釣撮ダイアリー

釣りと写真と時々建築の話

2016年01月

雨岳文庫の梅

日本列島に猛烈な寒波が到来しているようだが、幸いなことに神奈川県では昨夜心配された大雪も降らなかった。

ここ数日は気温が低いものの暮れから正月にかけて温かかったせいか梅の開花が例年に比べ早いようだ。

伊勢原の雨岳文庫の梅も三分咲くらいということで、久しぶりにマクロレンズを持ち出して梅を撮りに行ってきた。


雨岳1


カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/100
Av(絞り数値) 9.0
露出補正 +1/3
ISO感度 100
レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM



雨岳2

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/2000
Av(絞り数値) 2.8
露出補正 +1/3
ISO感度 100
レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


雨岳3

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/640
Av(絞り数値) 2.8
露出補正 +1/3
ISO感度 100
レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM



雨岳4

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/160
Av(絞り数値) 2.8
露出補正 -1/3
ISO感度 100
レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


雨岳5


カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/40
Av(絞り数値) 5.6
露出補正 -1/3
ISO感度 100
レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

横浜中華街

中国の食材の危険性について以前からTVやネットから色んな情報が入ってきて、中華街で食事することにはどうも積極的になれなかった。

日本と中国とでは民度が違うから、日本では食の安全が脅かされるなんてことはないだろうって思ってた。

しかし、廃棄食品の横流し事件・・・・これじゃ、日本も中国と変わらないじゃん。

情けない・・・・。

中華街1

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/40
Av(絞り数値) 4.0
露出補正 -1/3
ISO感度 400
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM
焦点距離 105.0mm


昨日、横浜で用事を済ませた後、中華街に寄ってきた。

しかし、昨今の日中間の関係のように冷え切った夜だったせいか人出は少なかった。

中華街3

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/30
Av(絞り数値) 4.0
露出補正 -1/3
ISO感度 640
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM
焦点距 45.0mm

中華街2


カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/40
Av(絞り数値) 4.0
露出補正 -1/3
ISO感度 160
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM
焦点距離 45.0mm

コスモクロック21

暗くなる直前のみなとみらいの大観覧車。

空を回る密室。

横浜3

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/100
Av(絞り数値) 5.6
露出補正 -2/3
ISO感度 100
レンズ EF70-300mm f/4-5.6L IS USM
焦点距離 300.0mm


統計によると、カップルの半分は観覧車に乗った時キスをしたことがあるそうだ・・・。

横浜4

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/40
Av(絞り数値) 5.6
露出補正 -2/3
ISO感度 100
レンズ EF70-300mm f/4-5.6L IS USM
焦点距離 182.0mm

冬のヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル

昨日、横浜に買い物に行ったあと、臨港パークの駐車場に車を止めてインターコンチネンタルホテルあたりを歩いてきた。

着いた時にはすでに日はみなとみらいのビルの谷間に沈みもうとしていた。

オレンジ色に染まった空を写すビルをバックに歩道橋をカップルのシルエットが渡る。

横浜1

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/80
Av(絞り数値) 8.0
露出補正 0
ISO感度 100
レンズ EF70-300mm f/4-5.6L IS USM
焦点距離 300.0mm


青い半透明のレイヤーを一枚一枚重ねるように空は刻々と濃さを増していく。

インターコンチネンタルホテルのファサードのガラスは断片となった冬の横浜の夕景を写していた。

横浜2

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/60
Av(絞り数値) 8.0
露出補正 0
ISO感度 100
レンズ EF16-35mm f/4L IS USM
焦点距離 16.0mm


僕が写真を始めた理由

前にも書いたことあるかもしれないが、学生時代は山が好きで、一眼レフカメラで山岳写真を撮っていた。

もちろん、フィルムの時代の話だ。

社会人になってから山登りをしなくなるとともに、自然とカメラへの興味も薄れていった。

それから幾星霜、20年くらい前からルアーフィシングにはまりだして、海外にまで大物を求めて釣りに行くようになった。

そして初めてGTを釣りにパラオに行った時、エメラルドグリーンとコバルトブルーの海が織りなすあまりの海の美しさに感動した。

しかし、その時コンデジで撮った写真を見てガッカリした。

目で見たものとまったく違う色の海がモニターに写っていたのだ。

その後、帰国してからしばらく経った時、ある写真の上手い方のデジタル一眼レフで撮った湘南の海の写真を見て衝撃を受けた。

それまであまり美しいとは思ったことが無かった湘南の海が感動的な美しさで描写されていたのだ。

これはデジタル一眼を買わなきゃならない!

