今年の釣り初めは去年と同じカワハギ釣り。
そして、船は釣り納めに爆釣した菖蒲沢の桂丸。
メンバーはカワハギ初挑戦のMr.P(フィリッピン)とカワハギ名人S氏をはじめとしたT社の関係者。

出港前の船長の話では数日前から水温が急激に下がりかなり渋いとのこと。
しかし、我々はそんなネガティブな話を聞く耳は持ちません。
意気揚々と出港。

最初のポイントは去年の暮れに爆釣したポイントだ。
しかし、いくら待ってもあたりがない。
餌もとられない。
船は周辺を何度も流す。
ム〜ッ! 事前の船長の話が脳裏をかすめる。

しばらくして名人S氏が最初の1っぴきをあげた。
それから私も続いた。
しかし、全般的に渋く本当にポツ、ポツと拾い釣りといった感じ。
かなりしてからMr.Pもようやく1っぴきをキャッチした。

カワハギ09.1.20b


その後場所を何度か変えてはみるがどこも状況は変わらない。
船長も万策尽きてまた元のポイントへ移動。
終了間際、私はここで4匹連続キャッチ。

結局、初挑戦のMr.Pは2匹、名人S氏でも6匹。
オデコも一人。
そんな中、私は12匹釣って竿頭に。
名人の座をS氏から奪取してしまった。
もっともこの釣り仲間、かなりレベルは低いのだけど。

カワハギ09.1.20a