釣撮ダイアリー

釣りと写真と時々建築の話

2009年07月

シイラ&エギング(09.7.11)1

撃沈の土曜日

4日続いた時化で遊漁船も出船できなかった後の土曜日。
多少のうねりは残るものの絶好の釣り日和に恵まれまた、Nキャプテンの船でシイラ&エギングにMr.Pとベッチと一緒に行った。
先週と同じように沖をめざし潮目を探す。
前回よりもだいぶ南にくだった拓海の東側で大きな潮目を発見。
これはもらったと思ったが、いくら打ってもシイラは出てこない。
チェイスさえもなくお手上げ。
アンカー打ってゆっくりお酒を飲みたいNキャプテンの気持ちをくんで、シイラはあきらめ由比ヶ浜の沖合でエギング。
開始早々ベッチにヒット!

ベッチ09.7.11

2〜300gのベビーサイズ。

さい先いいと思ったが、こいつが最初に釣ると今までろくなことがない。
案の定、この後、何もなく終了。

もっともNキャプテンのボートではこれが普通。
前回ができすぎだったということ。

シイラ&エギング(09.7.04)4

湘南ボートフィッシング

相模湾ではオフショアのシイラが6月末からスタートした。開幕早々好調のようだ。
そしてアオリイカの前半戦はもう終盤。
どっちにしようか迷った末、両方することにした。

ここ数日、梅雨らしいジメジメした空模様が続いたが、土曜日はちょっと天気が回復。
今回は、友人のNキャプテンのプレジャーボートで構造屋のS君と湘南の境川から出航。
まずはシイラを探しに沖を目指す。
江ノ島の沖合数キロのところで潮目を発見。
流れ藻が点々と続いている。
キャスト開始早々私にヒット!
しかし、足下まで寄せたがバラス。
しばらくしてまたヒット!
しばらくぶりにシイラの引きを楽しみキャッチしたのは80cmくらいのメスのシイラ。

シイラ09.07.04a
その後、潮目をたどり東へ向かうがなかなかシイラがでない。
仕方なくこの潮目に見切りをつけ、南に下る。
ボート09.07.04

しばらく行くと大きな流藻発見。
ルアーをキャストするとシイラがワラワラ沸いてきて奪い合うようにルアーをチェイスする。
ヒットすると派手にジャンプし、ドラグを鳴らしてくれる。
最初に1m位のシイラをキャッチ。

シイラ09.07.04b

遊漁船のような大きなタモが無いので取り込みに苦労しながらキャッチ&リリースを繰り返す。
結局この流藻周辺で私は7ヒット4キャッチ。
S君は何度かヒットさせたが、キャッチには至らず。
十分シイラの引きを堪能したので、逗子マリーナへ燃料補給のため、寄港。

逗子マリ09.07.04a

マリーナには数千万円〜数億円の豪華クルーザーが並ぶ。

逗子マリ09.07.04b

写真手前はNキャプテンのボート。
給油後、後半はボートエギング。

鎌プリ沖合の水深7〜10m位の藻場にアンカーを入れ、キャスティングで攻める。
まずS君がかわいい300gのメスをキャッチ。

アオリイカ09.07.04a

その後、私が900gのメスをキャッチ。
アオリイカ09.07.04b

これにはもう1匹寄り添うように大きなオスのアオリイカがボートのすぐそばまでついてきた。
その後、400gを追加し一旦休憩。
再開後、しばらくして、しゃくったロッドが強烈に絞り込まれた。
ドラグが鳴り、ラインが出される。
久しぶりで味わう大物アオリイカの引きだ。
2キロは堅いだろう
ジェット噴射を交わしながらNキャプテンにタモ入れしてもらいキャッチ成功。

アオリイカ09.07.04c

現場で見たときは十分2キロは超えていると思ったが、家で計測すると、胴長39cm、1.9キロのアオリイカだった。
またしても2キロの壁は破れなかったが、これを最後に十分満足して帰港。
Nキャプテンありがとう

記事検索
livedoor プロフィール

PHOTOHITOブログパーツ

エギング
関東風景写真
爆釣速報
爆釣速報イカ
ギャラリー
  • ついにジジイ
  • ついにジジイ
  • エギング(17.3.05)
  • インターコンチネンタルバリリゾート
  • インターコンチネンタルバリリゾート
  • インターコンチネンタルバリリゾート
Archives
  • ライブドアブログ