運も下降線?
桜も散り、汗ばむほどの陽気になり、海水温も急上昇。
春アオリのトップシーズンも近い中、伊豆方面へ4人でエギング、メバリングへ昼間から出かけた。
好天の日曜日、日中のメジャーポイントへはなかなか入れない。
そこでとりあえず、4人でゴロタ場でのムラソイねらいのムラキンコンテスト。

ムラソイ089.4.19a

結果は25センチクラスを3匹そろえたY君が圧勝。

ムラソイ089.4.19b


結果は下記の通り。

ムラソイキング Y君    大(25センチクラス)×3
2位      ベッチ   中×2  両足落水、転倒、足打撲
3位      パーチ   小×5  片足浸水
4位      Mr.P  小×4  両足落水 


暗くなってからまずはイカキンコンテスト。
潮が酷く濁っているせいかゴールデンタイムをとっくに過ぎてもだれにも当たりがない。
しかし、ベイトは豊富で海面がざわついている。
するとY君のロッドが大きく弧を描いた。
ジリジリラインが出されなかなかあがってこない。
かなりの大物のようだ。
そのうち横に走り出した。
これはイカではなさそう。
5分以上の攻防の末、浮いてきたのはなんと座布団クラスのヒラメだった。
タモが無いので、私がイカ用のギャフで抜き上げを試みた。
しかし、途中まで抜きあげたところでヒラメがあばれ、ギャフが伸びてしまい、ナチュラルリリースとなってしまった。
その後、海は静寂を取り戻し、イカの気配は微塵も感じられない。
ここんところエギングで釣れないというイメージは浮かばなかったのに、さすがにボーズの気配が濃厚になってきた。
結局、今回で秋から続いていたエギングのボーズ無し記録は途絶えてしまった。

そして最後にメバキンコンテスト。
こちらも昼間の落水で夜のゴロタ場に行く気力が萎えて、全員ノーフィッシュ。

低調なコンテストに終わった。
ついに運も下降線をたどりだしたか。
来月の久米島遠征が危ぶまれる・・・?