釣撮ダイアリー

釣りと写真と時々建築の話

メバル・エギング(08.2.22,23)3

2月の下旬ともなると春の兆しも感じられるようになる。
久しぶりに最高気温も10℃を超えるという日にうちの女王様と伊豆方面へ温泉旅行に行ってきた。
ホテルでの夕飯前に近くの港で今年初めてのエギングを試みた。
しかし、この時期、明るいうちはなかなか難しい。
エギングに見切りをつけ、暗くなってからは女王様と一緒にメバル釣りに転向。
しかし、こちらも思いのほか渋い。
常夜灯のある堤防へ移動し、女王様がトイレに行っている間にヒット!
ギンギンとロッドを絞り込んだのは28cmの良型メバル。

メバル08.2.22




その後24cmを追加したが、この夜はこれで終わり。
ホテルに戻り、温泉に漬かり、贅沢な夕食を満喫し、翌朝(というかまだ夜中)に今度は一人で出撃してきた。
まず常夜灯まわりでメバルをねらうが気配が無い。
場所を移動し、アオリイカねらいに切り替えた。
こちらの堤防には昨夜からのエサ師がまだ頑張っていた。
満月が煌々となぎの海面を照らし、釣れる雰囲気が抜群に漂っているのだが、イカからのコンタクトは無い。
開始して1時間以上経過した頃、緩いフォローの風に乗せて飛んだエギを2回しゃくった時、ガツンとヒット!
久しぶりのグイーン、グイーンというアオリイカの重たい引き。
長い距離を慎重に寄せてキャッチしたのは600gのメスだった。

アオリイカ08.2.22



感激の1っぱいをキャッチし、モチベーションが高まり明るくなるまでねばったが、後は続かなかった。
やはり2月は厳しいね。3月になればもう少し好転すると思うけど。
一方、この時期、芦ノ湖では特別解禁があり、Mr.ヒィリッピンは毎年、構造士のSクンとマス釣りに行く。そして毎年、雪に降られ、ボーズで帰ってくるのが恒例になっている。しかし、たまたま行かなかった去年は天候に恵まれたようだった。
そして今年も前夜からキャンピングカーで芦ノ湖に繰り出したようだ。
しかし、今年は雪は大丈夫だったようだが、春一番が吹き荒れた。
やはり彼らが行くと何かが起こるようだ。居合わせた人たちはさぞや迷惑だったに違いない。


2008年初釣り(08.1.27)2

今年の初釣りはカワハギ釣りに行ってきた。
この釣りは去年の2月に初めて経験したのだが、その時は時化で早上がりとなり、
この釣りの面白さも難しさもわからないまま終わってしまったので、実質的には今回が初めての釣りとなる。
メンバーは私と同じで去年からこの釣りを始めたがずっと回数は多いI君。
そして私と同業者でこの釣りのエキスパート(少なくとも私から見れば)のH氏とそのお友達。
前夜、新年会で遅くなり、ドタキャンしようとも思ったが、奇跡的にも翌朝、目ざましに体が反応した。
なんとか茅ケ崎の沖右ヱ門丸に早朝6時に集合し、極寒のなかの釣りを始めた。
凍える手で餌のアサリを針につける作業は自称ルアーマンにとってはつらいもの。
それでもなんとか初めのうちは数匹のカワハギを釣ることができた。
後半はマッタリモードであたりさえもなく、結果はまともなサイズは1っぴきだけであとはワッペンサイズが5匹ほど。
こういうテクニカルな釣りは普段から運に頼った釣りを得意にしている私には向いていないのかな。
カワハギ08.1.27b
終始順調にナイスサイズを釣りあげていたH氏は終わってみれば竿頭となる17匹。
笑顔もこぼれる。
カワハギ08.1.27a

前半は外道を連発していたI君も後半に追い上げなんとか10匹くらいはゲットした。
カワハギ08.1.27c
結局、まともなサイズはこの1っぴきのみ。思わず悲しげな顔に。

パラオ遠征 2007年11月22日〜26日5

今年も忙しい中数々のハードルをクリアーし、パラオに行ってきた。
怪魚
こんな怪獣のような怖い顔した魚も釣れた。
しかし、醜い魚ほど美味いというではないか。
この魚はどんな味がするのだろう。
2年前にパラオに行った時にはナポレオンフィッシュを釣った。
ナポレオンフィッシュ
現地では高級魚で金持ちしか食べれないらしい。
あの分厚い突き出た唇にはコラーゲンがたっぷり含まれていて非常に美味いという。
今年は出刃包丁と醤油とワサビを持って行ってきた。

続きを読む

秋の海は冷たかった。(07.10.07)2

秋も深まりつつある10月初旬。
沖からはカツオやキメジの爆釣情報が届く。まだシイラも釣れているようだ。
岸寄りではイナダがいいらしい。カワハギも釣れだしたようだ。
ポジティブな情報で頭をいっぱいにし、江ノ島から友人のN君のボートでW君と釣りに出かけた。私にとっては2ヶ月半ぶりの超久しぶりの釣りだ。
サンライズ07.10.07
天気は最高。
出港07.10.07
ボートはひんやりした秋の空気をつっきって沖を目指す。
まずは烏帽子の真南に浮かぶ琢海でシイラを狙う。
チェイスはあるもののノーヒット。夏の間にすっかりおりこうさんになったシイラは下手なルアーなどすぐ見破ってしまう。
次にカツオねらいの大船団の様子を見学し、陸近くに戻りイナダをねらう。
サバフグ07.10.07
釣れたのはフグくらい。
それから烏帽子岩の東側でカワハギをねらうが、あたりさえ無し。
昨日、事務局のIが20匹以上釣ったという情報は何だったんだ?
最後にキス釣りをするがこちらもだめで、まさかのボーズ。
5魚を追うもの1魚も獲ず・・・・・っか。
最後はエンジントラブルでサーファーと一緒に波間を漂うおまけ付きで這々の体で帰港した。

シイラフィッシング(07.7.18)1

関東近辺を通る今年最初の台風が去った。
台風明けのシイラフィッシングは爆釣が約束されたも同然だ。
しかも連休あけの平日なら乗り合いの遊漁船も空いているに違いない。
ポジティブシンキングで期待をめいっぱいにふくらませW君、S君と私の3人で小田原の平安丸に乗りシイラフィッシングに出かけた。
ところが台風が去ったにもかかわらず小雨交じりの肌寒い空模様。

潮目07.7.18

しかも平日にもかかわらず我々を含め10人もの乗船者。
遅れ気味に乗船した我々はオオトモ(一番後ろの席)だ。
ルアーのキャスティングゲームじゃオオトモは末席だ。
モチベーションが急降下。
初島沖あたりの鳥山でミヨシのアングラーがキメジをキャッチしたようだ。
オオトモからじゃトリヤマは指をくわえて見てるだけ。
それでもここでふらつきシイラの70cmくらいのをW君がキャッチした。

シイラ07.7.18

私にも連れのシイラがヒットしたが船の下に潜られバラシ。
その後は漂流物はそこそこ見られるもののシイラは深く沈んでしまったのか姿は見られず。
結局、大磯沖あたりでサバをポツポツ釣り沖上がりとなった。
フラストレーションが溜まる釣行であった。
記事検索
livedoor プロフィール

PHOTOHITOブログパーツ

エギング
関東風景写真
爆釣速報
爆釣速報イカ
ギャラリー
  • 御射鹿池
  • 御射鹿池
  • 御射鹿池
  • 白駒池
  • 白駒池
  • 白駒池
Archives
  • ライブドアブログ