人には運がいい人と悪い人がいる。

釣りの場合、連日、爆釣が続いている時でも突然釣れなくなる日がある。

そんな時を狙いすましたように釣りに行くが運の悪い人の典型だ。


ここんとこずっと好調の網代沖のワラサ。

富士山11.10.04


T社のS木氏に誘われ仲間二人を連れていってきた。

初島11.10.04


ところが、オレ達が行った時はどん底だった。

結果は好調の谷間の時に行ってしまった実に運の悪い人達7人で合計3本。

運の悪いなかでもなんとか幸運に恵まれた3人が1本ずつキャッチした。

天国から降りてきた蜘蛛の糸を手繰って地獄から脱出できた3人。

そのうちの一人がオレだった。

ワラサ11.10.04


そして、海の中に降りてきた釣糸の先の餌に食いついて釣りあげられてしまったもっとも運が悪かった3本のワラサのうちの1匹が上の写真。