釣撮ダイアリー

釣りと写真と時々建築の話

エギング、メバリング(08.3.22,23)5

今週は釣り仲間4人で伊豆方面へ1泊でエギング、メバリングへ出かけた。
前日までの強風が吹き荒れた大時化が、うそのような快晴、ベタナギの土曜日。
有名ポイントはどこも釣り人で満員。
いつもの事務局やパラオに一緒に行ったセールスマンとヤングマン達は朝から出撃。
私は昼過ぎに合流し、人の入っていないとある磯で4人並んでエギングを開始。
始めて1時間くらいの真っ昼間。ガツンと根がかりかと思わせたあたりは私にとって今年始めてのキロオーバーとなる胴長30cm、1.2kgのオスのアオリイカだった。
22


今の時期にこのクラスを真っ昼間に釣ったのは初めて。
澄潮の昼間に実績のある背がブルーの銀腹のエギをセレクトしたのがよかったのかな。
みんなのモチベーションが一気に上がったが、あとが続かず、暗くなる前に移動した。
とある堤防に移動したが、暗くなっても誰にも当たりがない。
ここでエギングに見切りをつけ、常夜灯のある堤防に移動。
2人ずつの2組に分かれ別々の所を攻めてみた。
セールスマンと私の方は開始早々から27cmのナイスサイズのメバルがヒット。
これを皮切りに怒濤の入れ食いが始まった。

SMANメバル08.3.22

ほぼ2キャストすると1ヒットするといった具合。
二人で交互にヒットしたりダブルヒットだったりで笑いが止まらない。
しかもキャッチしたメバルは26〜29cmと30cmには届かなかったが、ビッグサイズばかり。

メバル08.3.22


どうやら我々はジャイアントメバルの群れに遭遇したようだ。
ジグヘッドを重めにして底近くをトレースしていたセールスマンには30cmオーバーのカサゴも数匹混ざった。

SMANカサゴ08.3.22
下の写真は32cmのモンスターカサゴ。

ビッグカサゴ08.3.22


しかし、私のメバル用のジグヘッドは30cm近いメバルは想定していないのか数匹釣るとフックが伸びてしまい、抜き上げる時に何度かバラしてしまった。
暗い中、苦労してジグヘッドを交換していると、見覚えのあるさえない顔をした二人組が近寄ってきた。
どうやらサッパリだったようだったので場所を譲るととたんにあたりが止まってしまった。
ほぼ1時間にわたる饗宴はこの時幕を閉じた。
二人の発する殺気に恐れをなしたメバルが去ってしまったのだろう。
この後もしばらくねばるが、釣れるのは20cmクラスの赤っぽい体色のメバルがポツポツといった程度。
悔しがる二人をなだめ、ひとまずここで一旦、休憩。


下の写真がこの夜の釣果。ビッグサイズばかり。

釣果

翌朝は4時のスタート。
前夜と同じ場所を攻めたが、あの時の再現とはいかず、ねらいを再びアオリイカに変更して場所を変えエギング。
しばらくしてメバルでは悔しい思いをした事務局のドラグが鳴りだし、ロッドが大きく弧を描いた。
心臓バクバクでキャッチしたのは事務局の自己レコードとなる1.4キロのナイスサイズのアオリイカだった。

アオリイカ08.3.23


釣りはジェットコースターみたいなものだ。
谷底に落っこちたと思ったら、次の瞬間頂点に登りつめたりと落胆と歓喜が交錯する。
結局、これが最後で後はマッタリモードとなってしまったが、久しぶりにいい釣りができた。





エギング08.3.162

今回は女王様と姫たちを連れて伊豆の温泉に一泊したついでに近くの港でちょこっとアオリイカの様子を見てきた。
団体旅行のため個人的な行動は控えなければならないので夜1時間、早朝2時間の調査。
結果はアオリイカは不発。
ヤリイカ1っぱいという結果だった。

ヤリイカ08.3.16

メバル・エギング(08.2.22,23)3

2月の下旬ともなると春の兆しも感じられるようになる。
久しぶりに最高気温も10℃を超えるという日にうちの女王様と伊豆方面へ温泉旅行に行ってきた。
ホテルでの夕飯前に近くの港で今年初めてのエギングを試みた。
しかし、この時期、明るいうちはなかなか難しい。
エギングに見切りをつけ、暗くなってからは女王様と一緒にメバル釣りに転向。
しかし、こちらも思いのほか渋い。
常夜灯のある堤防へ移動し、女王様がトイレに行っている間にヒット!
ギンギンとロッドを絞り込んだのは28cmの良型メバル。

