釣撮ダイアリー

釣りと写真と時々建築の話

釣り

ヒラメ釣1

2月16,17日と外房は御宿の明栄丸にベッチに誘われてヒラメ釣りに行ってきた。

外房での釣と言えば、僕にとっては悪夢のような思いでしかない所なのだが、極間の中ボーズを食らった前回のヒラメ釣りももう8年も前のことだ。

それだけ経ってしまうと辛かった記憶も大分薄れてしまって、ベッチの誘いに乗って運転手兼お財布係として同行した。


前日から現地に乗り込んで夜、近くの港でアジングするもフグにワームをかじられただけ・・

DSC02562


そして、夜の星がまだ元気に瞬いているころから出港、極間の中釣を始めた。

前回より活性が高いようで廻りではポツポツ良型のヒラメをキャッチしていた。

ベッチもまあまあサイズをキャッチ。

しかし、オレには何の当りもない・・・

結局、心身ともに冷え切って我慢の限界に達した頃に終了。

DSC02567


2枚良型を上げたベッチから1枚おすそ分けをもらった・・・・

ハワイ旅行8(19.1.10フィッシング)

実は今回も釣り道具を持って行きました。

目の前が海と分かっていて釣り道具持って行かないという選択はないのです。

DSC02111


4日目はカメラ機材とコンパクトロッドを持ってホテルの前の石積堤防へ行ってルアーをキャストした。

この時期、太陽はダイヤモンドヘッドの左側から7時頃に上ってくる。

DSC02128


かなりシャローなのでGIGUを遠投して表層を引いてきた。

すると1投目からヒット!
(といってもただちょっと重くなっただけ・・)

IMG_1338


キャッチしたのは20cmちょっとのエソだった。

幸先いいのか悪いのかわからない・・

1時間くらいしかやらなかったけど、その後は、ルアーチェンジを繰り返したりしたけど、あたり無しでフィニッシュ。

DSC02134


事前の情報だとアラワイ運河辺りでバラクーダとかメッキだとかが釣れるということは分かっていたが、ちょっと遠い(といってもホテルから歩いて15分くらい)のでめんどっちいので行かなかった。

ということで今回は(も)釣りの方は不発です。

DSC02136


以下、部屋に戻って望遠レンズで撮った写真です。

DSC02149


DSC02151


DSC02152



伊東会釣り大会1

先週の日曜日、伊東会(伊東のマリーナに船を係留している人達の会)の釣り大会に誘われて参加してきた。

当日の早朝、日の出前の川奈の海を撮影。

IMG_4121


釣り大会は5艇のエントリー。

青物、根魚等の部門に分かれて競う。

釣り方は何でもあり。

IMG_4159


7時半頃マリーナを出港。

IMG_4178


天気はいいのだが、意外に海の状況は悪く最初初島廻りでジギングで青物、根魚を狙ってみたが、気配がない。

IMG_4198


鳥が散らばって飛んでいるので仕方なくトローリングでカツオを狙ってみたがなかなかあたりが無い。

諦めかけたころ、手石島近くでヒット!

したのだけど、バラしちまった。。


IMG_4217


モチベーションも低下して早上がり。

結局、何の釣果もないまま、他の船が釣ったカツオの刺身をご馳走していただいて終了・・(TДT)

伊豆釣撮紀行(18.9.8,9)

