釣撮ダイアリー

釣りと写真と時々建築の話

2012年12月

2012年 ベストショット

本当は今年最後に1キロUPのアオリイカの写真を載せるはずでした・・・・。
というのはここの所、恒例になっている暮れの家族での伊豆への1泊旅行、今年も行ったのですが、昨日は大雨。
とても釣りなどできる状態ではありませんでした。

というわけで、最後に今年撮った写真の中から私なりのベストショット(絞り切れなかったので4点)を再掲載します。

まずは、2月8日、江の島で撮った夕景。
藤沢での会合の後、江の島によって撮ったものですが、この日見た夕焼けは今年最高のものでした。
写真はLRで現像しなおしました。

江の島2.08


次は5月12日に撮った磯釣りの釣り人が良型メジナを掛けて取り込み寸前の写真です。
西伊豆堂ヶ島に夕陽の写真を撮りに行った時のものです。

FishOn!-


そして、100マクロで撮った大磯の砂利浜。
この玉ボケが気に入ってます。

砂浜3


私の写真は海の写真が一番多いのですが、次に多いのは横浜の写真です。
みなとみらいや大桟橋周辺は撮りつくされた感もあるのですが、超広角レンズを買ったら撮ろうと思っていたのが下の写真でした。

12.12.16-5


以上、私のお気に入りを4点再掲載しました。

結局、最後も釣りブログの記事になりませんでした。
来年はブログを内容に合わせてマイナーチェンジしようかなって思ってます。

それでは良いお年を!

平塚・袖ケ浜(12.12.23Sun)

この日の袖ケ浜は風も無く海は穏やかでした。
ただ、西の空には雲がやや多く目当てだった富士山は望めませんでした。

袖ケ浜-12.23-1


波打ち際では夕陽を反射した砂浜が金色に輝きます。

袖ケ浜-12.23-2



袖ケ浜-12.23-3


この日の目的はNDフィルターを使ってスローシャッターで波を撮るということで、
下の写真はかなり絞り込んで(f22)でSSは2.5秒。

袖ケ浜-12.23-4


まあ今回は習作です。(^^

袖ケ浜-12.23-5


いつも高速シャッターが多かったのでこういう表現も面白いかなと・・・

横浜キャンドルカフェ

さて、今夜はクリスマスイブ。
といっても我が家では特別なことをするわけではないのですが・・。

昨日、実家に行ってきた帰りにみなとみらいに寄ってみました。
クリスマスっぽい写真をいくつかUPします。

キャンドルカフェ1


ワールドポーターズの近くでキャンドルカフェというイベントをやっていました。
何年か前からやっていたようなのですが、初めて見ました。

キャンドルカフェ2




キャンドルカフェ-3


それほど大規模なイルミネーションじゃあないですけど、横浜の場合は街全体がイルミネーションみたいなもんですからね。

キャンドルカフェ-4



横浜・人

12.12.16-4


「おおっ!愛しのジュリエット、永遠の愛を月に誓おう、いやっ、あの月のような建物に誓おう!」
「だめよ、ロミオ。あの建物はまるで半月、私は満月じゃなきゃいや!」
なんて言っていたかどうかは解りません。
バルコニーで愛を語り合う現代のロミオとジュリエットに見えなくもないですけど、よく見れば手すりを乗り越えて記念撮影しているヤンチャなカップルでした。

12.12.16-5



ウッドデッキに反射した眩しいほどの光の中を歩くカップル。
前から大桟橋を撮るんだったら超広角レンズと思ってました。

(このウッドデッキはイペという木材で、硬くて耐久性がありますが非常に高価な木材です。)

この大桟橋は国際設計コンペでアレハンドロ・ザエラ・ポロとファッシド・ムサヴィという外人の建築家が設計しました。
コンペ案の時から建築界では注目されていたのですが、連続した階層の無い流動的な空間が最大の特徴で、3次元のCADがなければとても設計できない革新的な建築物です。
しかし、正直、コンペ案のイメージに比べると実際できた建物はそれほどでもないという印象も受けましたが、それでもそれまでの建築という概念を大きく変えるものであったということには違いありません。

12.12.16-6


大桟橋から像の鼻パークにかけてMM21方面の夜景が綺麗に見えるためカメラマンも多いです。
御同好のカメラマンを撮ってみました。

横浜夜景(12.12.16Sun)・三脚

先日、三脚を購入しました。
今までも三脚は使うことはあったのですが、安物三脚。
それでもキットレンズの標準ズームを水平にして使っている分には問題はなかったのですが、最近購入したちょっと重めのレンズを使ったり、あるいは建築の写真を写すときのようにシビアーな水平、垂直が必要な時は不便でした。
そういうわけで、こういう要求に応えられる三脚を探していたのですが、あまりにも種類が多すぎてどれを選んでいいのやら解らない。
SLIK、GITZO、マンフット・・・・色々あるメーカーの中からベルボンを選択。
このメーカーが特に好きとかいう訳ではないのですが、ヨドバシで実物を見てみて使いやすそうだったから。
結局、選んだのはベルボンのGeo Carmagne E545M。
狭い部屋の中で振り回すことが多いので携帯性がいいというのと、雲台が水平、垂直が合わせやすいというのが選ぶに当たっての基準でした。

早速、試しにということもあり、横浜の夜景を久しぶりに撮ってきました。

下の写真は調度、1年前にも撮ったシルクセンター前の交差点。

12.12.16-1


この辺りは古い横浜と新しい横浜が接する交差点でもあります。
ちょっとHDRっぽいですが、そうではありません。
そんなソフトも技術も持ってませんから。(笑)