メバル08.2.22




その後24cmを追加したが、この夜はこれで終わり。
ホテルに戻り、温泉に漬かり、贅沢な夕食を満喫し、翌朝(というかまだ夜中)に今度は一人で出撃してきた。
まず常夜灯まわりでメバルをねらうが気配が無い。
場所を移動し、アオリイカねらいに切り替えた。
こちらの堤防には昨夜からのエサ師がまだ頑張っていた。
満月が煌々となぎの海面を照らし、釣れる雰囲気が抜群に漂っているのだが、イカからのコンタクトは無い。
開始して1時間以上経過した頃、緩いフォローの風に乗せて飛んだエギを2回しゃくった時、ガツンとヒット!
久しぶりのグイーン、グイーンというアオリイカの重たい引き。
長い距離を慎重に寄せてキャッチしたのは600gのメスだった。

アオリイカ08.2.22



感激の1っぱいをキャッチし、モチベーションが高まり明るくなるまでねばったが、後は続かなかった。
やはり2月は厳しいね。3月になればもう少し好転すると思うけど。
一方、この時期、芦ノ湖では特別解禁があり、Mr.ヒィリッピンは毎年、構造士のSクンとマス釣りに行く。そして毎年、雪に降られ、ボーズで帰ってくるのが恒例になっている。しかし、たまたま行かなかった去年は天候に恵まれたようだった。
そして今年も前夜からキャンピングカーで芦ノ湖に繰り出したようだ。
しかし、今年は雪は大丈夫だったようだが、春一番が吹き荒れた。
やはり彼らが行くと何かが起こるようだ。居合わせた人たちはさぞや迷惑だったに違いない。


2008年初釣り(08.1.27)2

今年の初釣りはカワハギ釣りに行ってきた。
この釣りは去年の2月に初めて経験したのだが、その時は時化で早上がりとなり、
この釣りの面白さも難しさもわからないまま終わってしまったので、実質的には今回が初めての釣りとなる。
メンバーは私と同じで去年からこの釣りを始めたがずっと回数は多いI君。
そして私と同業者でこの釣りのエキスパート(少なくとも私から見れば)のH氏とそのお友達。
前夜、新年会で遅くなり、ドタキャンしようとも思ったが、奇跡的にも翌朝、目ざましに体が反応した。
なんとか茅ケ崎の沖右ヱ門丸に早朝6時に集合し、極寒のなかの釣りを始めた。
凍える手で餌のアサリを針につける作業は自称ルアーマンにとってはつらいもの。
それでもなんとか初めのうちは数匹のカワハギを釣ることができた。
後半はマッタリモードであたりさえもなく、結果はまともなサイズは1っぴきだけであとはワッペンサイズが5匹ほど。
こういうテクニカルな釣りは普段から運に頼った釣りを得意にしている私には向いていないのかな。
カワハギ08.1.27b
終始順調にナイスサイズを釣りあげていたH氏は終わってみれば竿頭となる17匹。
笑顔もこぼれる。
カワハギ08.1.27a

前半は外道を連発していたI君も後半に追い上げなんとか10匹くらいはゲットした。
カワハギ08.1.27c
結局、まともなサイズはこの1っぴきのみ。思わず悲しげな顔に。

パラオ遠征 2007年11月22日〜26日5

今年も忙しい中数々のハードルをクリアーし、パラオに行ってきた。
怪魚
こんな怪獣のような怖い顔した魚も釣れた。
しかし、醜い魚ほど美味いというではないか。
この魚はどんな味がするのだろう。
2年前にパラオに行った時にはナポレオンフィッシュを釣った。
ナポレオンフィッシュ
現地では高級魚で金持ちしか食べれないらしい。
あの分厚い突き出た唇にはコラーゲンがたっぷり含まれていて非常に美味いという。
今年は出刃包丁と醤油とワサビを持って行ってきた。

続きを読む
記事検索
livedoor プロフィール

PHOTOHITOブログパーツ

エギング
関東風景写真
爆釣速報
爆釣速報イカ
ギャラリー
  • 9月の江の島
  • 9月の江の島
  • 9月の江の島
  • 9月の江の島
  • 9月の江の島
  • 今年最初で最後オフショアルアーフィッシング
Archives
  • ライブドアブログ