先週の土曜日、ふと思い立って午後から西伊豆へカミさん連れてサンセットの写真を撮りに行って来た。

まづ、黄金崎に行った。

IMG_3658


当初はここで夕陽を撮ろうと思ったのだけど、まだ午後4時ころ。

日没まではまだ、2時間近く待たなきゃならない。

IMG_3673-HDR


というわけで、日本一夕陽が綺麗だといわれる田子海岸へ。

IMG_3689-2


ところが、ご覧のように水平線は分厚い雲に覆われている。

IMG_3700


早々にここでのサンセットをあきらめ更に南下。

次に堂ヶ島でのサンセットを狙おうとしたがここでも水平線は雲に覆われている。

さらに時間が経つにつれ雲は厚みを増し、空から雨が落ちだし、ついにこの日のサンセットの撮影を断念。


IMG_3712-HDR


そして、東伊豆の伊東まで北上し、伊豆高原のエクシブに一泊。

翌早朝、写真より釣りを優先して川奈の堤防でショアジギ。

しかし、、海はべたなぎ。

静かすぎて生命感が感じられない。

IMG_3729


1時間ほど、ジグを投げたけど、なんのあたりもなくストップフィッシング。

IMG_3737


う〜ん・・

竿を出しても結果が得られない状況が続く・・

IMG_3742

ハワイ島オカッパリ釣り事情5

今回の旅行の主目的は観光であって、カミさんと異文化体験をし、美味しいもの食べたりのんびり過ごすことなのだけど、やはり釣り師としては海のそばに来て釣りをしないわけにはいかない。

ということで、事前にどこで何が釣れるかネットでリサーチした。

ところが、オアフ島の情報はあるのだが、ハワイ島でのオカッパリフィッシングの情報が無い。

家族旅行のついでだから、ヘビータックルを持って行くわけにはいかないので、今回のターゲットはホノルルあたりで釣れているメッキやバラクーダのこどもを想定したタックルを持って行くことにした。

ロッドはトランクに入るように仕舞い寸法52cmのダイワ ロッド モバイルパック 806TMSを購入。

リールはステラの3000番、PE1.5号にリーダー20lb。

ルアーは10cm前後のトップから中層まで探れるものを用意した。

これならメッキよりもう少し大型の魚にも対応できるだろう。

到着した日に、ホテル(キングカメハメハホテル)の近くのカイルア桟橋に行ってリサーチ。

IMG_0499


アジのような魚を干物にしていた。

地元の餌釣りの人が30cmくらいのサヨリを釣っていた。

サイトで面白いように釣れている。

IMG_0500


夕方も見に行ったけれど、ルアーを投げている人はいないようだ。


IMG_0584



IMG_0598


翌朝、ハワイ島一周のツアーの前に写真を撮りながら桟橋に行って見た。

前日とは違って地元のアングラーのタックルはヘビーで、ルアーを投げている人もいた。

餌釣りはライブベイトを使った釣りで、メーターオーバーのダツを釣り上げていた。

IMG_0676


ルアーの女性アングラーが何かをヒットさせた!

ロッドが大きく曲がり、取り込みに苦労している。

かなり大物のようだ。

パートナーの日系人みたいな男性にネットインしてもらってキャッチしたのは60cmくらいのカスミアジだった。

IMG_0685


この家族(?)あとで分かったことだけど、毎朝来ている常連の地元アングラーだ。

しかし、僕が準備したタックルでこんなの上がるかな・・・

IMG_0690


その翌朝、マウナケアのツアーは午後なので明るくなり始める朝6時半頃に桟橋に行ってみた。

すでに桟橋の先端には前日と同じ地元の常連が並んでいる。

やはり先端から沖を狙うのがよさそうだけど、間に割って入る訳にもいかないので、桟橋の先端より手前からカイルアベイに向かってルアーを投げることにした。

先ずチョイスしたのは飛距離が欲しかったのでGIGU100.。

トップを引いてくる。

すると1投目から何かのチェイスがあった。

海面がざわついている。

活性が高い。

数投目でヒット!

しかし、すぐにラインブレーク。

リーダーが切られた。

歯の鋭い魚のようだ。

前日に見たダツかバラクーダに違いない。

またGIGUを付けて数投目、ヒット〜!!

グイグイロッドが絞り込まれる。

魚がジャンプした。

やはりダツだ。

何度かのジャンプを交わしながら、数十センチの高さの桟橋にずり上げ無事キャッチ!


