釣撮ダイアリー

釣りと写真と時々建築の話

グループホーム

昨年、原稿を担当した螢┘スナレッジ出版のムック本が3月10日発売された。「高齢者介護・シルバー事業企画マニュアル」という本だが、この中のグループホームに関する部分の10数ページ分を私が担当した。
グループホームというと最近、世間を騒がすような事件も発生し、色々な問題も指摘されている。これらの問題はすなわち現在の日本が抱えるの高齢社会の問題なのである。
グループホームは介護保険が発足した2000年にはわずか250ヶ所程度だったものが5年後には5700ヶ所以上に急増した。これは厚生省のゴールドプランの想定を大幅に上回る勢いだ。本の中でも書いたが、この原因はグループホームの開設の容易さが一因ではあるが、最大の要因は数量規制前に開設しようという駆け込み競争だと思う。
 すでに指摘されていると思うが、こうした急増する施設に対し専門スタッフの確保が追いつかないのは当然のことである。介護の仕事というのは私などが論ずるまでもなく、専門的知識を要し、また肉体的にも精神的にもかなりハードな仕事である。ところが似たような業務を行う医療の仕事に比べ、そこに従事するスタッフの報酬は格段に低い。これはなにも経営者が大もうけをして安月給でスタッフをこき使っているわけではない。グループホームの経営は主に介護保険収入で成り立っているが、現在の介護保険収入のレベルではスタッフに支払う給料は現行水準より上げようがないのが現実なのである。こういう状況では介護スタッフの質、量を確保するのは今後、益々難しくなる。したがって、前述の事件が再発する土壌は改善されるどころか悪化する傾向にあるのだ。
 介護保険の制度はこのままでは破綻するのは明白だ。負担する年齢層を下げるような検討もされているようだが、この問題の解決は最大の要因である「少子高齢化」の少子化問題の抜本的な解決なくしてはありえない。これは随分以前より指摘されていたのにもかかわらず、対策を怠っていた政府に責任がある。今から子供を育てやすい環境を作ることも重要だが、手遅れだ。てっとり早いのはやはり外国人移民や労働者の受け入れだ。少子化問題は日本などの先進国だけでなく、韓国や中国などでもやがて大きな問題になるだろう。そうなるとこれらの国々も外国人に頼るようになるはずだ。現在の日本は外国人労働者の受け入れに関しては世界一厳しいと言われている。このへんを今から改善し、周辺国に先駆け受け入れ態勢を整備しておかないとまた手遅れになってしまう。
私が高齢者といわれる65歳になるのもあと15年だ。そのころはどんな日本になっているだろう。それまでに介護の問題などは解決されているのだろうか。

寝不足

今、計画している建物のクライアントはいつも無理難題を押しつける。昨日出したプランに対してもかなり困難なリクエストを出された。私はたいてい設計の仕事は夜に行う。体中の血液の酸素を脳細胞に集中し、考えると困難な問題も不思議とクリアーできる。昨夜、色々考え、なんとか問題をクリアーし、12時頃仕事を終えた。ところが帰っても脳細胞はまだ活発に活動していてすぐには眠れない。そこで、たいがい眠り薬に酒を飲む。ビールだと夜中にション便をしたくなるので、昨夜は安ワインを飲んだ。ところが、グラスに2/3くらいしかなかったので、ベッドで本を読む。開高健の「地球はグラスの縁を回る」という短編集を今読んでいる。昨夜読んだのは「旅は男の船であり、港である」という一編だ。これは旅について色々書いてあるのだが、なかなかおもしろい。旅とは非日常的体験であり、異文化との接触、衝突、驚きなのだが、
「いつまでも驚く心を持ちなさい。子供の心を持って大人の財布を使いなさい。」
ふむふむ、
「その国の人と同じ物を見、同じ物を食べるとどうしてこうも人間は似ているのだろうと思うと同時に、どうしてこんなに違うのだろうと思う相反する二つの認識を感じることが旅の醍醐味なんだ。」
なるほど、
「外国を旅してまずすべきこと・・・タクシーの運転手の話を聞くこと、市場に行くこと、土地の女と寝ること、新聞の3面記事を読むこと、その国の2流作家の小説を読むこと・・・」
などと感心して読んでいるといつの間にか2時を回っている。
眠くはないが床につくと昨夜考えたプランの欠陥に気がついた。修正案が頭の中でまわっていると隣で目覚ましがピピピッと鳴りだした。