この時、長い間僕の脳みその奥の方に放置されたままになっていたカメラに対する興味が再燃した・・・・というわけ。

もっともいい写真を撮るには機材だけ良くなってもダメだということは後になって知るわけだが・・・

IMG_7021

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/100
Av(絞り数値) 10
ISO感度 100
レンズ EF16-35mm f/4L IS USM


IMG_7037

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/160
Av(絞り数値) 9.0
ISO感度 100
レンズ EF16-35mm f/4L IS USM


それから海の写真を中心に写真を撮っているわけだが、最近少々マンネリ感が僕の中で漂い始めている。

今年は海の写真に軸足を置きつつも、今までと違った一皮むけた写真を撮りたいと思っている・・・

というようなことを来年の今頃も思ってんだろうな・・・多分。

黎明の江の島

実は先日、神奈川県立近代美術館に行く前に江の島に寄って写真を撮ってきた。

同館は今月いっぱいで閉鎖されるし、連休の中日でもあるからかなり混雑することが予想されたので開館前に現地に到着したいと思った。

それならいっそのこと江の島で日の出の写真でも撮ってから行こう・・・ということにした。

去年の正月は元旦から早起きして近くの山に登り初日の出の写真を撮った。

しかし、今年は暖冬にもかかわらず、早起きはしていないし、写真も撮りに行っていなかった。

そんな怠惰で無気力な自分に「喝ッ!」を入れるために未だ暗い6時前に家を出て夜明け前の江の島に到着した。

未だ明けきらぬ空には星が瞬いていたが、東の空が赤く染まり朝の訪れを告げていた。

IMG_6926

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 2.5
Av(絞り数値) 8.0
ISO感度 100
レンズ EF16-35mm f/4L IS USM


波打ち際に三脚をセットし、レリーズでシャッターを切る。

そうして撮った写真を時系列に並べてみた。


IMG_6957


カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/4
Av(絞り数値) 10
ISO感度 100
レンズ EF16-35mm f/4L IS USM


やがて日の出が近づくとともに東の空に浮かんだ雲がピンク色に染まり始めた。

IMG_6963


カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/10
Av(絞り数値) 10
ISO感度 100
レンズ EF16-35mm f/4L IS USM


日の出までここで写真を撮っていたのだが、続きはまた後日・・・

建築探訪@神奈川県立近代美術館鎌倉館

三連休の中日にあたる昨日、久しぶりに鎌倉にある神奈川県立近代美術館に行ってきた。

この建物は建築に詳しい方以外はあまりご存じないかもしれないが、ル・コルビジェに師事した坂倉順三という建築家が設計し、1951年に竣工した戦後間もない日本のモダニズム建築の傑作なのだ。