IMG_0889


ダツとはいえメーターオーバーをシーバスタックルで釣るっていうとかなり楽しい。

日本じゃこんなサイズのダツはいないだろうし、何より海外のおカッパリで釣れたというのが嬉しい(⌒∇⌒)

この後、何度かあたりはあったのだけど、キャッチには至らず朝食前の1時間くらいを楽しんでストップフィッシング。

IMG_0893


そして、また翌朝。

前日より少し早めの6時過ぎに桟橋に到着。

先端にはやはり地元の常連がいたので前日と同じ場所で始めた。

前日より渋めだったが、ベイトが何かに追われて跳ねだした直後、フローティングミノーにヒット!

ドラグを気持ちよく滑らしてくれたのはやはり前日と同じくらいのダツだ。

何度かジャンプをかわしたけれど、取り込み直前にばれてしまった。

この日も朝食までの1時間半くらいの釣りだったけれど、十分楽しむことができた。

------------------------------------------------------------------------

この桟橋では他に1メートルくらいのバラクーダ、60cmくらいのツムブリが上がったのを見ました。

ハワイ島に観光に行く予定がある釣り好きはトランクにパックロッドを忍ばせていくことをお勧めします。

日本では考えられないような大物がお手軽フィッシングで釣れちゃうかもしれませよ( ̄ー ̄)ニヤリッ







エギング(17.3.05)1

河津桜のピークも過ぎた昨日の日曜日、超久しぶりに一人で伊豆にエギングに行ってきた。

ギャフ係が不在なために大物がかかったらどうしよう・・なんて心配は全然不要だった(苦笑)


20170305_062506261_iOS


ボーズ街道まっしぐら(号泣)

四十九日&釣り

先日、義理の母が亡くなった。

3年ほど前に脳内出血で倒れてから回復することなくあの世へ旅立った。

ほんとに今年はなんて年だろう・・・・


告別式の日、僕が車で住職を乗せていくことになった。

火葬場への道すがら、不謹慎とは思いつつも四十九日の間は釣りのような殺生はしない方がいいですよね?

って聞いてみた。

すると、

「関西方面とかはそういう風習があるようだけど、こちらではそんな気にする人は少ないですよ。

通夜振舞いだって精進料理じゃなくて寿司を出すじゃないですか。」

釣りに行っちゃおうかな・・・・


IMG_0351


カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/125
Av(絞り数値) 10.0
露出補正 0
ISO感度 100
レンズ EF16-35mm f/4L IS USM



写真は記事とは関係ないけど、昨日カミさんと立ち寄った立石海岸。

フィルターも三脚も用意してなかったので手持ち撮影。

釣りガール

先日、大磯で写真を撮っている時、近くで一組のカップルがルアーフィッシングをしていた。

カメラ女子ほどではないけれど、最近釣りガールもよく見かける。

ところが未だかつてキャストが上手い釣りガールを見たことが無い。

この時も恰好はライフジャケットを装着しウェーダーを履いてたりと一端のアングラーだったのだが、キャストは飛距離は出ないは方角もあっちこっちに飛ばしたりとめちゃくちゃ。

とても魚が釣れるような雰囲気はない。


IMG_7594


カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 0.8
Av(絞り数値) 14
ISO感度 100
レンズ EF16-35mm f/4L IS USM



うちのカミさんにも以前、一緒に釣りに行ってキャストを教えたことがあったけど、運動神経のいい彼女でもキャストは下手だった。

どうも女性はルアーをキャストするということが苦手のようだ。


IMG_7619


カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1.6
Av(絞り数値) 11
ISO感度 100
レンズ EF16-35mm f/4L IS USM


以前、女性を連れプレジャーボートでシーラを釣りに行ったことがあった。

やはりキャストが上手くできず僕が船の上で彼女にキャストの仕方を教えることになった。

その時、剣道の経験があるという彼女に竹刀を「面ッ!」って感じで振り下ろすようにキャストしてみて・・ってレクチャーした。

すると彼女、気合を入れて大きな声をだして「面ッ〜!!」

僕が貸してあげたロッドを思い切り船べりにたたきつけた。

バキッといって飛んで行ったのはルアーではなくて折れた竿先だった・・・・(大泣)

