本当は星空をバックに撮りたかったのだが、画角的に難しく、遠くの街灯りをいれてみた。

アオリ3


キロサイズを2ハイキャッチしてこの時点で僕的にはかなり満足したのだが、ベッチにはまだ当たりさえない。

KYでない僕は3バイめをキャッチしてしまうのが躊躇われる雰囲気になってきた・・・・

と思っていたら、ようやくベッチにもヒット!

久しぶりのギャフ係を託されて少し緊張して待っていたが、なかなか寄ってこない。

根がかりだった・・・・

夜の部は、これを最後に一旦休憩。

そして翌日、月が空の高い所に上がり、海は鏡を砕いて散りばめたように粉々になって月を写している。

緩いフォローの風に乗ってエギが闇に吸い込まれる。

しかし、なかなか熱いあの瞬間が来ない・・・

結局、僕が小タコ 1、ベッチがリリースサイズのアオリイカ2ハイで朝を迎えることになった。

夜明け

サンドウォーカー

湘南のサーフで写真を撮っているとシーバス狙いのアングラーをよく見かける。

広大なサーフでシーバスを追い求め、波打ち際を歩き続け、ちょっとした地形や潮の流れの変化を探してはルアーを投げ入れる。

彼らは砂の上を延々と歩き続けるサンドウォーカーだ。


アングラー1

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/4
Av(絞り数値) 10
ISO感度 100
レンズ EF16-35mm f/4L IS USM


ちなみに僕が以前、シーバスフィッシングをやっていたころは相模川がメインでサーフではあまりやったことが無かった。

広大なサーフはポイントが絞りづらい→釣れない・・ってパターンになっちゃって自然と足が遠のいた。

かなり確率が低いゲームなのだろうが、それだけに釣れた時の喜びが大きいんだろな・・・


アングラー2

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 0.3
Av(絞り数値) 9.0
ISO感度 200
レンズ EF16-35mm f/4L IS USM

カワハギ(15.11.07)4

昨日、久しぶりにカワハギ釣りに行ってきた。

秋が深まるにつれ肝が大きくなるカワハギは食欲の秋にはぴったりの釣り物だ。

僕にとってカワハギ釣りはほぼ1年半ぶり。

今回はいつもの伊豆ではなくて横須賀は長井の漆原港の青木丸でのカワハギフィッシング。

午前6時に集合して日の出とともに出船する。

カワハギ1


実は今回は数年前から誘われていながらなかなか実現しなかった撮庵&釣庵さんとのコラボ。

マグロやカワハギ釣りに誘われても都合が合わなかったり、僕が参加するっていうと台風が来たりして中止になっりしたことが何度もあった。

一時は「嵐を呼ぶ男」とかあまりありがたくない称号もいただいたが、この日は鰯雲が空に広がる秋空で事前の天気予報よりもいい、釣りをするには快適な陽気だった。


カワハギ2


開始早々からポツポツヒットしたが、ワッペンサイズが続く。

一緒に参加したベッチのカワハギを大きく見せようと目いっぱい寄って撮ったのだが・・・バレバレ

カワハギ3


決してベッチの手が巨大なわけではありません。(笑)

時折、20cmオーバーも混ざるが伊豆に比べるとアベレージが小さい。

この辺りは以前よりカワハギを狙う船が増えたそうだ。

学習した大きなカワハギはセレクティブになってなかなか簡単には釣れてくれなくなったってことかな・・・

カワハギ4


今回はカワハギ以外にアオリイカ狙いの人もいたが、こちらも状況は厳しいようだった。

しかし、釣果はともかく、この日の海は終日穏やかで久しぶりに沖に出た僕の心を癒してくれた。

いいんだか悪いんだか分からないが、最近は以前のような貪欲さが無くなって、自然の中で釣りをできることだけで満足してしまう。

カワハギ5


結局下の写真が僕とベッチがキープしたカワハギ。

大自然の恵みに感謝 !!

