軽井沢アートミュージアムを後にして次に向かったのは千住博美術館。

パブリックアートで有名な(といっても僕はそれまでよく知らなかった・・・)千住博氏の作品を展示した美術館だ。

氏の作品は現代的な日本画で滝をモチーフにした絵が多い。

そしてこの建物の設計は建築界のノーベル賞とも言われるプリツカー賞を受賞したSANAAの一人、西沢立衛氏によるもの。


この建物は色んな部分で美術館としての既成概念を覆すような設計になっている。

まず外壁は美術館には珍しい全面ガラス張り。

通常は展示作品への影響を考慮して外の光はなるべく入れないような設計にする場合が多いのだが、この建物の場合、外壁を全面透明ガラスとし、内側のロールスクリーンで内部への視線を遮断している。

これは外から直接作品を鑑賞させないようにするというのと、スクリーンを透過した柔らかな光が内部で拡散する効果を狙ったものだと思う。

軽井沢3


内部は写真撮影が禁止されていたため、写真は無いのだけれど、素敵な空間だった。

エントランスから入ると元の地形を生かしたというなだらかな起伏のある傾斜した床が奥に向かって下っている。

そして天井は床の傾斜とは無関係に緩やかな曲面を形成している。

所々に、曲面ガラスで囲まれた光庭があり、中の植栽が目を楽しませてくれる。

外壁がガラスだから絵を展示する壁が比較的少ないのだけど、構造的要素にもなっていると思われる壁がランダムに配置されていてそこに作品が展示されている。

まるで公園の中で美術品を鑑賞しているような感覚を味わせてくれる不思議な空間だった。

ただ、床が傾斜しているので足の不自由な人にとってはちょっと辛いかも・・・・

軽井沢4


また、大きなワンルームの展示室と別に壁で仕切って暗くした展示室があった。

夜の滝の風景を演出した部屋で大きな滝の絵の前に水盤を設けそれが滝を写す水鏡のようになっている。

ただ、ここは垂直と水平の境目の縁がはっきりしすぎていて、もう少し目立たなくするようにできなかったのかな・・・なんてつまらないことも思ってしまったが、まあ、細かい部分は別としてこの美術館は建物自体も作品であり、展示物と一体となった空間自体が素晴らしい芸術作品であることは間違いない。