紀伊国屋書店が村上春樹氏の新刊本を買い占めして独占販売するようだ。

amazon等のネット書店に対抗するための措置のようだが、これってどうなの?

消費者にとっては本を買う方法が制限されて不便になるというだけでメリットは何も無い。

ネット書店に対する苦肉の策なのだろうがこんな時代錯誤の戦略が消費者の支持を得られると思ってんだろか・・


book1


僕が本を買う時は専門書はネット書店で、それ以外はリアル書店で買う場合が多い。

リアル書店で買う理由は本を選ぶ楽しみを味わえるからっていうのと、図書カードやクオカードで買えるからということだ。

僕の場合、プレゼントや記念に図書カードなどをもらう場合が多い。

book2


ネットとリアルお互い競争するのはいいことだけど、消費者にメリットがあるような方法を考えて競争してもらいたいって思う。