事務所の内装を模様替えした。

応接コーナーを写真を展示するミニギャラリーのような設えとした。

写真のバックとなる壁の材料を何にするかあれこれ考えた。

本来であれば、EP塗装のようなマットな白い壁がいいのだろうけど、面白くないので若手の意見を採り入れて自然素材のハーベストパネル(むぎわらパネル)というものを使ってみた。

ただ、この材料はそのまま使うと自己主張が強すぎるのでそれを和らげるため、植物油自然塗料のオスモ(白色)の拭き取り仕上げとしてみた。

IMG_0394


肌色っぽい柔らかな表情にできて僕的には気に入っている。

それから応接セットを製作したのだが、こちらはペーパーウッド合板を使用した。

ペーパーウッド合板は小口が綺麗な合板でそれを活かすようなデザインにした。

IMG_0382


テーブルの天板はステンレスt=1.0のバイブレーション仕上。

バイブレーション仕上げはヘアライン仕上ほどの鋭さは無いが、木の柔らかさとはコントラストを付けたかったので採用してみた。

模様替えするというのは物理的なスペックの向上ということもあるけど、何より気分が一新できる。

仕事に対するモチベーションを上げられそうだ (^o^)v