12.12.16-2


次は、定番の大桟橋方面からのMM21の写真です。

12.12.16-3


この三脚使ってみて、すごく使いやすいです。
もっとも以前使っていた安物に比べてですから当たり前のことかもしれませんが・・。(笑)

風と砂のアート

日曜日の平塚、袖ケ浜。

西からの風が砂浜に創り出した自然の芸術です。

砂丘1




砂丘2


砂防柵に隠れながら、時には服でカメラを隠し、レンズは近くのトイレの中で交換したりとなかなか大変な撮影でした。


砂丘3


風が刻んだ風紋は本当に不思議な造形です。


砂丘4


袖が浜(12.12.09Sun)

先週の土曜日、写真を撮りに平塚の袖が浜に行ってきました。
ところが、西からの爆風が吹き荒び、流石に写真撮れる状態ではないので即、撤退しました。
翌、日曜日は前日と比べると多少、風も治まったのでまた行ってきました。

治まったとはいえ、そこそこの風が吹いていて機材には過酷な条件。
しかし、こういう時の方が迫力がある写真が撮れるのでどうしても行きたくなっちゃう。

できれば、防水ケースに入れて写真を撮った方がいいのだろうけど私が持っているものは、露出を変えたりの操作がやりにくいし、広角レンズを使うとケラレちゃう。
何かいい方法は無いのですかね・・・?

袖が浜1


超広角レンズで足元の波まで写すため、長靴を着用します。
サーフで釣りをやっていたころはウエーダー履いてましたけど、そこまでしなくていい程度立ち入って撮ってます。

袖が浜2


波が砕けた瞬間は迫力あります。
望遠レンズで飛沫がかからない距離を確保して撮ってます。

袖が浜3


今の時期、陽は箱根連山の南側の方に沈むのですが、雲間から射しこむ光条が綺麗でした。
こういう光条は海が多少、荒れてた方が綺麗に撮れます。

袖が浜4


箱根連山に陽が沈む直前、波は最後の輝きを見せます。

この撮り方、自分では気に入っているのですが、超ローアングルで這いつくばるようにしてファインダー覗いてピント合わせるんですが、早い速度で動く波に合わせるのはなかなか難しい。
「AFターボで連射すればいい。」とPHOTOHITOの方からアドバイスいただいたのですが、それに気付かなかった私って・・・・。
またチャレンジしてみます。

袖が浜6


ところで今、夜中の3時過ぎ。
昨夜、忘年会で酔っ払って早く寝たので変な時間に目が覚めっちゃった。

建築回想 Yビル(1994年)

先日、私が18年前に設計した店舗付き賃貸マンションの6階が空室になったということで、賃貸広告用とデジタルデータで保存するために写真を撮りにいってきました。(この頃の竣工写真は銀塩でした。)

18年前というとバブルがはじけた直後くらいだったでしょうか。
建築界でもポストモダニズムの終焉を迎えつつあった頃だと思います。

1980年代後半から90年代初頭にかけてメカニックなデザインのガンダムみたいな建築が流行り一世を風靡してました。
その頃、建築青年だった私もそんな建築に影響されました。
この建物もそういう影響をひきずっていた頃の作品です。

Yビル1


敷地は鉄塔に隣接していて沢山の電線が道路に沿って張り巡らされています。
これを消去するのはLR4を使ってもちょっと難しかったので諦めました。^^

外壁は濃いグレーのタイルとコンクリート打ち放し仕上げの組み合わせです。
アクセントに赤いクロスの面格子を付けました。

Yビル2


最上階はアルミのパネルを使ったシンボリックなデザインになってます。
竣工当時、ここにはオーナーの妹さんの家族が住まわれてました。

Yビル3


高圧線の鉄塔とアルミのパネルがメカニックな雰囲気であってるかな・・・

Yビル4


外部に比べて、内部は極めてオーソドックスなデザインになっています。
上の写真はLDと続きの和室です。
間の建具は戸袋に収納しフルオープンできるようになっています。

Yビル5


和室を1点パース風に撮影してみました。

バブル崩壊直後といってもそこそこの予算をかけれたんですねこの頃は・・・。
今じゃ賃貸マンションに金属パネルなんて使えないもんな〜・・・


日本大通りの銀杏並木

今日は娘と一緒にカミサンと実家の親父の誕プレを買いに横浜駅のデパートに。
ついでにヨドバシでカメラや三脚見たりしていたら3時を過ぎてしまって外に出たら曇り空ということもあり、既にうす暗くなってしまいました。

それから、日本大通りの銀杏並木を見に行ったのですが、写真を撮るにはちょっと、厳しい状況でした。

横浜1



横浜2


黄葉はご覧の通りで今が最盛期でしたが、天気が・・・・。

横浜3


横浜4


黄葉シ−ズンのうちにここを訪れることはないかもしれないけど、イリュミレーションが綺麗になったらまた来てみるか・・。

EOS KISS X5  with  EF100mmF2.8L マクロ IS USM &シグマ17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM
記事検索
livedoor プロフィール

PHOTOHITOブログパーツ

エギング
関東風景写真
爆釣速報
爆釣速報イカ
ギャラリー
  • インターコンチネンタルバリリゾート
  • インターコンチネンタルバリリゾート
  • インターコンチネンタルバリリゾート
  • インターコンチネンタルバリリゾート
  • インターコンチネンタルバリリゾート
  • インターコンチネンタルバリリゾート
Archives
  • ライブドアブログ