釣撮ダイアリー

釣りと写真と時々建築の話

2012年05月

エギング(12.5.27,28)2

釣り友二人と熱海の沖合に浮かぶ離島にエギングに1泊2日で行ってきた。
前回、一人で伊豆へ行った時は7:3くらいのカメラ優先モードだったが、今回は釣りモード120%の釣り友二人との釣行。
必然的に私も釣り優先モードになる。
といっても7:3くらいかな。

昼過ぎからポイントに入りシャクリ始める。

ポイント1


しかし、真っ昼間では雰囲気が今一でモチベーションが上がらない。

煌めきの中2


少し日が傾きかけたところでポイントを移動する。

ポイント2


この日は台風の影響が心配されたが、ウネリは全くなく、風も時折、南からの弱い風が吹くだけ。
釣りには絶好のコンディション。
モチベーション急上昇。

煌めきの中3


釣れないわけがない・・・・。
自然とタックルを持つ手にも真剣さが籠もる。

クルージング


熱くなってる我々とは裏腹に沖ではヨットが涼しげに静かに通り過ぎていく。

夕まず目のタックル


夕まずめのチャンスタイム。
3人のうち誰が最初に上げるか・・・。
タックルからオーラが発せられる。

夕まず目


しかし、何も起こらないまま日は暮れていく。

そしてそのまま夜10時頃にストップフィッシング。

ちょっと盛り上がったのは帰りがけ、ギャフの名手のベッチが信じられないものを引っかけたときくらい。


ホテルの温泉で心の傷を癒して翌朝は3時起床。

海は油を流したようなベタ凪。

気分一新、期待を込めてしゃくる!

日の出


しかし、辺りが明るくなり日が出ても釣れない状況は変わらない。

日の出2


ということでまた写真ブログになってしまった。

エギング、完敗です。

UP DN

UPDN


ここはみなとみらい駅からクイーンズスクエアへと至るエスカレーターのあるアトリウム。
近未来的な感じの空間で前から写真を撮りたいと思っていた所。

本当はフィッシュアイで撮るともっと面白い写真になるのだろうけど、手持ちの機材でめいっぱい広角にして撮ってみた。

UPDN2


建築設計屋としてはこんな写真見るとUP・DNの文字と矢印を入れたくなる。

午後の一時

引き立てのコーヒーを飲みながら原稿を仕上げる。
それが私の小さな幸せを感じる一時・・・。


午後の一時

PHOTOHITOにリンクするようにしました。


建築デザインの世界においてモダニズムが登場してからもうすでに100年以上経つ。
それまでの過剰な装飾を一切廃し、単純な水平と垂直の直線から構成されたデザインがモダニズムの大きな特徴だ。

街撮りでもモダンさを表現するには水平、垂直がキーワードかな、なんて思って撮ってみた。
被写体に対し、スクエアーに構え撮ったのが↑の写真と前の写真の一番目。
ちょっとモダンさが出せたかな。

ところで今朝は金環日食。
大いに期待したのだが、朝から雨。
ところが、日食のピークをちょっと過ぎたあたりから雲の隙間から垣間見ることができた。

日蝕2


日食1


一応、記録ということで。

ところでこのブログ最近全然釣りブログじゃなくなってるけど、来週あたりは出撃する予定。
それまでは街撮り写真ブログということでご勘弁。


YOKOHAMA Road to the future

先日、横浜に買い物に行くという娘に拉致されアッシーをさせられた。
娘が買い物している間、お抱え運転手は横浜駅周辺で街撮り。

ここいらには題材はゴロゴロしているのに違いない。
しかし、それを発掘する眼と切り取るセンスがなければいい写真は撮れない。
過去に何度か挑戦したが普通の写真を量産してきた。

東口からそごうを出ると最近できた日産グローバル本社が目に入る。
そごうから歩道橋でこの建物は繋がっている。

Road to the future


歩道橋はこの建物を貫通し、みなとみらい地区へと続く。
まさにここは未来への入り口だ。

ここを出るとランドマークやクイーンズスクエア方面まで一直線の歩行者専用道路が延びている。

大通り


途中、いろいろな商業施設があり、建物を見ていると建築の設計にも役立つ。
このあたりで写真を撮っていた時、娘からお迎えコールがあり引き返した。

車を止めていたベイクオーターにたどり着いた頃には西の空が綺麗な夕焼けに染まっていた。

二人の夕焼け


向かいを見るとやはり新しくできたゼロックスのビルのカーテンウォールはもう一つの横浜を写していた。

ZEROX


街撮りって結構楽しいが、難しい。
でも、いい写真の題材を発掘する眼は養うもの、センスは磨くもの。
段々といい写真が撮れるようになるでしょう。

伊豆半島・エギング(2012.5.12)

