釣撮ダイアリー

釣りと写真と時々建築の話

2011年12月

ロックフィッシュ(11.12.28,29)2

仕事納めを終えて、伊豆方面への1泊の家族旅行。
甥っ子も連れて夕飯前に近くの堤防でロックフィッシュを狙う。
シブい中釣れたのはこの子。

カサゴ11.12.28


タイトルはロックフィッシュにしたけど、本当はエギングとする予定だった。
事実、大半の時間をエギングに費やしたのだけど、今年のアオリイカはシブい。

翌朝も27cmのまあまあサイズと20cmちょっとのメバルの2匹だけ。

メバル11.12.29



結局、アオリイカはキャッチすることなく、日の出を拝むこととなった。

日の出11.12.29

平塚サーフ

クリスマスイブは家族と過ごす予定が仲間と平塚で忘年会ってことに。
ちょっと早めに行って海の様子を確認。
去年はメッキが爆釣した新港も今年は餌釣りの人が数人いるだけ。
穏やかに波が漁船と空を写して揺れていた。

ゆらぎ


そして陽が傾きだすとシーバスアングラーがちらほら現れルアーをキャストする。

アングラー


私はこれから忘年会(^∀^)

エギング(11.12.17)1

前回ギャフ入れに失敗し、大物を取り逃がした。
そこで今回はギャフ係を連れて前回と同じ東伊豆のポイントに行ってきた。
快晴無風の週末ということで釣り場が混雑してるかなと思ったが、夕方近く到着したポイントには誰もいない。
ラッキーというよりは、状況の悪さを物語っているようで一抹の不安。

夕まず目を迎える前から、ベッチとY君と3人でシャクリ始める。
しかし、暗くなってもY君のゲソ一だけで何も起こらない。

「今回もイカの写真は無しかな」なんて思いが頭にチラチラしてきた時、ベッチが何か不自然な動きをしている。
近寄ってみると足元の海面にはイカが頭を出している。
Y君が6mのギャフを入れて無事キャッチ。


「もうギャフ係なんて呼ばせないぜよ!!」

アオリイカ11.12.17


お見それしました。

でもキャッチしたのは600gくらい・・・・・。

その後は9時ころまで粘るも何も起こらず撤退。

う〜ん、厳しい!!

ルアーマン

昼間の投げ釣り師達は陽が傾き始めると帰っていく。

入れ替わるようにシーバス狙いのルアーマン達が集まり始める。

太陽が伊豆の山々に完全に隠れ、街の明かりがちらほら灯り始めてからが彼らの時間だ。


夕まず目


波の音に混ざって時々、ヒュッ!というルアーをキャストする音が聞こえなければ忍者のように闇の中に溶け込んでいて、彼らの存在はわからない。



キャスト!(大磯)

少しでも遠くへ仕掛けを飛ばそうと、釣り人は波が引いた時を見計らって前に出る。

そして、大きくバックスイングの大勢に入り、  

思いっきりキャスト〜!!

仕掛けは冬の空気を劈き飛んでいく。

釣人


大磯の「こゆるぎの浜」で投げ釣りをしている人がバックスイングから次の動作に移る直前の瞬間を撮りました。

自分は普段はこういう釣りはしないのだけどなかなか豪快な釣りです。

シーバスフィッシング(11.12.10)

久しぶりにシーバスフィッシングに行ってきた。

場所は平塚のサーフ。

シーバスフィシング


といっても今回はタックルは持たずにカメラを持って・・・・。

かつてはサーフのシーバスフィッシングを私もやっていたけれど、ここんとこはずっとご無沙汰。

理由は釣れない、 ウエーダーの準備や後片付けがめんどくさい・・・等々の理由。(笑)

サーフフィッシング


今ここではシーバスが好調のようでフラットフィッシュも釣れてるらしいが、撮影中は釣れていなかった。


時合はこれからかな 。


GOLD

エギング?(11.12.04Sun)1

昨日の冷たい雨が嘘のようなとびっきりの快晴に恵まれた日曜日、絶好の釣り日和&撮影日和のなかカメラを持って伊豆にエギングに行ってきた。

途中、こんなところに立ち寄って、

伊東マリーナ



天気が良くてマストの先には月も見える。

マスト


夕日の撮影をするなら西伊豆を選ぶところだが、釣りを優先させて行き慣れている東伊豆を選んだ。

ポイントには明るいうちに到着し、シャクリ始める。
暗くなってからが勝負なのだが、なかなか当たりがない。
たっぷり日が暮れた6時半頃、ついに来た。

かなりいいサイズのようだ。
チリチリドラグが滑る。
心臓がバクバクする。
一人だけだったので手前まで寄せたところで抜きあげようと思ったが、重い・・・・。
抜きあげるのは無理だと判断し、ギャフを用意した。
ところが、5mのギャフがぎりぎり海面まで届かない。
しかたなく、思い切って抜きあげることにした。
竿をできるだけ下げ、抜きあげる。
なんとか堤防までイカがあがった・・・・・
成功!と思ったとき、イカが堤防の角にぶつかった。
ブチッ!
ラインの切れる音がした。
イカは堤防の角に墨を吐き、海に帰っていった。
墨跡


しばらく茫然・・・・・。
こんなことが何年か前にもあった。
一人の時に限ってデカイのがかかる。


気を取り直して再開したけど、その後は何事もなく終了。

ということでイカの写真はなしのエギング釣行記。(泣)


こんな時は元気の出る歌でも聴いてリベンジしよう!

横浜・象の鼻パーク

12月になったばかりの寒い平日の夜、観光客も少ない象の鼻パークからのMM21の夜景。


MM21


赤レンガ倉庫の明かりが暖かそう。


赤レンガ倉庫


手前のモダンな建物とクイーンの塔とのコントラストが面白い。


横浜税関

平塚・袖ヶ浜

昨日の夕方、袖ヶ浜の太陽は薄いベールに包まれ、西の空をオレンジ色に染めることなく雲の間に消えていった。


袖が浜


記事検索
livedoor プロフィール

PHOTOHITOブログパーツ

エギング
関東風景写真
爆釣速報
爆釣速報イカ
ギャラリー
  • ついにジジイ
  • ついにジジイ
  • エギング(17.3.05)
  • インターコンチネンタルバリリゾート
  • インターコンチネンタルバリリゾート
  • インターコンチネンタルバリリゾート
Archives
  • ライブドアブログ