釣撮ダイアリー

釣りと写真と時々建築の話

接待釣行(09.5.4〜5)1

イサキン、イカキン、ムラキン


今設計中の物件のクライアントの奥様は自称、狩猟民族で釣りに興味があるということだ。
そこで、クライアントご夫妻とその弟さんご夫妻の4人を接待釣行にお連れした。

全員、初心者と言うことで、伊豆で船を仕立てイサキ釣りをすることにした。
ご婦人二人は村越さんのお友達の釣りのプロに見てもらい、私はクライアント(旦那)の餌付け係。

しかし、普段、あまりコマセ釣りなどしたことの無い私たちは大苦戦。
魚探に反応があるのだが、なかなか喰わせられない。
一方、ご婦人方はインストラクターがいいせいか、良型のイサキやメジナを次々と上げている。
ようやく1っぴき釣ったが、旦那達は飽きてしまい釣り場放棄。
しかし、ご婦人方は依然と熱心に釣り続けている。

イサキ09.5.11

私の助手として参加のベッチは私が接待に精出している間に、こっそりイサキやメジナを釣っていた。


夕方沖上がりの時間となったが、お客さんをおろしてからベッチと二人でちょっと船からエギングをしようと思ったら、ご婦人方も是非、体験してみたいということで旦那達をおろしてから延長接待エギングに。
手取り足取りキャスティングの指導。

しかし、船長の話では今年はまだ、定置網にアオリイカが全然入ってきていないと言うことで、1時間あまりの体験エギングは結局ノーフィッシュ。


翌朝、お客さん達と別れてから、ベッチと二人で近くのゴロタ場でムラソイフィッシング。
私は29cmのランカーサイズをキャッチした。

ムラソイ09.5.05a

前回から、エギング運が落ち目。
つい、安易な方向に流されているような・・・・。


ムラソイ

ムラキンコンテスト(09.4.19,20)1

運も下降線?
桜も散り、汗ばむほどの陽気になり、海水温も急上昇。
春アオリのトップシーズンも近い中、伊豆方面へ4人でエギング、メバリングへ昼間から出かけた。
好天の日曜日、日中のメジャーポイントへはなかなか入れない。
そこでとりあえず、4人でゴロタ場でのムラソイねらいのムラキンコンテスト。

ムラソイ089.4.19a

結果は25センチクラスを3匹そろえたY君が圧勝。

ムラソイ089.4.19b


結果は下記の通り。

ムラソイキング Y君    大(25センチクラス)×3
2位      ベッチ   中×2  両足落水、転倒、足打撲
3位      パーチ   小×5  片足浸水
4位      Mr.P  小×4  両足落水 


暗くなってからまずはイカキンコンテスト。
潮が酷く濁っているせいかゴールデンタイムをとっくに過ぎてもだれにも当たりがない。
しかし、ベイトは豊富で海面がざわついている。
するとY君のロッドが大きく弧を描いた。
ジリジリラインが出されなかなかあがってこない。
かなりの大物のようだ。
そのうち横に走り出した。
これはイカではなさそう。
5分以上の攻防の末、浮いてきたのはなんと座布団クラスのヒラメだった。
タモが無いので、私がイカ用のギャフで抜き上げを試みた。
しかし、途中まで抜きあげたところでヒラメがあばれ、ギャフが伸びてしまい、ナチュラルリリースとなってしまった。
その後、海は静寂を取り戻し、イカの気配は微塵も感じられない。
ここんところエギングで釣れないというイメージは浮かばなかったのに、さすがにボーズの気配が濃厚になってきた。
結局、今回で秋から続いていたエギングのボーズ無し記録は途絶えてしまった。

そして最後にメバキンコンテスト。
こちらも昼間の落水で夜のゴロタ場に行く気力が萎えて、全員ノーフィッシュ。

低調なコンテストに終わった。
ついに運も下降線をたどりだしたか。
来月の久米島遠征が危ぶまれる・・・?

オールナイトエギング(09.3.28、29)3

根性と忍耐のオールナイトエギング

3月も末だというのに真冬のような寒さの土曜日。
海水温も低めでイカの活性も今一。
しかし、そんな中、前回のリベンジを目論むベッチを連れ、伊豆へ出かけた。

今の季節、暗くなってからが勝負ということで、
午後からの出撃。

夕方、5時半頃、最初のポイント到着。
いつもの地磯より少し奥にある比較的水深のあるワンド。
ここからスタート。
多少のうねりはあるものの風は無くまずまずのコンディション。

いつもより最初のカウントダウンは多めにとる。
あたりが暗くなり始めた6時10分、早くも最初のヒット!
しかし、あまり強くはない引き。一気に抜き上げる。

アオリイカ09.3.28a

400gくらいだが、最初のキャッチはいつもうれしい。
近くの餌釣り師にもヒットしたようだ。
ゴールデンタイムに突入かな。
しかし、こんな時にベッチは根掛かりでエギをロストし、ラインを組み直している。

そんな最中、私に2ハイ目がヒット!
満潮、潮止まりが近い6時25分。
今度はでかい。
ジェット噴射でロッドが絞り込まれる。
久しぶりに味わう強い引き。
取り込みにもたついたが、なんとかギャフUP。

