釣撮ダイアリー

釣りと写真と時々建築の話

2014年03月

渋田川の桜

伊勢原市内を水源とし、平塚を通って最終的には花水川と合流して相模湾に至る渋田川という小川がある。

ここは芝桜で有名なのだが、昨日の春の嵐が足早に通り過ぎた後、土手沿いの桜を撮りに行った。

ここの土手の上の散歩道、すごく気持ちがいい。

芝桜が咲く頃、また来よう。(^^)

渋田川-1


カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/1000
Av(絞り数値) 3.2
ISO感度 100
レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


渋田川-2


カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/2000
Av(絞り数値) 3.2
ISO感度 100
レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


渋田川-3

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/1600
Av(絞り数値) 3.2
ISO感度 100
レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


渋田川-4

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/125
Av(絞り数値) 8.0
ISO感度 100
レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


渋田川-5

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/2500
Av(絞り数値) 2.8
ISO感度 100
レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

カモメ飛ぶ夕空

昨日は強い風が空を掻き回し、雲をちぎって面白い造形を造り出していた。

大磯の海岸では横長に棚引いた雲が浮かぶ夕空を、カモメが風に翻弄されながら飛んでいた。


カモメ1

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/400
Av(絞り数値) 11.0
露出補正 -1/3
ISO感度 100
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM
焦点距離 82.0mm


カモメ2


カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/1000
Av(絞り数値) 11.0
露出補正 -1/3
ISO感度 100
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM
焦点距離 105.0mm

カモメ3

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/320
Av(絞り数値) 11.0
露出補正 -1/3
ISO感度 100
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM
焦点距離 67.0mm


カモメ4


カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/640
Av(絞り数値) 11.0
露出補正 -1/3
ISO感度 100
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM
焦点距離 73.0mm



例年なら河津桜が咲く頃にエギングを始動し、今頃は2〜3度くらいは行ってる頃だ。

ところが最近、腰が重いというかモチベーションがどうも上がらない。

ボクの脳の奥底の方にモチベーションを司る機能が沈んでしまったまま浮き上がってこないようだ。

そこから引き上げてこようと思っても、マイナスのモチベーションがそれを邪魔する。

潮回りが悪いとか、風が強いとか、水温がまだ低いとか・・・行かない理由を探してしまう。

本当は昨日、行こうと思って、前日釣具屋で新しいエギをいくつか仕入れたりしたのだが朝起きると曇り空で風もやや強かった。

行かない恰好の理由を見つけてしまった。

そんなわけで夕方、近場の大磯に写真の撮影だけ行ってみたわけです。(苦笑)

ドッパーン

と大島の方からやってきた大きなうねりが消波ブロックにぶち当たって、粉々になって飛び散る。

ここ、馬入川の河口は富士山の麓にある山中湖を水源とする相模川の水の最終到達点。

ここで真水は海水と出会うのだが、最初はなかなかお互いなじめず複雑な潮の流れを作り出す。

そして、ここは同時に川の魚と海の魚が出会う場所であり、釣りの絶好のポイントでもある。

昔はここでよくシーバスフィッシングをしたものだが、かなり危険を伴う所。

今は立ち入り禁止になっていた。

大島が見える海


カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/80
Av(絞り数値) 8.0
ISO感度 100
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM
焦点距離 60.0mm

平塚の海岸

江ノ島周辺を写真の被写体として見た場合、フォトジェニックな姿はまるで女優のようだ。

綺麗にメークして完成された美しさは多くのカメラマンを魅了する。

それに引き替え、平塚の海岸は地味で目立たない素人娘。

写真を撮りに訪れる人も少ない。

でも化粧っ気のない素朴な素顔に惹かれるんだよな・・・。


夕方のサーファー1

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/60
Av(絞り数値) 8.0
ISO感度 100
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM


夕方のサーファー2

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/160
Av(絞り数値) 5.6
ISO感度 100
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM

みなとみらいクイーンズスクエア

昨日は、みなとみらいのクイーンズスクエアに用事があって行ってきた。

車で行くと混雑してるんで電車で行ってきた。

みなとみらい線の駅は駅ごとにデザインが違っていて面白い。

別々の設計者が駅ごとに違ったコンセプトでデザインしたからだ。

みなとみらい駅

カメラ機種名 Canon EOS 6D
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM
Tv(シャッター速度) 1/30
Av(絞り数値) 5.6
ISO感度 1600


で、何の用事かというと去年の1月ごろに買った○○ビーンのダウンジャケットの袖の縫い目が広がって羽毛が出てしまうので修繕できないかと問い合わせたところ、修繕はできないが新品と交換してくれるということで○○ビーンのクイーンズスクエア店に行ってきたわけだ。

ラッキー!
でも、決して脅したわけではありませんよ・・・・。

クイーンズスクエア

カメラ機種名 Canon EOS 6D
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM
Tv(シャッター速度) 1/30
Av(絞り数値) 5.6
ISO感度 250

馬入の堤防

昨日、平塚新港に行った時、馬入の護岸の変わりように驚いた。

津波への対策だと思うが、岸側からの高さが5〜6m位の高さの間知ブロックで覆われていた。

湘南大橋から海まで続く堤防は壮観ですらあった。

かつて、夜な夜なシーバス釣りのため岸からそのまま川に下りた頃の面影はもう残っていない。


馬入の堤防1

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/200
Av(絞り数値) 8.0
ISO感度 100
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM
焦点距離 24.0mm


