釣撮ダイアリー

釣りと写真と時々建築の話

エギング(08.6.07〜8)3

久米島遠征以後、釣り運が下降線をたどっている。
一方、久米島で最後にGTを釣って以降、上り調子で先週私が伊豆でボーズを食らった時も房総方面でアオリイカを3ばいキャッチしたベッチと伊豆へエギングへ出かけた。
ベッチの釣り運にあやかりたい、できれば吸い取ってしまいたいとの思惑。

最初に入った堤防の次のいつもの地磯。
ここでボーズを食らった記憶は無い。
開始してしばらくしてヒット!
とりあえずボーズ脱出。
しかし、型が小さい。
そいいえばここは今の季節はアオリイカの幼稚園かと疑ってしまうほど大型の実績が無い。

アオリイカ08.6.07

実は今、ライズのアオリイカコンテストにエントリーしている。
エントリーサイズは胴長30cm以上だ。
写真のサイズじゃ話にならない。

ここの磯は満潮になると帰れなくなる。
この後は何も起こらず満潮になる前、ここを脱出。

夕食の後入ったとある堤防。
開始一投目からベッチにヒット!
アカイカだった。

アカイカ08.6.07A

その後、しばらくベッチは入れ乗り状態に。

一方、私は肝心な時にライントラブル。

「イカ釣りってこんなに楽しい釣りだと初めてわかった。」
などと言ってるのを聞きながらからまったラインをほどく。


アカイカ08.6.07B

結局ベッチは「つぬけ」の10パイのアカイカをキャッチ。
私はその半分。

この夜は民宿に泊まり、翌朝は風が強く前夜の堤防は釣りにならず風裏のポイントへ。

ここではベッチがまたアカイカをキャッチ。
今年の伊豆半島はアカイカが多い。その分、アオリイカが少ないようだ。

などと話していたらたるんでいたラインがツーッと張っていく。
一呼吸おいてしゃくるとゴンッとヒット。
500gくらいのアオリイカだった。

アオリイカ08.6.08

またしてもエントリーサイズには届かなかったがとりあえず本命キャッチで納竿。


エギング(08.6.1)

天気が回復したので日曜の昼近く家を出て伊豆へ。
結果は

ボッ
ヽ(TдT)ノ

うねりで潮が濁ってたとか、
人が多くてポイントへ入れなかったとか
言い訳は言いません。
(十分言ってるか?)


エギング(08.5.25)2

天気予報より早く天気が回復した日曜日。
久米島でのフラストレーションを晴らすため伊豆方面へGO!!
いつものポイントで始めて1時間くらいでフォーリング中にイカがエギを引っ張るあたり。
ちょっと送り込んで、一呼吸おいてガツンとフッキング成功。
キャッチしたのは今の時期としてはやや不満の500g。

アオリイカ08.5.25


それからしばらくしてまるっきり秋サイズの200g。
ノンタッチリリース。

暗くなってからはゲソ×1で終了。

癒され不足。

なお、途中メバルもねらってみたが、ネンブツダイの猛攻にあいメバルは不発。
季節は移ろいだ。

久米島遠征(08.5.09〜5.12)3

男になりたきゃマグロを釣れ。
マグロを釣りたきゃ久米島に行け。
ってなわけでGW明け直後の週末、
周りの冷たい視線を感じながらも今年もまた久米島に行ってきた。

久米島ではリーフ周りでGTも釣れるが、
何と言ってもここの釣りの魅力はパヤオでのマグロ釣りだ。

そして、パラオなどと違って釣ったマグロはお土産にできるので
家族からも喜ばれる。

今回は下の写真のようなマグロをお土産にすることができた。

マグロ08.5.09


続きを読む

イカメバル(08.4.19,20)3

遅い低気圧の影響で不安定な陽気の土曜日、34cmオーバーの巨メバル、そしてついでに2キロUPのアオリイカをゲットしようと釣り仲間と伊豆方面へまた行ってまいりました。
満月の大潮は3月にメバルを爆釣した時と同じ潮回り。
しかし、今回は低気圧の影響で風が強くキャストもままならない状況。
結局、巨大メバルには遭遇できませんでした。
それでも、この夜は私が最大29cmを含む2匹、事務局も2匹のメバルをキャッチして、翌朝に期待を託し撤退。

メバル08.4.19a
 (上のメバルは今回の最大で29cm。風が強く、メジャーも飛ばされそうになる。ライズのメバキンコンテストのエントリーカードは意味が無い賑やかしだが、この後、風に飛ばされ水没)

メバル08.4.19b
(2匹目のメバルはアベレージサイズの25cmくらい。ワームはエコギアーパワーシラスのガルプ漬け。最強の組み合わせだと思うのだが・・・。)



翌朝、というよりはまだ夜中。ひょこひょこ起きだしてメバルの様子をみたが、1っぴきアベレージサイズが釣れただけでパッとしないのでアオリねらいに変更。
移動してすぐに私にヒット!
ジリジリドラグを出されキロUPは確実かと思ったら意外に小さかった。
推定800gのアオリイカ。でもうれしい一杯。
アオリイカ08.4.19

しかし、後が続かず明るくなって風もまた強まり一時撤収。


この後は風裏を捜し、久しぶりにゴロタ場でムラソイング。
案外渋く、私はようやく1匹キャッチ。
しぶとくネチネチねばった事務局は3匹キャッチ。
前回、入れ食いを堪能したセールスマンは今回はボーズで終わった。


ムラソイングは穴の周りをネチネチ舐めるように攻めるのがキモだ。
特に、活性の低い昼間は穴に竿先を入れるくらいダイレクトに攻めなくてはならない。
そして穴を竿先でつつくようにしていると我慢しきれなくなってドッピュッと飛び出してくる。
ムラソイが・・・・。
(これはもちろん釣りの話です。)
かつてはムラソイマスターと呼ばれた私も最近はだいぶ淡白になり、強引さがなくなったので事務局にその名を譲りたい。

ムラソイ08.4.19
(うちの娘は小さい頃、キャベツとレタスの区別がつかなかったが、私の友人はムラソイとメバルとカサゴの区別がつかない。写真を見ると確かに似てはいるが・・・。)
記事検索
livedoor プロフィール

PHOTOHITOブログパーツ

エギング
関東風景写真
爆釣速報
爆釣速報イカ
ギャラリー
  • 雨の蓼科
  • 雨の蓼科
  • 9月の江の島
  • 9月の江の島
  • 9月の江の島
  • 9月の江の島
Archives
  • ライブドアブログ