釣撮ダイアリー

釣りと写真と時々建築の話

2012年10月

エギング(12.10.27Sut)2

今週末は一人でエギングに行こうと思ってたが、ナマコ釣りの名人のベッチから電話があり、一緒に東伊豆へ行ってきた。

午後から出かけ、最初に向かった本命ポイントはアゲインストの爆風が吹いていた。

風の海


キャストしたエギがしゃくりもしないのに戻ってくる状態。
しかし、予報だと夕方から風が弱まるとのことで、それまで写真撮ったりしながら我慢して待機することにした。
近くでコマセでサバ釣ってる人が爆釣してたので、ジグを投げてみたりしたが、反応が無い。(〒-〒)

そんなことしてるうちに陽がだいぶ傾いてきたが、風は全く弱まる気配が無い。

月の海


仕方なく、ここを諦め、大きく場所を移動。

そしてたどり着いた漁港、時刻はゴールデンタイムのまず目時をとっくに過ぎてしまったが、風はかなり弱まった。
数投目のキャストで早速、ヒットした。

アオリ1


ちょっと小さいけど、このポイントでの初釣果。

アオリ2


それから数投目、最初のよりちょっとサイズUP。

これは爆釣かと思ったが、しかし、この後が続かなかった。

しばらくしゃくったが、当たりが途絶えた。
おまけに私のロッドがしゃくった時に折れてしまうというトラブルがあったりして、釣れないモードに突入してしまった。

あたりに漂ったマッタリ感が怪しく煌めくナトリウム灯に揺れて写る。

灯りの海


結局、アオリイカ2ハイで終了。
ナマコは0だった。(〒-〒)

江の島・秋(12.10.20,21)

先週末は用事があって鎌倉に二日続けて行ってきた。
10月の湘南は真夏ほどの喧噪は無かったが、それでも多くの人達で賑わっていた。

用事の合間にちょっと写真撮影。

江の島午後


片瀬西浜ではサーフボードやカヌーがビーチを彩る。
こういう写真はもっと近づいてフィッシュアイで撮りたいところかな。

江の島午後2


ちょっとオシャレな商業施設の看板。

すすきと江の島


日曜日は、夏を想わせる陽気だったけど、道の片隅のススキが秋の深まりを感じさせる。

江の島SunSet


定番の七里ヶ浜からの江の島夕景。

富士とR134


渋滞する国道134号線の向こうにはシルエットの富士山が。

江の島と富士山


トワイライトタイムの江の島と富士山。

撮り尽くされた、景色の中から独自の目線で切り取るのは難しい・・・。

エギング(12.10.13,14 Sut,Sun)3

家族と一泊で温泉に泊まりに行った。
行くところはいつものように海の近く。
そして、いつものように夕食前のちょっとの間、一人で近くの漁港でエギング。

この日は風もなく釣りをするにはいい条件。
空にはうろこ雲が広がる。

うろこ雲


しかし、明るいうち何の反応も無い。
そのうち燃えるような夕日が西の山に沈み辺りはあたりは次第に夕闇に包まれていく。

夕陽


そのうち地元のオヤジさんが寄ってきて、「何釣ってんだ?」
と聞かれたので「アオリイカ」と答えると
「まだチッチェーだろ。こんなもんだぞ。」と親指と人差し指を中途半端に広げた。
今の時期、キロオーバーは無理だとしても6〜700gくらいなら運が良ければ釣れるはず。
ちょっとムカついて、目の前で上げてやろうとしゃくた時、ガツン、ジーと一瞬。
しかし、次の瞬間、テンションが消えた。
リーダーに傷があったのか途中で切れていた。
ちょっといいサイズだったのに。
何やってんだろ、オレ・・・・・・・。

いつのまにかオヤジさんは消えていた。

気を取り直して、数投目、かなり手前でヒット。
今の時期らしいサイズ。

アオリ13


今が時合かと思ったが、この後が続かず、ナマコ1匹引っかけてタイムUP。(このままだと誰かと同じになる(/_\)  )

ナマコ


翌朝、まだ暗いうち、家族が寝ている間に一人、ホテルを抜け出す。
ポイントは昨夜より風があるが問題ない。

数投目でヒット!

アオリ14a


昨夜のヤツよりはちょっとサイズUPした。

アオリ14b


連続ヒットとまではいかないが、ポツポツヒットする。

アオリ14c


今回、一番いいサイズ、といっても400gくらいかな。

この後、2ハイ追加し、明るくなるまでやって、結局5ハイ。

今の時期だからもうちょっと釣れると思ったけど、久しぶりにアオリイカの引きを味わったからとりあえず満足・・・・・かな?




西伊豆(12.10.07Sun)2

先日、調整に出したレンズが戻ってきた。
調度、一週間。
思ったより、短期間で済んだ。
しかも、保証書がなかったので有料かと思ってた調整費が無料だった。(^^

そんなわけで、夕陽が綺麗な西伊豆に撮影(釣り?)に行ってきた。

この日は午前中は雨だったが、午後からは晴れるという天気予報を信じて昼頃、時折小雨のぱらつく中、自宅を出た。

予報通り、沼津にさしかかった頃には青空も見え始めた。

西伊豆と言えば釣りのポイントならある程度はわかるが、撮影ポイントはよく知らない。
とりあえず、漁港を巡ってみた。

沼津近辺は通過し、最初は八木沢漁港そして宇久須漁港。
富士山は雲に隠れて見えない。
そして、風も強く、竿を出す気にもならず、パス。

田子港1


そして辿り着いた田子漁港。
風もなく、大勢の釣り人で賑わっていた。
ここでは竿を出す隙間も無く写真撮影だけ。
エギンガーは少なかったが、餌でソーダガツオが随分釣れてるようだ。

田子港2


雲の間から光芒が射していたのでよく見える場所に移動して撮影。
(上の写真は光の筋がよく見えるようにコントラストを強調し、彩度を上げてます。)

田子港3


そして田子港の突き当たりまで行くと、綺麗な水の穏やかなゴロタ浜が現れた。
もう少し、歩いてみようかとも思ったが、そろそろ夕陽のいい時間になってきたので更に南下した。

堂ヶ島1


夕陽を撮ろうと思ってたのは春にも撮影に来たことがある堂ヶ島。
夕陽の写真は上の写真の人が立ってる岩の上から撮影。

堂ヶ島2


この日最後の光を雲の間から投げかける中、静かにサンセットクルーズの船が通り過ぎる。

堂ヶ島3


雲にピントを合わそうとすると合焦しにくい。
前のレンズもそうだったかな・・。

光芒


夕陽と釣り人


撮影ポイントの外側はメジナのポイントらしく、春来たときは良形のメジナを上げてる人がいた。

堂ヶ島4


そして暗くなってからは、釣りの時間。
場所を釣りのホームグランドの東伊豆に大きく移動。
ところが、最初寄ったポイントは風が強くパス。
次に寄った本命ポイントも風が強い。
1時間くらいやってイカパンチを2発くらって撤収。(涙)
記事検索
livedoor プロフィール

PHOTOHITOブログパーツ

エギング
関東風景写真
爆釣速報
爆釣速報イカ
ギャラリー
  • 足利フラワーパークの藤棚
  • 足利フラワーパークの藤棚
  • 足利フラワーパークの藤棚
  • 足利フラワーパークの藤棚
  • エギング・ギャフ(17.4.22土)
  • エギング・ギャフ(17.4.22土)
Archives
  • ライブドアブログ