GWは天気が悪いということもあって釣りができなかった。
明けの週末、天気も良さそうなので伊豆へ釣りに・・・・
いや、写真を撮りに行ってきた。

早朝、家を出て、東伊豆で日の出の写真を撮り、夕方西伊豆で夕陽の写真を撮るというプラン。
こんなプランを組み立てること自体釣りをなめているという他ない。
こんなんで釣れるほど釣りは甘くない・・・・。

ともかく、一念発起して夜明け前に家を出る。
以下撮った写真を時系列に並べる。
伊豆を知っている人ならどこで撮ったかすぐ判ると思う。

手石島


ここに着いたのはまだ日の出前。
ここでは以前、間違ってヒラスズキがヒットしたことがある。

朝の海b


次に寄った所は近くに温泉のある堤防。
ここはちょっとは実績があったのだが・・・。
この日は何もなく移動!

爪木崎


そして、かなり南下したこの辺りは私の好きなポイント。
しかし、真っ昼間では流石に、釣りも写真も厳しい。

弓ヶ浜


この日は気温も高かった。
仮眠するために、日影のある駐車場を探し、辿り着いたビーチ。
高校野球の合宿で球児達が走っている。

利島


秋にはメッキ釣りに来たところ。
遠くに利島が見える。

大瀬


この奇岩が立ち並ぶポイントでは写真を撮っただけで、ロッドは振らなかった。
光線の具合がもっと良かったら面白い写真が撮れそうだ。

石廊崎


そして、伊豆の最南端。
ここも状況によっちゃいい写真が撮れそう。


大浜海岸


その後は北上し、西伊豆へ。

磯釣り


ナイスサイズのメジナを取り込んでいるところ。
SSが遅すぎた。
ISOが100だった。

堂ヶ島


そして、最後に夕陽を拝み目的達成・・・。

しかし、肝心なものがまだ・・
この後、暗くなってから新しい墨後が残る釣れる気ムンムンの実績のある堤防へ。
30分くらいキャストしてライントラブル。
暗い中、編み物する気にもならずにそのまま撤収!




GW後半は動植物の写真撮り

GW中盤はEXIV初島クラブに家族と出かけたが、雨風ひどく釣りも写真もダメ。
楽しみにしてたのにガックリ(涙)

終盤にようやく晴れたので近所で動植物の写真撮り。

トンボ


糸トンボの仲間。
このトンボ撮影中はこっちをじっと見て警戒してた。

アゲハ


ネギボーズに止まるアゲハチョウ。

クロアゲハ


ツツジとクロアゲハ

ベニシジミ


ベニシジミ

菜の花


菜の花に似た花。
マルボケは沢の水の反射。

猫


そして我が家の庭に忍び込んだ猫。
よく肥えていた。

犬と娘


最後はうちの愛犬と愛娘。
娘は動植物ではないが・・。

Facebookに更新の度に通知する設定は解除しました。
その代り、いいねボタンを設置したのでよろしく!

写真についてのあれこれ

デジイチデビューしてから約半年が経過した。

徐々にではあるけど、カメラについての知識や撮影についての技術的なこともわかりだした。

そうなると自分の現状の機材や撮った写真について納得のいかない部分が炙り出されてくる。

そうはいってもまだビギナーの域を脱しているわけではないのだけど・・・。


昨日は天気もまずまずだったので近所に写真を撮りに行った。

ポピー


そこで蝶や花の写真を撮った。

蝶1


蛇の目蝶の仲間

蝶2


こちらはベニシジミ

蝶3


大根の花にとまるモンシロ蝶

こういう写真を撮るんだったらもっと寄れるレンズが欲しい。

木漏れ日


もっと綺麗なボケが出せるレンズが・・・、

大根の花、菜の花


もっと解像力のあるレンズが・・・・etc。

自分の腕の悪さを棚に上げてレンズを変えれば全て解決するという錯覚に陥る。

しかし、こういう花とか昆虫の写真も撮っていると面白いんだけど、本当に撮りたい写真ではない。

そもそもデジイチを買おうと思った動機の一つはパラオに行った時、コンデジで撮った海の色がまるっきり実物と違っていてデジイチなら実際の色を再現できるのではないかと思ったからなのだが・・・・。

今一、自分の撮りたい写真が見えてこない。

そうなるとどんなレンズがいいのかも・・。

まあ、とりあえず、今の機材で腕を磨くことが先決だろな。





記事検索
livedoor プロフィール

PHOTOHITOブログパーツ

エギング
関東風景写真
爆釣速報
爆釣速報イカ
ギャラリー
  • 雨の蓼科
  • 雨の蓼科
  • 9月の江の島
  • 9月の江の島
  • 9月の江の島
  • 9月の江の島
Archives
  • ライブドアブログ