釣撮ダイアリー

釣りと写真と時々建築の話

2010年11月

伊豆釣行(10.11.20,21)3

ヘビータックルでキャストしまくった灼熱のパラオから帰ってから初の釣り。

伊豆へY君、ベッチとオレの車でナイトエギング、デイカワハギングに行ってきた。

ポイントへ向かう途中、狭い道ですれ違いの時、対向車とフェンダーミラーどうしが接触。
お互い傷も無かったが、気分の悪いまま、すでに日が暮れてしまったポイントに到着。

集合時間に遅れてきたY君、フライイング気味に始めて1投目でヒット。
700gくらいのまあまあサイズをキャッチ。

オレも準備を終えてキャスト開始。
ヘビータックルに慣れた体が多少違和感を感じる。
そして2投目でヒット。
ちょっと小さい400gくらい。

そしてY君がまたヒット。

ベッチは沈黙。

またいつものパターンかなと思ったらベッチもヒット。


20a


そしてその後、オレがライントラブルに手間取っているうちにY君、ベッチが順調にヒットを重ねた。

焦るオレ。

余裕のベッチ。

何なんだこの展開は・・・・・。

結局、後半盛り返したオレはリリースも入れてようやく7ハイキャッチ。

20b


Y君は9ハイ、ベッチ8ハイという結果に。

ちょっと納得できない気持ちを引きずりながら早めの9時前に切り上げホテルに車で向かう途中、猫がオレの車に飛び込み自殺を謀った。

何なんだこの展開は・・・・・。


翌朝は気分を切り替え、エギンガーからカワハギンガーへ変身。

ところが、沖はうねりが大きく、カワハギンガー歴の浅いオレにはあたりがなかなかとれない。

結局、オレは特大ウマズラを入れてようやく10匹。

21


カワハギンガー歴がオレより長い二人でも14匹、13匹という貧果に終わった。

ちょっと下降線を辿り始めたかな・・・・?




GT game in PALAU (2010.10.30〜11.02)5

 
GTといえば言わずと知れたルアーフィッシングの究極のターゲットの一つである。

 私はヘビーなGTタックルを持ってボートに立ち、まだ見ぬ大物を想うとき、ある種の恐怖感を伴った緊張と期待で武者震いする。

 まるでゴングのなる前のボクサーのように。

 そして100g以上のルアーを紺碧の海に向かいフルキャストする。

パラオ海


 その爽快感が私にとってGTゲームの最大の魅力だ。



 いつもの釣り仲間と3人で3年ぶりにパラオへ行ってきた。

sunset



GTのサイズだけを求めるなら他の場所という選択枝もあったかもしれない。

しかし、パラオの魅力はそのロケーションにある。

エメラルドグリーンとコバルトブルーの海の織りなす美しい景色の中でのGTゲームが私を魅了するのだ。

3GT




続きはパラオ遠征記2010で
記事検索
livedoor プロフィール

PHOTOHITOブログパーツ

エギング
関東風景写真
爆釣速報
爆釣速報イカ
ギャラリー
  • 女神湖
  • 女神湖
  • 女神湖
  • 女神湖
  • 佐久の鯉料理
  • 佐久の鯉料理
Archives
  • ライブドアブログ