肝あえが食いたくてカワハギ釣りに行こうと思ったが、アオリイカの干物を作ってみたくて一人で伊豆へエギングへ出かけた。

よく行くポイントのとある堤防へは午後の3時前に到着。
先行者は餌釣りの人が3人。
エギンガーは私一人。

この堤防のキャパは6〜7人くらいなので早めに入っておかないと。
ビシッ、バシッとしゃくっているともう一人エギンガーが来た。
しかし、明るいうちはなかなか厳しい。

4時をすぎあたりが薄暗くなってくると餌釣り師が帰り、入れ替わりにエギンガーが続々と来た。
すぐに堤防は定員となる。
横一列に並んで7人がキャストする。
暗くなってからはしゃくりのパターンを夜モードにチェンジ。

最初のヒットは私だった。
600gのまあまあサイズ。
時刻は5時ころ。
一番最初からやっていたのだから当然でしょ。
しかし、写真を撮ろうと思ったが、デジカメを忘れた。

続いてヒットしたのはまた私。
ちょっとサイズダウンの350g。
デジカメない方がよかったか?

3番目にヒットしたのも私。
先ほどと同サイズ。
エギのセレクトがよかったか?

4番目のヒットも私。650g
しゃくりのリズムがはまったか?

依然、まわりは沈黙。

5番目も私に500g。
今度は左右の人が「すごいですねー」
と言いながらエギの色を見に来る。

6番目も私に400g。
右の人は私の次に堤防に来た人。
「いりますか?」ときいたらすごく感謝され暖かい紅茶をくれた。

7番目も私。
200gくらいでノンタッチリリース。

8番目も私で650g。
????????。

時刻は7時ころ。
まわりには依然とヒットがない。

ちょっとあたりが遠のいたのでそろそろ帰ろうと思ったら9番目がヒット。
500g。

こうなるとツヌケを狙いたくなる。
ところが変な欲を出すとなかなかあたりが来ない。
今度で最後と思いながら5、6投。
しかし、10番目のヒットは左の人だった。
200gくらいをキャッチしたのを見て8時半ころ納竿とした。
こんな日もあるんだね。


アオリイカ08.11.15

350〜650gのアオリイカ。この後、刺身と干物になった。