競売2

一昨日、例の競売の入札に小田原裁判所へ行って来た。
競売に入札するためには、最低落札価格の2割の保証金を先に払い込まなければならない。3406万円が最低価格の場合、681.2万円必要になるため、定期を解約したり、株を損して売ったりしてかき集め払い込んだ。
小田原裁判所で入札を終え、部屋の外の廊下の張り紙を見ていたら、私が入札した物件はなんと前日に取り下げされているではないか。
落札した場合に備えて銀行からの融資の確約を取ったり、いろんな書類をそろえたり、保証金を苦労して集めたりと大変な手間暇かけて挑んだ入札であったが、思わぬ結果に拍子抜けというか、土俵に上がることもできない不戦敗に悔しい思いでいっぱいだ。きっと、任意売却かなんかで取り下げたのだろうが、競売にかける前にもっと早くなんとかしとけよ横浜銀行!

アレキサンダー

2月5日の土曜日、平塚にあるシネコンに久しぶりに映画を見に行った。今日封切りの「アレキサンダー」。このシネコンは何時行っても空いているし、どちらかが50歳以上の夫婦の場合はシニア割引で二人で2000円と非常にお得。通常なら二人で3400円だから1400円も得をするわけだからうれしい話のはずだが、一抹の寂しさも感じるのも事実だ。というわけでカミサンと二人で見に行ったのだが、封切りというにもかかわらず空席が目立つ。おかげで真ん中の一番いい席で見ることができた。
 さて映画の方はというと200億円もかけた大作だけあってダリウス大王との戦闘シーンなどは大迫力だった。ペルシャを撃退した後もアレキサンダーは自由と民族の融合の美名の下、殺戮と侵略を繰り返し、東征する。これは2500年前の話だが、いまだにどこかの征服者は自由と圧政からの開放の美名の下、侵略戦争を正当化しようとしている。映画の狙いがこういうことにあったかどうかはわからないが、私はそういう人間の愚かさを感じた。

競売

5e119cb1.jpg写真の建物なんだと思う?実はこの3階建の建物は競売にでている建物なんだ。私の住んでる町の駅から歩いて5分ほどの商店街の一角にある鉄骨造の住宅付貸し店舗で面積は土地が約60坪、建物が80坪。最低入札価格は3406万円。
現在1階と3階にはテナントが入っていて1階21万、3階13万円の月額家賃で賃貸中の物件だ。利回りを計算すると今入っているテナントだけでも約10%になる。こんな物件が競売に出ていて、入札に参加しようと思ってる。いくらで指すか決めていないけど落とせば3000万円以上の借金をすることになるのは確実で、これは私にとっては大金だ。
テナントが今の家賃で永続的に借りてもらえるのかとか、地震で建物が壊れたら借金だけ残るぞとか心配する人も私の廻りにはいるが、そんなことは百も承知だ。投資には当然リスクは伴う。それをこわがっちゃ何もできないからね。
元々私は石橋をたたいて渡るような性格ではなく、むしろ腐った木の橋も走って渡ってしまうような性格だ。これがいい場合もあれば、裏目に出るときもある。まー裏目に出ちゃ困るけど。開札は3月初め。結果はいかに。
記事検索
livedoor プロフィール

PHOTOHITOブログパーツ

エギング
関東風景写真
爆釣速報
爆釣速報イカ
ギャラリー
  • エギング・ギャフ(17.4.22土)
  • エギング・ギャフ(17.4.22土)
  • 伊勢原芸術花火大会
  • 伊勢原芸術花火大会
  • 伊勢原芸術花火大会
  • 伊勢原芸術花火大会
Archives
  • ライブドアブログ