2月下旬から3月初めにかけては週末の伊豆方面は川津桜のシーズンで道路は渋滞する。
堤防はヤリイカねらいの人達で混雑するし・・・・。

そんなこんなで二の足を踏んでいたらベッチから外房の大原にヒラメを釣りに行かないかと誘われた。

外房といえば、アクアラインで渡ってまた山越えた所、
餌釣りのヒラメはやったことないし、当然道具も持ってない。

ちょっと躊躇したが、道具は貸してくれるということで、たまには違った釣りを経験してみるのもいいかなというのと、
今の時期はいわゆる寒ビラメ、食味にひかれて結局バイトした。

出船は早朝5時ということで前日の夜中、現地到着。
まだ暗いうちに出船。

ポイントは港から30分くらいの所。
天気は快晴、外房にしては波も比較的穏やかなまずまずの釣り日和。

餌のイワシをつけ、20mくらいの海底に沈め、竿先に神経を集中し、当たりを待つ。

大原11.3.05


じっと待つ・・・・・・

ひたすら待つ・・・・・・・

いつまでも待〜つ〜・・・・・・


オジサンしかわからない歌を口ずさんでいるうち沖上がりとなった。


ところが最後の最後に思わぬ結末が待っていた。

それが下の写真。

ヒラメ11.3.05


目的の半分は達成できた。

ありがとう、上乗りさん。