カワハギ6

馬入河口の列柱

以前にも何度か撮った馬入川の河口にある防波堤の列柱。

シーバスや黒鯛釣りで人気のポイントだが、写真の被写体としてもすごく魅力がある。

露出をオーバー気味にしてハイキーな写真にしてみた。

馬入1

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 30
Av(絞り数値) 18
ISO感度 100
レンズ EF16-35mm f/4L IS USM


下は列柱に陽があたった時。


馬入2

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 30
Av(絞り数値) 13
ISO感度 100
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM


ここは写真の手前がコンクリートの堤防になっていて、何人かのシーバスアングラーと黒鯛釣り師がいた。

僕がいる間は誰も釣れてなかったけど、シーバスは日が暮れてからかな。

今度行くときはシーバスロッドも持って行くか・・・

エギング後半戦スタート(15.9.04)2

10月といえば、伊東周辺の漁港でのアオリイカ釣りが解禁となる。

エギング後半戦のスタートだ。

今年もベッチと二人で出かけてきた。

現場には夕方前に到着。

今の季節は日が暮れてからが勝負だ。


富戸1


昼間は風もなく、暑いくらいだったのだが、夕方が近づくにつれ風が出てきた。

しかもアゲインストの風だ。

でも、そんな中ベッチに一発目が来た。

今の時期らしいサイズ。

富戸3


そして、辺り完全に暗くなった頃、ようやく僕にも似たようなサイズが来た。

サイズはともかく、最初の1パイは素直に嬉しい。

富戸4


しかし、ようやくこれからって頃になって風がますます強くなってきた。

エギの飛距離が落ちるにつれ僕たちのモチベーションも低下して満たされないままのストップフィッシングとなってしまった。

イサギング(15.7.04)

今日はS木さんに誘われ、ベッチと伊豆の外浦港からイサキ釣りに行ってきた。

集合がAM5:30ということで前夜のうちから断続的に大雨が降る135号線を南下し、外浦港で車中泊。

翌朝は綺麗な朝焼けは見れなかったけど、昨夜の雨は降り止み、曇り空。

外浦1


釣りには暑くもなく、寒くもないちょうどよい天気なのだが、朝焼けを期待して早起きしたボクとしてはちょっと残念。

外浦2


実はイサキ釣りと言えば数年ぶり。

過去にあまりいい記憶がない。

外浦3


今回も前日に比べ水温が3℃下がったということで食いが渋い。

おまけに最初のうちは久しぶりのコマセ釣りの仕掛けに悪戦苦闘・・・・。

外浦4


そんなこんなで前半は渋くて心が折れそうになったけれど、後半は徐々に食いが立ってきた。

前にイサキを釣った時よりも数は上がったがサイズはイマイチな感じ。

しかし、そういう時でも持ってるやつは釣る・・・。

真鯛1


2キロくらいの真鯛をベッチがキャッチした。

真鯛2



終わってみれば、メジナ、ウマズラなども混じり十分な数のイサキもゲットできた。

クーラーはベッチのですけど・・・・

この後、残業してエギング・・・って思ってタックルは用意してきたのだけれど、そこまでの気力、体力残ってませんでした(>_<)

曇天の馬入河口

今週末、久しぶりに写真を撮りに行こうと思ったら、曇り空。

最近は綺麗な夕焼け見れていない・・・。


昨日は以前から撮りたいと思っていた馬入の河口にロケに行ってきた。


馬入1

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 30
Av(絞り数値) 16
ISO感度 100
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM


ここはシーバスフィッシングの有名ポイント。

しかし、ここで釣りをしていたのは黒鯛釣り師。

シーバスアングラーよりは動きが少なくて写真撮るにはありがたい。

馬入2

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 30
Av(絞り数値) 11
ISO感度 200
レンズ EF17-40mm f/4L USM


それにしても最近撮る海の写真はみんな曇り空・・・・。

条件のいい時にまた来よう。
記事検索
livedoor プロフィール

PHOTOHITOブログパーツ

エギング
関東風景写真
爆釣速報
爆釣速報イカ
ギャラリー
  • エギング(17.3.05)
  • インターコンチネンタルバリリゾート
  • インターコンチネンタルバリリゾート
  • インターコンチネンタルバリリゾート
  • インターコンチネンタルバリリゾート
  • インターコンチネンタルバリリゾート
Archives
  • ライブドアブログ