釣撮ダイアリー

釣りと写真と時々建築の話

エギング(6月16,17日)1

ライズのアオリイカキング2007で今のところ私は18位・・・。
締め切りまではもうちょっと。
もう少し上を目指そうということで事務所協会のI君、湯河原の建築家H氏を伴い伊豆へ出かけた。
土曜の昼過ぎにのこのこ出発。
先日梅雨入りしたばかりだというのに真夏のような日差しの絶好の行楽日和。
まずは先日1.4キロをあげた堤防へ。
知人いわくこの堤防では1キロ以下のアオリイカは見たことがないという大物限定ポイント。
しかし、快晴の土曜の午後など入れる堤防があるはずもなく、仕方なく近くの地磯へ。
ここは今日のような大潮の満潮時には渡れない。
満潮前に飛び石伝いにポイントに渡り、始めるとまず、H氏が食べ頃サイズをキャッチ。

H氏アオリイカ

続いて私にヒットがあったが、ホタルイカの親分サイズ。
ノンタッチリリース。続いてH氏にも同サイズがヒット。
満潮が近づいてきたので、この磯をでることにしたが、すでに飛び石はかなりの部分が水面下となっていた。若いI君は軽々とジャンプしてクリアーしたが、私とH氏はギリギリセーフ。
近くの磯で続けると、まずめ時にH氏にまたヒット。
しかし、型はあまり大きくないようだが、足1本。
私のアシストでギャフUPしようとして失敗。
ナチュラルリリースとなってしまった。
ギャフで失敗したことは今まで無く、絶対な自信があったのに・・・・。
H氏との間に微妙な空気が流れたが、笑ってごまかした。
そういえば前回もギャフが原因でH氏とI君の間に微妙な空気が流れてれいたっけ。
この後、場所を変え、満天の空の下、流れ星は現れず、夜の11時ころまでねばるがこの日は何事も無く終了。

エギング07.6.19

民宿に泊まり、翌朝、新規開拓ポイントへ。
ここでは大きなタイドプールでグッドサイズのサバを発見。
見事、ギャフでキャッチ成功。イカでは失敗したのに・・・。

サバ07.6.20

この後、サバはおいしい「しめ鯖」になった。
しかし、アオリイカは不発。

景色07.6.20

また、移動を繰り返し、デカイカ限定堤防を覗いて見ると、昨日に比べ随分とすいていて我々の入る余地があった。最後の望みを託すことにした。
開始し、しばらくして私にヒット。
しかしキャッチしたのは400gくらい。
アオリイカ07.6.20
ここでは1キロ以下は釣れないはずではなかったか?
この後、あきらめきれず、ねばったが、なんとエギでシッタカをキャッチ。

シッタカ07.6.20

こんなのキャッチシッタカなかった。なんて思いながら今回のコンテストの上位入賞は断念せざるを得なかった。

エギング(6月10日)3

釣りというものは基本的に人と競うものとは私は思っていないが、いざコンテストに参加してしまうと意外とマジになってしまう。
私が時々行く平塚のプロショップ「ライズ」アオリイカキングというコンテストをやっていてそこでエントリーカードをもらったもんだから是非大物を釣らねばという気になった。エントリー期間は6月17日まで。
ということで土、日でW君のキャンピングカーに乗り行こうとしたのだが、悪天候が予想され中止になってしまった。
ところが、日曜日の朝、天気予報で伊豆方面は曇りになっていたので一人で行くことにした。
家を9時過ぎくらいにのこのこと出た。途中、小田原あたりは雷を伴った豪雨だったのだが、伊東あたりまで来ると雨もあがり、その先は青空ものぞくまずまずの天気で予報はあたっていた。

景色07.6.10

しかし、風が次第に強くなり、気温もこの時期としては低く、水温も下がったに違いない。
エントリーの条件は胴長25cm以上だが、10位以内に入賞するには少なくとも38cm、2キロオーバーをキャッチしなくてはならない。
私にとってはけっこうハードルは高い。
なにしろ過去に2キロオーバーは2度しかキャッチしたことがない。
しかし、今年に入り伊豆方面ではボーズ無し記録を更新中。
なんとかなるだろう。
ということで、下田界隈のあっちの堤防、こっちの地磯と徘徊するが、200gくらいのを1パイキャッチしただけでなかなかエントリーサイズが来ない。

アオリイカ07.6.10b

日も暮れて暗くなり、最後のチャンスと思って入った、とある堤防で、ガツンと強烈なヒット!
グリグリリールを巻く。これはエントリーサイズ間違いない。
ギャフアップするとかなりデカイ。
ひょっとすると入賞サイズか?