しかし、この名建築も寄る年波には抗しきれず、老朽化が進んだため解体されることになり、一般公開は今月いっぱいで終了するらしい。

そういうわけで最後の雄姿を目にとどめておきたいと思って行ってきた。

小町通りをそのまままっすぐ行った道路からこの敷地に入った時、まず目に入る正面の外観。


IMG_7066


アスベストボードパネルの外壁の2階部分がキャンティレバーではね出し、また平家池側のピロティーを構成する鉄骨の列柱に支えられ浮遊しているように感じる。

それから、メインのエントランスへ導く大階段。

登り切った突き当りは中庭に面し、半透明な壁で仕切ってある。

そのため正面からは薄く見えるようにした屋根の浮遊感が階段真ん中の細いH鋼の柱と相まって一層強調されている。

もっともこの階段を登らなけばならないというのは足の不自由な人には辛い・・・その辺も解体される理由の一つらしい。

IMG_7091


平家池に突き出したような外観。

静かな池がシンメトリーな姿を写す。

IMG_7084


この建物の特徴であるピロティーはやや天井が低く、多少の圧迫感はあるのだが、池面から反射した揺らいだ光が天井に写って美しい。

IMG_7102



IMG_7105


閉鎖的な2階部分に対し、1階は彫刻作品を展示するため、かなり開放的な空間になっている。

写真は中庭に面した所々穴の開いた大谷石の壁。

IMG_7109


若宮大路側から見た平家池越しの外観。

全体的なデザインはちっとも古さを感じさせない。

IMG_7116


この建物は保存を求める声も多く結局、別な場所に移築し、保存されることになったらしい。

でも、同じような条件の土地に建てられるのか?

また美術館という機能を持たせた建物になるのか?

今はスクラップ&ビルド時代では無くストック&フローの時代なのだから何とかならなかったのかな・・・

最後の楽園

暮れから年が明けても関東地方ではずっと穏やかな天気が続いている。

日中はポカポカ陽気だったりと、例年にない暖かく平和な正月を迎えることができた。

かたや、世界の中ではどこかの国と国が戦争を始めたり、テロが起こったり、水爆の実験をやったりと物騒なことに満ち溢れてるっていうのに・・・・

なんて日本は平和なんだろう。

まるで人類最後の楽園と呼ばれるモルジブのような平和を享受している。

IMG_0807



しかし、日本は危うい環境に取り巻かれているのも事実で、微妙なバランスを保って平和を享受しているともいえる。

暖かい正月の年は春先に大雪が降ることが多いそうだ。

あまりの穏やかさにそんなことは思いもつかなかったりするのだが、平和なビーチリゾートでもサメに突然襲われてしまうってこともある。

そんなことが無いように心の準備はしておかないと・・・・。


IMG_0915


写真撮りに行ってないので引き続き娘が撮ったモルジブの写真借用しました。

モルジブって死ぬまでに一度行ってみたいと思うけど、

しっかし、こんな所にずっといたらほんとボケちゃうだろうな〜(; ̄Д ̄)

IMG_0647



人類最後の楽園

人類最後の楽園とも呼ばれるモルジブに行ってきました・・・・・


IMG_1206-1


って僕が行ったわけではないのだが・・。

娘が新婚旅行でモルジブに行ってきた。

その時に撮ってきた写真がとても素晴らしかったのでUPしてみた。

以前にカミさんのEOS KISS X7を娘に持たせて一緒に写真を撮りに行ったことがあった。

今度もそれを持たせたわけだが、これだけ被写体が素晴らしいとど素人が撮ってもこれだけの写真が撮れちゃう。

ただ、データはRAWで保存させて現像は僕がした。

IMG_0923


モルジブといえば、GTフィッシングも盛んな所。

最初、僕も連れていけって頼んだけれど断られてしまった(´;ω;`)

IMG_9017


年が明けてから写真を撮りに行っていない。

初撮りするまでモルジブの写真が続くかも・・・・

謹賀新年 2016

新年明けましておめでとうございます。

昨年は暮れにきて公私に多忙になり思うようにブログの更新ができませんでした。

まあ、今年もマイペースで写真、釣り、そして建築の話題を投稿していきたいと思ってますのでよろしくお願いします。

写真は去年の暮れにカミさんと伊豆に行った時に一人早起きして城ケ崎で撮りました。


IMG_6841

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 30
Av(絞り数値) 8.0
露出補正 0
ISO感度 200
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM
焦点距離 24.0mm


IMG_6891

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 30
Av(絞り数値) 13.0
ISO感度 100
レンズ EF16-35mm f/4L IS USM
焦点距離 17.0mm
記事検索
livedoor プロフィール

PHOTOHITOブログパーツ

エギング
関東風景写真
爆釣速報
爆釣速報イカ
ギャラリー
  • ついにジジイ
  • ついにジジイ
  • エギング(17.3.05)
  • インターコンチネンタルバリリゾート
  • インターコンチネンタルバリリゾート
  • インターコンチネンタルバリリゾート
Archives
  • ライブドアブログ