アオリイカ09.3.28b

1100g。今年最初のキロオーバー。

さい先の良いスタートをきったものの後がなかなか続かない。
結局、干潮近くの11時過ぎまで粘ったが、見切りをつけた。

ここで仮眠しようかとも思ったが、ぶっ続けのオールナイトエギングを実行することにし、場所を大きく移動。
ビッグサイズの実績のある堤防へ。
先行者が2名。
まだ釣れてないらしい。
真夜中の1時ちょうど、3バイめがヒット!
足1っぽんだったが、抜き上げた。

アオリイカ09.3.28c

700g。

そしてこの後、また沈黙の時間が続く。
・・・・・・・

夜中の2時過ぎ、再び移動。
今度は大きく北上し、秋に爆釣したポイントへ。
アゲインストの風がやや強く、うねりもかなりある。
墨跡もなくモチベーションも低下する。
あたりが少し明るくなり始め、もうやめようかと話した直後の
4時55分、4ハイめがヒット。

アオリイカ08.3.29d

難なく抜き上げたのは350g。
これを最後に納竿。
実釣時間12時間。
根性と忍耐のオールナイトエギングであった。

結局、ベッチは今回もボーズ。
釣りと女のどちらを選ぶかハムレットの今のベッチ。
心の迷いが釣りに微妙に影響を及ぼしているのだろう。


エギング(09.3.15,16)1

厳しいスタート

3月も半ばを過ぎ、遅ればせながら今年初めてのエギング、メバリングに仲間3人と伊豆方面へ行ってきた。
事前の情報ではアオリイカはちょっと厳しそうだが、メバルはかたいらしい。
昼間のうちは今一、モチベーションがあがらず、ちんたらエギング。
段々暗くなった夕まずめからは真剣モードでしゃくり始めるが誰の竿も曲がらない。
日もとっぷり暮れ、真っ暗になっても状況は変わらない。
そのうち近くの餌釣り師が電気浮きを回収し始めた。
我々もここでいったんエギングに見切りをつけ、場所を移動し、メバルに狙いを変更。
常夜灯のある堤防に移動したが、球切れしたのか点灯していない。
かたいと思われたメバルにも黄色信号が点灯しだした。
その後、闇夜のゴロタや磯を徘徊するがメバルはお留守のようだ。
WBCでなかなか得点できないサムライJAPANの心境。
ここはいったん撤退をし、翌、朝まずめに賭けることにした。

翌朝、といってもまだ真っ暗な3時よりエギングを開始。
30分くらいしてようやく私に待望のヒット!

アオリイカ09.3.16

2ヶ月ぶりにキャッチしたのは600gのアオリイカだった。

ヤリイカ09.3.16 >

その後、Y君がヤリイカをキャッチしたがあとが続かず、
すっかり夜が明けたところで納竿とした。

ちょっと厳しいスタートとなったが去年の秋からの連続ボーズなし記録はかろうじて継続できた。



カワハギ(09.2.11)2

釣り VS 結婚

ここんとこ女より釣りを選んだとばっかり思ってた若い釣り仲間が次々と結婚していった。
しかし、こいつだけはそんなことにはなるまいと思ってたベッチに最近女ができた。

以前に教えたはずだぞ中国の故事を。
8日間の幸福でいいのか?
釣りを続けていれば一生幸福でいられるのだぞ。
勘違いするなよ。
オレが20年以上幸福な結婚生活を送っているのは例外中の例外なんだ。

恋は冷静な判断力を奪い去る麻薬のようなものだ。
気がついた時にはどうにもならない現実に突入してしまってるんだぞ。
今からでも遅くはない。目を覚ませ!

そんなわけでT社のS氏からカワハギングの誘いがあり祭日ということでベッチを誘ったが、女との約束を優先させたベッチは不参加。
今回もまた不幸な結婚生活(?)を続けるMr.Pと菖蒲沢の桂丸からカワハギに行ってきた。

ここ数日、水温がまた下がったようで船長の事前の話は予想通りすごくシブイとのこと。

想定内とはいえなやはりかなりしぶい。
前回同様ポツポツ拾い釣り。
なかなか釣れないMr.Pはナイスサイズのベラがきて大喜び。

巨ベラ09.2.11
微妙なあたりを逃すと今日のカワハギはキャッチできない。

カワハギ09.2.11a

前回以上にしぶくここまで竿頭の私で9枚。
なんとかつ抜けをねらうが最後の1枚がなかなか来ない。
結局、終盤に急追してきたMr.Pも9枚のカワハギをキャッチし、
私とならびCo−Leaderに。

カワハギ09.2.11b

今回をもって今年前半のカワハギングは終わりにするか。
肝和えも食い飽きたし、そろそろ、メバリング、エギングの季節かな。



記事検索
livedoor プロフィール

PHOTOHITOブログパーツ

エギング
関東風景写真
爆釣速報
爆釣速報イカ
ギャラリー
  • ハワイ旅行(18.1.08)カイルア・コナ 2
  • ハワイ旅行(18.1.08)カイルア・コナ 2
  • ハワイ旅行(18.1.08)カイルア・コナ 2
  • ハワイ旅行(18.1.08)カイルア・コナ 2
  • ハワイ旅行(18.1.08)カイルア・コナ 2
  • ハワイ旅行(18.1.08)カイルア・コナ 2
Archives
  • ライブドアブログ