アオリイカ07.6.10a

しかし、メジャーをあてると意外小さい。
34cm。1.4キロのオスのアオリイカだった。
入賞は無理だろうが自分としては今期最大のアオリイカをキャッチし、満足のいく結果だったかな。

島田の現場

毎週通っていた島田の現場ももう終わりに近づいた。
役所の検査も終わり、外構工事の一部を残すのみとなった。

ユニテック外観07.6.06a


外観は躍進する先端技術を持った企業のイメージを出せたのではないかと思う。

ユニテック外観07.6.06b


看板の文字にはLEDを仕込んだ。思ったより明るく目立つ。

ユニテック階段07.6.06

エントランスは明るい開放的なホールになっていて来訪客を迎える。

今回設計の関し試みた様々な工夫やデザインは概ね成功したと思う。

しかし、釣りに関してはこちら方面は相性が今一。
レセプションの日までには釣りの方でもなんとか結果をだしたいと思っているのだが・・・・・。

久米島遠征2007(5月18日〜21日)3

去年の11月に久米島で35キロのGTを釣って気を良くした私はまた、GTと巨大マグロを釣りにいつものI君、そして久米島は初めてW君の3人で5月18日〜22日の4日間久米島遠征に出かけた。
 今回はGW明け直後、遊び疲れからか、久ぶりに風邪を引き、8度以上の熱を出し、寝込んでしまった。2,3日で治るだろうと思っていたが、1週間以上体調が回復しない。食欲が全然無くて、ナチュラルダイエットに。しかも治りかけた出発前々日には謎の腹部の激痛に襲われ、今回は断念するかとも思ったが、奇跡的に前日には回復した。しかし、GTやマグロと渡り合える体力の回復しないままの不安な出発となった。
メバチ07.5.19
続きを読む

湘南ボートエギング(5月3日)3

GWは私の大学の同級生で積算屋のN君から釣りに誘われ彼のプレジャーボートで構造屋のS君と事務所協会のI君とでボートエギングをすることになった。
係留してある場所は江ノ島の横の片瀬川の河口。

西山のボート

出港の準備をするNキャプテン。
ここからサザンの歌で有名な烏帽子岩廻りに行き、キャスティングでのエギングをすることにした。
S君I君

江ノ島07.5.03

江ノ島の横を通り、晴天で凪いだ5月の海をボートは快適に走る。
烏帽子廻りには既に満員の釣り客を乗せた茅ヶ崎の遊漁船がいた。

烏帽子岩07.5.03

烏帽子岩廻りは外側が水深2〜30mくらいあり、起伏に富んだ複雑な地形でいかにもアオリイカ好みそうな根がある。
中重り付きのエギングならいいが、キャスティングでねらうにはちと辛い。
我々のボートは陸側の波静かなワンドにアンカーをおろした。
ここは水深10mくらいで平坦な砂地に海草が生えている感じでキャスティングでねらうにはちょうどよい所だ。
烏帽子岩にはGWということもあり、渡船で渡ってきた大勢の釣り人がいる。
なかにはエギンガーもいるようだ。
始めるとすぐに反応があった。
まづ、S君が500gをキャッチ。
続いて私が300g。
アオリ07.5.03a

I君も同サイズをキャッチ。
I君のアオリ0.7.5.03
好調にヒットは続いたが型が今一。
結局、ここで2時間やって、200〜500gを私が4ハイ、S君が3バイ、I君が1ッパイ。
アオリ07.5.03b

その後、ボートを岸寄りに移動し、今度は久しぶりのキス釣りを楽しんだ。
ここではエギングでは今ひとつだったI君が大型のキスを次々釣り上げた。
私とS君には何故かメゴチばかり。
天ぷらのネタとしてはキスより私は好きなのだが、釣ったときのあのヌメリには閉口する。(オカモト理研の潤滑ゼリーのようだとS君は言っていたが・・納得。)
Nキャプテンはビージ−ズやらビーチボーイズやら懐かしいBGMを流しながら、カンビールを飲んでいる。
夕方07.5.03

のんびりした午後の時間をしばし過ごし、夕方近く、再び、烏帽子廻りでエギングをし、S君が2,300gを2ハイ追加し、少し風がでて、波が騒がしくなる中、観光客があふれた江ノ島の横を通り帰港した
湘南07.5.03
記事検索
livedoor プロフィール

PHOTOHITOブログパーツ

エギング
関東風景写真
爆釣速報
爆釣速報イカ
ギャラリー
  • 南三陸復興視察ツアー
  • 南三陸復興視察ツアー
  • 南三陸復興視察ツアー
  • 南三陸復興視察ツアー
  • 南三陸復興視察ツアー
  • 南三陸復興視察ツアー
Archives
  • ライブドアブログ