久しぶりにジギングに行ってきた。
本来、ジギングは私にとってはルアーフィッシングの中では苦手なジャンル。
一日中、重たい鉛の塊をしゃくり続けるのは普段から運動不足の軟弱な中年オヤジにとっては重労働で体力もモチベーションも続かない。

2年くらい前の今頃のシーズンにジギング行って海の状態も悪かったせいもあるが、だいぶ辛い思いをしてもう行かないと思ったりもした。
しかし、人間(特に私は)2年もすれば辛いことはすぐ忘れる。

ということで脂の乗った旨いワラサを食いたいという食欲にジギングの辛さも忘れ稲取の由五郎丸でジギング大好きのベッチとセールスマンの3人で行ってきた。

まだ暗いうちから港を出た船はまずは北川沖から開始した。

サンライズ08.11.01

底まで60〜80mくらい。
ジグは150g前後。
このくらいが限界かな。


まだ朝日がまぶしい時間にオオドモのアングラーの竿が曲がった。
4キロくらいのワラサがあがった。
続いて胴の間のアングラーにきた。
そして続いてその隣でしゃくていた私のロッドにもガツンと来た。
船長にネットインしてもらったのは旨そうな4キロくらいのワラサ。

ワラサ08.11.01
(写真は港にもどって)

しかし、このあとが続かず、船中3本止まり。
幸運な3人に私が選ばれた。

その後は城が崎沖まで行くが沈黙の時間が続く。

八幡野沖08.11.01

早くもモチベーションが切れかかるが、魚探にはものすごく反応があるようで船長が「見てみろこの反応を!!」
マイクで怒鳴る。
なんとか気を取り直し、再びしゃくるが誰の竿も曲がらない。

船はこのあと、大島の先の利島沖に移動する。

奇岩08.11.01

そこでベッチが小カンパチをキャッチしたが、状況は渋い。

カンパチ08.11.01

船中で数本の小カンパチとイナダが上がったくらい。


結局、朝一の幸運をものした者以外は欲求不満のままの沖上がりとなってしまった。

満たされない二人のアングラーは睡眠不足と肉体疲労でグロッキー状態のオヤジを拉致し、このあと、夜遅くまで東伊豆の港を点々とをエギングしながら北上した。
しかし、運に見放された時はどうしようもない。
結局、私がリリースサイズを一ハイキャッチしただけで終わった。