釣撮ダイアリー

釣りと写真と時々建築の話

2009年03月

オールナイトエギング(09.3.28、29)3

根性と忍耐のオールナイトエギング

3月も末だというのに真冬のような寒さの土曜日。
海水温も低めでイカの活性も今一。
しかし、そんな中、前回のリベンジを目論むベッチを連れ、伊豆へ出かけた。

今の季節、暗くなってからが勝負ということで、
午後からの出撃。

夕方、5時半頃、最初のポイント到着。
いつもの地磯より少し奥にある比較的水深のあるワンド。
ここからスタート。
多少のうねりはあるものの風は無くまずまずのコンディション。

いつもより最初のカウントダウンは多めにとる。
あたりが暗くなり始めた6時10分、早くも最初のヒット!
しかし、あまり強くはない引き。一気に抜き上げる。

アオリイカ09.3.28a

400gくらいだが、最初のキャッチはいつもうれしい。
近くの餌釣り師にもヒットしたようだ。
ゴールデンタイムに突入かな。
しかし、こんな時にベッチは根掛かりでエギをロストし、ラインを組み直している。

そんな最中、私に2ハイ目がヒット!
満潮、潮止まりが近い6時25分。
今度はでかい。
ジェット噴射でロッドが絞り込まれる。
久しぶりに味わう強い引き。
取り込みにもたついたが、なんとかギャフUP。

アオリイカ09.3.28b

1100g。今年最初のキロオーバー。

さい先の良いスタートをきったものの後がなかなか続かない。
結局、干潮近くの11時過ぎまで粘ったが、見切りをつけた。

ここで仮眠しようかとも思ったが、ぶっ続けのオールナイトエギングを実行することにし、場所を大きく移動。
ビッグサイズの実績のある堤防へ。
先行者が2名。
まだ釣れてないらしい。
真夜中の1時ちょうど、3バイめがヒット!
足1っぽんだったが、抜き上げた。

アオリイカ09.3.28c

700g。

そしてこの後、また沈黙の時間が続く。
・・・・・・・

夜中の2時過ぎ、再び移動。
今度は大きく北上し、秋に爆釣したポイントへ。
アゲインストの風がやや強く、うねりもかなりある。
墨跡もなくモチベーションも低下する。
あたりが少し明るくなり始め、もうやめようかと話した直後の
4時55分、4ハイめがヒット。

アオリイカ08.3.29d

難なく抜き上げたのは350g。
これを最後に納竿。
実釣時間12時間。
根性と忍耐のオールナイトエギングであった。

結局、ベッチは今回もボーズ。
釣りと女のどちらを選ぶかハムレットの今のベッチ。
心の迷いが釣りに微妙に影響を及ぼしているのだろう。


エギング(09.3.15,16)1

厳しいスタート

3月も半ばを過ぎ、遅ればせながら今年初めてのエギング、メバリングに仲間3人と伊豆方面へ行ってきた。
事前の情報ではアオリイカはちょっと厳しそうだが、メバルはかたいらしい。
昼間のうちは今一、モチベーションがあがらず、ちんたらエギング。
段々暗くなった夕まずめからは真剣モードでしゃくり始めるが誰の竿も曲がらない。
日もとっぷり暮れ、真っ暗になっても状況は変わらない。
そのうち近くの餌釣り師が電気浮きを回収し始めた。
我々もここでいったんエギングに見切りをつけ、場所を移動し、メバルに狙いを変更。
常夜灯のある堤防に移動したが、球切れしたのか点灯していない。
かたいと思われたメバルにも黄色信号が点灯しだした。
その後、闇夜のゴロタや磯を徘徊するがメバルはお留守のようだ。
WBCでなかなか得点できないサムライJAPANの心境。
ここはいったん撤退をし、翌、朝まずめに賭けることにした。

翌朝、といってもまだ真っ暗な3時よりエギングを開始。
30分くらいしてようやく私に待望のヒット!

アオリイカ09.3.16

2ヶ月ぶりにキャッチしたのは600gのアオリイカだった。

ヤリイカ09.3.16 >

その後、Y君がヤリイカをキャッチしたがあとが続かず、
すっかり夜が明けたところで納竿とした。

ちょっと厳しいスタートとなったが去年の秋からの連続ボーズなし記録はかろうじて継続できた。



記事検索
livedoor プロフィール

PHOTOHITOブログパーツ

エギング
関東風景写真
爆釣速報
爆釣速報イカ
ギャラリー
  • 女神湖
  • 女神湖
  • 女神湖
  • 女神湖
  • 佐久の鯉料理
  • 佐久の鯉料理
Archives
  • ライブドアブログ