エギング(15.11.28,29)3

今年も残すことほぼ1ヶ月。

年内に終わらせねばならない仕事が逼迫している。

しかし、今は秋のエギング最盛期。

そろそろキロクラスのアオリイカも釣れるだろう。

今行かなきゃ来春まで待たなきゃならない・・・ってことでベッチと一泊で今年最後のエギングに行ってきた。

ポイントに選んだ土曜の人気堤防も夕方になると幾分空いてきてなんとか思い通りの所に入ることができた。

未だ明るいうちはシャクっていてもイマイチモチベーションが上がらなかったが、日が暮れて暗くなるにつれ、モチベーションも比例して上がって来る。

気温は低いが風もうねりも無く海は静かだ。

そして完全に暗くなった頃、ガツンと来た!

グイグイ竿先が引き込まれる。

超久しぶりの手ごたえ。

アオリ1


ベッチにギャフ入れしてもらい、キャッチしたのは1キロ前後のアオリイカ。

時合が到来したかと思ったが、この後が続かなかった。

黙々としゃくり続けて2時間くらい経った頃、イカがエギを掴みような感触を感じた。

一呼吸おいてしゃくると、乗った!

今度もいいサイズのようだ。

近くまで寄せてくる。

ジェット噴射を繰り返し、竿を引き込む。

また、ベッチにギャフ入れしてもらいキャッチ!

先ほどより少し型がいい。

アオリ2


今回の目的の一つは釣ったイカをイカに芸術的に撮影するかということ。

本当は星空をバックに撮りたかったのだが、画角的に難しく、遠くの街灯りをいれてみた。

アオリ3


キロサイズを2ハイキャッチしてこの時点で僕的にはかなり満足したのだが、ベッチにはまだ当たりさえない。

KYでない僕は3バイめをキャッチしてしまうのが躊躇われる雰囲気になってきた・・・・

と思っていたら、ようやくベッチにもヒット!

久しぶりのギャフ係を託されて少し緊張して待っていたが、なかなか寄ってこない。

根がかりだった・・・・

夜の部は、これを最後に一旦休憩。

そして翌日、月が空の高い所に上がり、海は鏡を砕いて散りばめたように粉々になって月を写している。

緩いフォローの風に乗ってエギが闇に吸い込まれる。

しかし、なかなか熱いあの瞬間が来ない・・・

結局、僕が小タコ 1、ベッチがリリースサイズのアオリイカ2ハイで朝を迎えることになった。

夜明け

サンドウォーカー

湘南のサーフで写真を撮っているとシーバス狙いのアングラーをよく見かける。

広大なサーフでシーバスを追い求め、波打ち際を歩き続け、ちょっとした地形や潮の流れの変化を探してはルアーを投げ入れる。

彼らは砂の上を延々と歩き続けるサンドウォーカーだ。


アングラー1

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/4
Av(絞り数値) 10
ISO感度 100
レンズ EF16-35mm f/4L IS USM


ちなみに僕が以前、シーバスフィッシングをやっていたころは相模川がメインでサーフではあまりやったことが無かった。

広大なサーフはポイントが絞りづらい→釣れない・・ってパターンになっちゃって自然と足が遠のいた。

かなり確率が低いゲームなのだろうが、それだけに釣れた時の喜びが大きいんだろな・・・


アングラー2

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 0.3
Av(絞り数値) 9.0
ISO感度 200
レンズ EF16-35mm f/4L IS USM
記事検索
プロフィール

パーチ

PHOTOHITOブログパーツ

エギング
関東風景写真
爆釣速報
爆釣速報イカ
ギャラリー
  • エギング(19.11.04)
  • エギング(19.11.04)
  • エギング(19.11.04)
  • アイフォーン11で撮った金沢の名現代建築
  • アイフォーン11で撮った金沢の名現代建築
  • アイフォーン11で撮った金沢の名現代建築
Archives
  • ライブドアブログ