馬入の堤防2

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/320
Av(絞り数値) 5.0
ISO感度 100
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM
焦点距離 105.0mm


馬入の堤防3

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/640
Av(絞り数値) 5.0
ISO感度 100
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM
焦点距離 105.0mm

夕日と富士と十字架

今日から3連休。

天気にも恵まれ観光地へ向かう道路は大渋滞みたいだ。

こんな時は仕事でもしていた方がいい・・・・と思っていたけど、いや事実仕事をしていたのだが、設計のアイデアに行き詰まってしまって、気晴らしに夕方近く、久しぶりに平塚の海に写真を撮りに行ってきた。


明日への祈り

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/1250
Av(絞り数値) 5.6
ISO感度 100
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM
焦点距離 105.0mm


夕日と富士山と十字架に祈ろう・・・・いいアイデアが浮かびますようにと。

雨岳文庫の梅畑

昨日、今日と冷たい雨が降り、冬に逆戻りしたかのような陽気だ。

写真は火曜日、ようやく春らしい陽気になった日の雨岳文庫の梅畑。

ちょうど、仕事で前を通ったので車を止めて撮ってきた。

梅-1

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/1000
Av(絞り数値) 4.0
ISO感度 100
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM


梅-1-3

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/400
Av(絞り数値) 6.3
ISO感度 100
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM

梅-1-4

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/400
Av(絞り数値) 4.0
ISO感度 100
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM

梅-1-5

カメラ機種名 Canon EOS 6D
Tv(シャッター速度) 1/640
Av(絞り数値) 4.5
ISO感度 100
レンズ EF24-105mm f/4L IS USM

あの日から3年

今日であの日から3年が経った。

あの時、5階建てのビルの最上階にあるボクの事務所は大きく揺れ、身の危険を感じて下のバスロータリーまでヘルメットを被って避難した。

ロータリーから見るとビルは崩れるのではないかと思うほど揺れていた。

新耐震前(S56年以前)に出来たボクの事務所のあるビルは偏芯(重心と剛心が離れている。)していて揺れやすいのだ。

揺れが納まり帰ってみたら写真の有様だった・・・。


事務所1



ビルの長手方向と平行に置かれたラックの上のものは全て床に落下していた。

ところが直角方向に置かれたラックの上の物はほとんどが無事だった。

建物の特性に応じた地震対策っていうのも必要だと思った。

事務所2


民間のビルに於いても耐震補強の必要性を言われているが、費用の問題や工事中や補強後の使い勝手の問題等々、困難な場合も多い。

とりあえずは、建物の特性をよく把握し、対策を考えておかなければならないと思う。


そして、下の写真はあの時から2ヶ月後、南三陸町へボランティアに行った時にバスの車窓から写した、まだ、津波の傷跡が生々しく残った南三陸町の防災対策庁舎だ。

震災のモニュメントとして保存するか取り壊すか未だ、意見が分かれ決まっていないようだ。

しかし、今も尚、ボクの記憶の印画紙には決して消えることが無いものとして深く焼き付いている。

南三陸庁舎




南三陸町


あの日の記憶、気持ちを忘れないためUPした。

竣工写真(複合用途共同住宅)

3月に入ってからも寒い日が続き、おまけに天気も悪い日が多い。

そんなわけで、このところずっと写真を撮りに行ってなかったが、天気が回復した昨日、ボクの事務所で設計・監理をして、先頃完成した店舗付きの賃貸マンションの竣工写真を撮りに行ってきた。

場所は小田急線の伊勢原駅のすぐ近く。

利便性もいいし、目の前が公園という環境の良さもあってマンションは完成前に満室になった。

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚


外観はコンクリート打ち放し仕上げとボーダータイル貼りといったスタイリッシュなデザインにした。

マンションの室内に面する外壁は遮熱塗料塗りとして断熱性を高めた。

外観


当該地は地区計画により1,2階は非住宅としなければならない。

住宅部分と動線を分離するため、2階の事務所へ上がる専用階段。

LED内照式のビル銘板を採用。

A階段


エントランスホールの集合郵便受けの上下は中空ポリカーボネート板を取り付け内部にLED照明を組み込んだ。

エントランス1


エレベーターへ続くホールから見返したエントランスホール。

壁は外壁と同じボーダータイルとコンクリート打ち放し、そして一部アルミスパンドレル。

床は天然石張り。(実はタイルよりもリーズナブル。)

エントランス2


賃貸マンションは量的にはかなり充足してきた。

しかし、質という点で不十分なものが多い。

これから長い間、他のマンションと競合していく上でも、建築の質を高めていかなければならないのは必定だ。

エントランス3


住宅部分の内観写真。

白を基調にしたタイプと、濃い茶を基調にしたものの2種類用意した。

写真は白を基調にした1LDKのタイプ。

室内


最近は釣りには全然行っていないし、海に写真を撮りにも行っていない。

もう少し暖かくなったらそろそろ釣りを再開するかな・・・。
記事検索
livedoor プロフィール

PHOTOHITOブログパーツ

エギング
関東風景写真
爆釣速報
爆釣速報イカ
ギャラリー
  • ついにジジイ
  • ついにジジイ
  • エギング(17.3.05)
  • インターコンチネンタルバリリゾート
  • インターコンチネンタルバリリゾート
  • インターコンチネンタルバリリゾート
Archives
  • ライブドアブログ